おはようございます(^_^)
いわせ しょうこ です。

【いつだって、
選択し決断しているのは自分】

わたしはいつもそう意識していて、
もし思った結果が得られなくても、
それを選択すると決めた自分を責めたりしない。

誰しも必ず常に選択し生きていて、例えば

15歳の自分が一生懸命考えた末に選択したこと
18歳の自分が一生懸命考えた末に選択したこと
23歳の自分が一生懸命考えた末に選択したこと

…それぞれの時代の自分が決めたこと、決めた道、それがその時のベストな選択だった☆って、わたしは本気で思ってる。

だけど、当たり前のように過去の自分の選択を否定する人が多い気がするのです。

それって、あの頃の自分を否定しているのと同じだと思うなぁ…

たとえ思うように進まなくても、そこから学べることが1つはあったはず。

“これに気づくために経験したんだな”
そう思えたら、少し成長した自分に出会えるし、自分への信頼度も上がると思いませんか?

20歳からの人生ぜんぶ自分で選択してきたんだな〜…(*´-`)と思って一度振り返ってみたら、
わたし案外頑張ってきたな☆って思えるかも(^_^)


今日もお時間をとって最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました。
こんばんは(*´-`)
いわせ しょうこ です。

先日のいい夫婦の日に、友人から貸し切りチケットがあるから〜とお誘いいただき、10年ぶりくらいにUSJに行ってきました。
(わたし、ディズニー派なんです♡)

久しぶりの再会だったので色々と話をしたのですが、
彼女が結婚してからこの12年、わたしが知る限り彼女の口から出てくる不満に変化がなく、今まで聴き続けて、励まし続けて、どう捉えてどう行動していけるか?…など、わたしなりに話をしてきたのだけれど…
今回1年ぶりくらいに再会したけど、
彼女は前回会った時のまま、同じメガネをかけていた。
なんなら度が強くなっていた。。
(ここでいうメガネって、ものごとや人の見方、捉え方のことです)

でね、いつもの様に一通り聴いて、違う方向からの見方や捉え方などを提案してみたけど、とっても不満そうで…

わたしは気になる質問をした。

「最近、ご主人さんに“ありがとう”って言ったのいつ?」

・・・・・

黙る友人。

「えー…いつ…って…言われても。。」

ありがとうをいつ言ったか、全く出てこず困ってる彼女をみていて、正直とてもビックリしたし、とても悲しくなりました。

『ありがとう』って、言われて嫌な気持ちになる人はきっといないはずだし、
自分も言われたらとっても嬉しい(*´-`)

『ありがとう』は、言う方も言われる方も幸せになれる言葉だと思うんです。最強♡

誰でも、どんな環境でも、自分のまわりには
ありがとうがたくさん散りばめられているんじゃないかなぁ…
それをみようとするか、しないか、だと思うし、みようとすればするほど幸福感は増すと思います。
みようとしない、なんて自分の幸せをみようとしないのと同じ。
そんなの悲しいですよね。

(あれから数日色々考えました。
もちろん何にフォーカスするかは彼女の問題なのですが、今のわたしは今までと違ったカタチで彼女のチカラになってあげられるかも…と考えています)


もうすぐ今年もおわります。
残り一ヶ月『ありがとう♡』を意識してみませんか?
まずは、いつも一番そばにいてくれる家族に伝えてみましょう(^_^)
きっと12月31日には今とは少し違った自分に出会えるはず…


今日も最後まで読んでくださり、本当にありがとうございました♡

新しい自分の進み方。

テーマ:
おはようございます(^_^)
いわせ しょうこ です。

獅子座流星群、すごく楽しみにしていたのに
AM2時頃の我が家からは雲が多くみられませんでしたー(T_T)がっくり…

今日は【古い自分と新しい自分】について書きたいと思います。

この間までのわたしは、
目標を決めてからしか動けませんでした。
目的や目標のために逆算して頑張るタイプだったんです。

でも、頑張るを手放してからはそれに違和感を感じてしまい、正直どう進めばいいかわからなくなっていました。。
人生初、生き方で露頭に迷う…みたいな。

学生時代の頃から、なりたい自分から目標設定をしてそこに進んでいくのが当たり前だったので、
一旦『今、この時』にやりたいこと以外は
全部手放してみよう!と勇気を出してみたら、
どう進めばいいかわからなくなったんです(T_T)

わたし、本当はなにがしたいのかなぁ…


目標設定しないで生きるって、
初めは人生怠けている気がして、すごく罪悪感がありましたが、続けているうちにだんだんと周りの人たちの気持ちがわかるようになってきたんです。
それまでは、毎年同じように365日を生きる人があまり理解できなかったんですが、
今は、なんだかんだいって本人は心地よく幸せなんだなってわかりました(*´-`)
なにも決めずに生きるって、
ある意味勇気がいるし、自分を信じていないとできないかもな…とも思います。


そんな中、欠乏からではなく
“あぁ…また何か動きたいな…”って気持ちが湧いてきました。
そこでチョイスしたのがこの本。

ずっと気になっていたのですが、
もう、前進しなきゃ!と自分をあおるような本からは少し距離をおいていたんです。
(ストイックになり過ぎてしまうので…)

でもフラットになった今、
このような本を読んでも変に気分をかきたてられず、自分と向き合う手段として読んでいます。

毎日一つずつ読み問いに答えていくうちに
自分が半裸に…笑
あぁ…やっぱりね(^_^)って、
自分を再確認しながら読み進めるのが楽しいです♡


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
こんばんは☆
いわせ しょうこ です。

いきなりですが、
息子の友人たちがわたし達夫婦をよくほめてくれているそうで…
素直にすごく嬉しかったです(๑˃̵ᴗ˂̵)

子供って、ある程度の年齢になるとやっぱり親の話をしたりしますよね。

進路に口を出されるとか、
将来に期待されるのが重荷とか、、各家庭色々ありますね。

大人が思っている以上に子供ってみています。
色々考えています。


だからわたしは必要以上にごちゃごちゃ言いません。
ママ友たちに、見た目と全然違って中身はかなりオトコマエってよく言われていました。笑


わたしは自分が10代の頃、かなり客観的に大人をみて色々感じていたし、色々考えていたから、10代の子の気持ちが今でも結構わかる方かな…と思っています。


息子が進路について遠回りしても絶対焦らせないし、「焦る気持ちはすごくわかるけど、焦らなくていいよ。立ち止まるのも当たり前だし、考えすぎてわからなくなるのも当たり前!
焦らず回り道すればいいんだよ。
そこで気づくことや気づく思いがたくさんあるし、結果全部プラスになるから安心していい。
始めから正解なんて出せないし、出さなくていいんだから」って言っています。
そして、息子が中学生の頃から繰り返し言っているのは、“本気でなにかをやること”の大切さ。
本気でやったら、それがうまくいこうがいくまいが必ず得られるものがある。って思っています。


スムーズに思い通りの人生を歩むより、
本気でやった経験や、本気でやって感じたことの方が大事な気がしています。
本気でやるって、オトナになっても楽しいもんね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)♡


わたしは中学生のころ、大人をみていて
“自分が経験したことしか、人に伝わる話はできないんだな”
って感じて以来、実体験で失敗して得たことや、そこで感じた気持ちしか基本話しません。
格好つけずに失敗した話はむしろバンバン話す。
そういうスタイルの育て方だからこそ、色々話せる親子関係が築けているのかなぁと思います。


そして、わたしが普段出前やお惣菜ではなく、毎食料理をきちんとするということを息子が友人たちからほめてもらった時に、息子なりに考えたことがわたしの母のことだったそうです。
わたしの母がとても食事にきちんとしているから、母に育てられたわたしもそうなんだろうね。と、息子が母のことをほめてくれたのがとても嬉しかったです(^_^)

わたしは家を出るまでの18年間、外食やお惣菜、出前などを食べた記憶がありません。
必ず母が和食を毎食手作りしてくれていました。
基本洋食は作ってくれず、たまーにハンバーグが出るとすごく嬉しかったなぁ(^_^)
身体にいれるものはとても大切と重要視している母なので、食に手を抜くことができなかったんだと思います。
今は特に、とても感謝しています。
母があの頃、家族のために…とコツコツ頑張ってくれていたことを今、孫である息子が「食事はとても大切なことだよね」と汲みとってくれていることが不思議で…繋がりを感じます。


子供って、濁りのない目でみているし、
濁りのない心で感じているからこそ、
本当の思いや言葉は伝わる。
そう思います。

今子育てに自信がなくなっているママや、
思春期の子となかなかうまくいかない…と悩んでいるママ、
大丈夫ですよ!って言いたいです(^_^)
悩むってことは、我が子のことを大切に思い、考えている証拠だから。
あなたの言葉や行動で必ず伝わっていると思います(*^_^*)


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。
こんばんは(^_^)
いわせ しょうこ です。

昨日の記事の続きです…☆

頑張るを手放す。と決心してから、
まず自分の行動に着目し、身近な家事から
“頑張らない”を実行していきました。

頑張りたくないことや頑張りたくない家事などを書き出して、自分の内側を整理した後は
気分が良くても、身体が元気でも、
『気持ち7割で家事を終わらせる』
ことをまず目標にしました。

それまでのわたしは、体調が悪い時でもやりきりたい気持ちを優先してしまい、無理してでも全部やらないと気が済まないタイプだったので
“7割で終わらせる”を意識することや、
“7割でオッケーにする”ことは、本当に難しかったです。

特に、7割でオッケー♡とすることに
罪悪感を抱かず、モヤモヤしなくなるまでには
一年以上かかったんじゃないかなぁ…

でもコツコツと毎日“7割7割…”と意識することを続けていると、時間はかかりましたが少しずつ7割で満足できるようになってきました。

家族にも『やればできちゃうからやらないねん♪あえて、やらないことにしてん♡』と言葉にするのも思った以上に効果的でしたよ(^_^)
口に出すことで、自分の心が納得するというか。

すごく嬉しかったのが、
特にここ数ヶ月で心の部分の頑張りをずいぶん手放せるようになり、気持ちがどんどんゆるんで、
ついにリビングでゴロゴロできるようになったわたしをみて、オットがすごく喜んでくれたこと!
(*´ー`*)♡
わたしがゴロゴロするなんて見たことがなかったオットが「しょうこのそんな姿みられるなんて!ないよな!」と満面の笑みで喜んでいました。笑
なんか…
ゴロゴロしているだけでそんなに喜んでもらえてすごくビックリしたし、逆に考えさせられました。

オットは仕事に行く前にいつも「ゆっくりしてね」と言ってくれていたのですが、その言葉を素直に受け取れず、専業主婦やからこそ忙しいんですよー!!と思っていましたが、
忙しくしていないと怠けている気がして
色々詰め込んで忙しくしていたのはわたしで、
自分以外のだれかの問題を自分ごとにして時間と思考を使い、常になにかを考え続けて忙しくしていたのもわたしで…

全部自分だった。
たくさんの 〜べき、〜ねば、で自分を縛りつけて、自分以外の人の問題も、わたしができることは?力にならねば!と思考を巡らせ…
頭も心もパンパンだったなぁ…(´・_・`)と思います。

自分の母親が頑張り屋さんだった、とか
長女で育った人ってこういう傾向がある気がします。
わかっちゃいるけど…
やってしまうのが長女だったり頑張り屋さんだったりしますね(´・_・`)

なにか一つ手放してみたり、
なにかを7・8割でオッケーにするだけで、
気持ちに余白ができて余裕がうまれます♡

行動を変えてみる。って大切ですね(^_^)


今日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました☆