行政書士 本村祥子の沖縄移住ライフ -2ページ目

行政書士 本村祥子の沖縄移住ライフ

石垣島で行政書士事務所を開業しましたが、沖縄本島に移住することに!!
お仕事の事から、沖縄移住の日々のお話を書いていきます♫

沖縄県うるま市の行政書士 本村祥子 です。

 

image

 

先日、ご依頼を受けていた、婚前契約書の宣誓認証に立ち会ってきました。

まず、宣誓認証とは何かと申しますと、公証人によって私文書の認証を行う際に、当事者がその証書の記載が真実であること宣誓した上、証書に署名押印し、その旨を記載して認証する制度です。

詳しく知りたい方はこちらこれ↓

http://www.koshonin.gr.jp/business/b07_3

 

 

公正証書は遺言書を作る際に立ち会ったことはありましたが、宣誓認証は私にとっても初めてのことでした。

 

 

今回の婚前契約書は当初は公正証書にしたいとのご依頼人からの希望でした。

婚前契約は昨今しばしばメディアなどにも取り上げられたりもしていますが、まだまだ新しい分野の契約と言えますので、法整備などが追い付いていなかったりして、公正証書として作成してもらえないこともあるという話は聞いていましたが、やはり沖縄の公証役場では婚前契約書の公正証書は作れませんでした。

 

 

作れませんというよりは、「公正証書を作成するにはなじまない」と公証人の方に言われたんです。

公正証書を作成するには、離婚協議書における養育費などの支払いに関する強制執行の文言を含むような文書だと公正証書の作成も意義がありますが、今回はそのような文言はありませんでしたので、なじまないし、認証で足りるのでは?という、担当公証人の方の見解です。

 

 

 

公証人はそれぞれが独立した立場で公証業務をなさっているので、見解はさまざまで、ある公証人の方が作れないと言っても、別の公証人ならOKということもあるんですニコニコ

 

 

現在、沖縄に公証役場は2つしかありません。

それぞれの公証役場に公証人は1人ずつです。

 

 

ということは、沖縄ではどちらかの公証人の方からOKが出ないと、公正証書の作成も、認証もできないんです。

 

 

今回は、その公証人の1人の方が、認証ならと言ってくださったので、公正証書はあきらめて、宣誓認証を行うことにしました。

 

 

ちなみに、認証にも、種類があって、宣誓認証が私文書としての証拠能力が一番高いとの理由で、今回は宣誓認証を選択しました。

 

 

私にとっても初めての業務でしたし、公証役場に何度も問い合わせを行い、公正証書が作れないとなったときには心が折れそうになりましたが、無事、宣誓認証を行い、ご依頼人お二人の門出に花を添えることができて、本当によかった~ラブラブという思いと同時に、めっちゃホッとしてます照れ

 

 

婚前契約はまだまだ一般的ではないですが、これから夫婦になる前に、二人で二人の決まり事を文書化しておくというのは、ずっと夫婦として仲良くやっていくためには、すごくいいことだと思います。

これ↓こちらもよかったらお読みくださいこれ↓

 

 

 

 

 

 

沖縄県うるま市 行政書士事務所LIS
HPはこちら→http://lis-office.com/
 
・相続手続き ・遺言書作成サポート ・離婚協議書

・婚前契約書 ・ペット遺言
・建設業許可 その他許可申請ご相談承ります。

無料相談随時受付中!

土日祝も対応

お気軽にご相談ください音譜
e-mail/info@lis-office.com