理数学社塾長日記

理数学社塾長日記

主体性を持って、最後を想像して、優先事項をしっかり考えれば夢は叶う!
そんな塾にして、たくさんの子どもたちに笑顔、元気、勇気を出してもらうようにしている塾のつぶやきです!


テーマ:
更にたくさんのお子さんと接する機会が増えました。
そして、自分の子ども達とも同じように、お預かりしているお子さんが、自分の能力を最大限に伸ばせて、生き生きとしてくれたらなぁと思います。
親の責任として、考えることが多くなってきていますが、なるべく子どもの将来に役立つことが出来ないか。
親として、講師として常々思うところです。
子どもたちには、一人ひとり大切な未来があるわけで、その未来を如何に輝かせることができるか。謝るところは謝らないといけないし。
ごめんなさいってきちんと言えるような人間でありたいと。
なんか、素敵だなぁって、子どもたちをみていると思います。
一人ひとり、素敵な笑顔があるので、それがもっともっと輝くように塾運営をしていきたいです。
1つの山を登るにしても、たくさんのルートがあります。
行き着く先が、たくさんの笑顔だったらいいのかなって。
頑張ってほしいってより、塾も勉強も楽しんでくれたらいいな。
うちの子だったら、今だけ楽しいってのを選ばずに、常に楽しいって方を選んで欲しいなと。
それが塾でもやっぱり思ってしまうことですね。
子どもたちの未来は無限大ですから。
180番で入ってきた子も、学年3番までいくし。
大学は旧帝大に何人も入ってるし。
子どもたちに笑顔を持たせれば、子どもたちは良い意味でとんでもないところまでいってしまいます。凄いですよね。
いつも笑顔の子ほど、とんでもないところまでいってしまう。
やっぱり笑顔は、成功の源なんでしょうね!
笑顔で授業を受けてくれている時が一番嬉しいですね。

テーマ:
周りの人達全てに感謝、そして尊敬。
自分には出来ないなって思うことを平然としてる。
新入社員、野田校の校長。
そして、一生懸命動いてくれてる方々、本当に心の底から尊敬します。
生徒の保護者の方々も尊敬。
すげーなって。
そんな素晴らしい方々が周りにいるなんてとても幸せだと感じます。
協力してくださってる、業者の方、社員、生徒、保護者、みんな素敵な皆さんです。
足元にも及ばないなって心底思います。
みんな、かっこいい!
身近に尊敬できる人達がいるのは本当にありがたいことだと思います。
どうも、ありがとう😊

テーマ:
5月はゴールデンウィークもあり、本来なら短く感じてもいい月ですがとても長く感じました。
先月からいろいろと大変で、明け方の5時まで仕事をしていることがざらでした💦
しかしながら、これも将来の日本を担う子どもたちのためと思えば、子どもたちが幸せになってくれるなら大変貴重な時間だったように思います。
ニーチェの言葉を借りるなら、鷲が輪を描き空中に舞い、一匹の蛇がまとわりつき、鷲の獲物ではなく、友であるように見えた。と言う表現がぴったり合うような気がします。
さらに借りるならば、兄弟たちよ、云々。
意味は異なりますが、神は死んだと感じました。
ここからも頑張っていきます。
未来を創る神様がいるとしたら、それは今の個々人のみだからです。
スピノザの言うように、運命とは受け入れるべきものではなく、自ら選び創り出すものである。
全ては、自分自身の選択から始まります。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス