宮城・山形の連携強化を目指して! | 宮城の未来を創る!庄田圭佑の日々

宮城の未来を創る!庄田圭佑の日々

宮城県議会議員【庄田圭佑】が、「宮城県の子どもたちの明るい未来創り」を目指す日常を不定期に更新しております。


テーマ:

 去る、9月13日には毎年恒例との、宮城県議会・山形県議会議員連盟の総会・調査研究事業が山形県で開催されました。今年で13回目となる今回は、「地域経済を活性化するコラボレーション広報戦略とは」と題し、東北芸術工科大学准教授の片岡英彦氏の特別講演。また、平成30年3月に策定した、未来に向けて活力と魅力にあふれた宮城・山形地域を創っていくための基本構想「未来を共に創る 新MYハーモニープラン※1」の、「未来を共に創る「宮城・山形」」という将来像の実現に向けた以下の4本柱、①相互の助け合いのもと、安全・安心で、多様な人材が活躍する「地域・暮らしの」実現。②新たな発展の原動力となるインバウンドをはじめとした「観光・交流」の展開。③イノベーションの創出や成長期待産業の集積による活力ある「産業・経済」の振興。④国内外との大交流を進め、リダンダンシー※2機能を担う「交通基盤」の形成。についてそれぞれ分科会を設け、より効果的な施策実現に向けた意見交換会を実施致しました。

 

 私は、「産業・経済」の振興の分科会担当となり、起業家の創出及び産業人材の育成等の取組について、創業支援プログラムに、エンジェル投資家とのマッチング支援を導入すべきと提言致しました。エンジェル投資家とは日本国内ではまだなじみの薄い言葉ですが、創業間もない企業に対し資金を供給する富裕な個人のことを指します。補助金や銀行、ベンチャーキャピタルとは違い、朝にプレゼンをして午後には資金提供を受けることが出来るといったメリットもあり、スピード感を持った創業者に対しては、より柔軟な資金提供の手段として考えられるため提言したものであります。

 

 これまでの行政視点に加えて、経営者目線の施策を提言するなど、より効果的な施策展開に向け、引き続き県政発展に全力疾走して参りますので、皆様から忌憚のないご意見をいただければ幸いに存じます。

 

 

※1平成19年3月策定の「未来を共に創る MYハーモニープラン」を時代変化に合わせ見直したもの。

※2自然災害等による障害発生時に、一部の区間の途絶や一部施設の破壊が全体の機能不全につながらないように、予め交通ネットワークやライフライン施設を多重化すること。

庄田けいすけさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス