【明日の日の出より~ライブ配信第2回】 | 芸術家・禮生(れいぶ)/ Artist REIBU

芸術家・禮生(れいぶ)/ Artist REIBU

「生きて、学んで、発する」そうやって愛に従って生きていますと、人は誰しも「自らが、自らの生き方を選択し、許可し、行動できる」という感動な瞬間に出逢います。私はアートを通じて皆さんに、その感動を産み出すために欠かせない、独自の時空間を提供しています。


テーマ:

今年で3年連続の出展となります、artexponewyork(アート・エキスポ・ニューヨーク)が本日から開幕になります。

今回は国内でのアート制作・取材を優先して、現地には行けなかったのですが、新作への反応が大変楽しみです。

http://artexponewyork.com/

 
さて、そんな中、先月の円相ライブ配信に引き続き、
今回は般若心経(はんにゃしんぎょう)を書き続けます。
 
266文字に籠められた智慧の真髄に、積極的に触れて行く13時間です。
https://www.youtube.com/watch?v=U82jvlvOKtI

(4/20 日の出 5:03 ~ 日の入り 18:18 まで)
 
 
~ 実施に寄せて ~
 
日本に住む私達に最も身近で、仏教において最も重要な経典のひとつ、般若心経。
 
孫悟空・猪八戒・沙悟浄でおなじみの西遊記のお師匠様、三蔵法師(玄奘)が、天竺(インド)から中国に伝えたお経です。
 
そのハイライトでもある「色即是空 空即是色~」という一節を聴いたことがある方も多いでしょう。
 
 
何故、今回これを書き続けようと考えたか。
 
『やらねばならぬ』という衝動・流れを感じたから、といってしまえば身も蓋もないことですが、それが一番の理由です。
 
 
それを支える背景としましては、
 
私が好きな<円相>を描いて来た数多くの禅師がいますし(禅師も般若心経を唱えます)、
 
「今を生きて幸せになりましょう」の般若心経の智慧が私の思想とマッチしています。
 
そして、私自身、写経はこれまでに何百回とやってきました。
 
 
私のアトリエ部屋には、日本最古版とされる、隅寺(すみでら)所蔵の般若心経のコピーがあります。
 
韓国の世界遺産・海印寺(ヘインサ)で入手した、実版木から刷られた般若心経があります。
 
日本最古の禅寺・聖福寺の歴代住職である仙厓禅師の複製画と、善来禅師直筆の般若心経をいただきました。
 

 (ヘインサで入手した般若心経。日本で伝えられているもの同じ経文です)
 
意識して集めていた訳ではありません。
 
心向くままに行動した時、キーとなる方々と交流があり、これらが手元に廻っていきました。
 
先日も90歳を超える作家さんとの出逢いで、「菩提薩婆訶(ぼじそわか)」の言葉と触れました。
 
 
そして自分に問い掛けます。この出逢いは何を示しているか?現状の私を客観視すれば、
 
「モノがある」「知っている」「できる」レベルでは、この出逢いを活かしたことにはなっていません。
 
 
無意識レベルで私から、それらの智慧が醸し出されるには、アクションが不可欠です。
 
明日13時間書き続けたといって何か世界が変わるわけではありません。
 
ただ、ハードワーク(修行)とルーチン(習慣)で私に染み込ませたい。
 
未来の必要な時に発動させるために、今から取り組む。未来は今、の意図で書き続けます。
 

https://www.youtube.com/watch?v=U82jvlvOKtI

 

芸術家・禮生(れいぶ)さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス