8月22日、Googleは自社が提供するウェブブラウザ「Chrome」の開発ブログで、ユーザーのプライバシー保護を向上しつつも広告の関連性を損なわない、自由でオープンなエコシステムを支える新たなイニシアチブ」を提唱。ウェブコミュニティへ意見や協力を求めている。

 

現在、サイトの運営者や広告主が、ユーザーに対して関連性の高い広告を表示するためのテクノロジーが運用されているが、本来意図する領域を超越して使用されていると指摘。ユーザーに適した広告を表示するためのデータが、ユーザーのプライバシーを侵害するレベルまで収集・使用されているという。

 

一方では、ユーザーのプライバシー保護を向上しようとした試みが意図しない結果を引き起こしてしまったケースもある。プライバシー保護のためにcookieを大量ブロックすると、デバイスや使用フォントなどユーザーごとに異なるごくわずかな情報を組み合わせることでユーザーの特定にまで到達する方法が生み出されてしまった。

 

また、cookieをブロックしたウェブサイトは広告掲載による収益性がおよそ52%も減少するというデータもある。多くのウェブサイトは広告掲載で獲得した収益に寄って運営費を賄っており、ネットユーザーはその上でコンテンツを無料享受できている。コンテンツの提供者の収益が大幅に減少する仕組みは、インターネットを通じて無料でアクセスできるコンテンツが減少してしまう可能性につながるのだ。

 

そこで今回Googleが提唱する「プライバシーサンドボックス」は、ユーザープライバシーを保護しつつ広告の関連性も維持する仕組みづくりを提案するもの。そのためにはまずは広告のエコシステム上で、ユーザー情報がどのように活用されているかを調査する必要があると主張しているという。

 

「プライバシーサンドボックス」の課題はそれだけではない。ユーザープライバシーに関連する情報はできるだけ共有せず、かつユーザーに関連した広告を表示するシステムの構築だ。これに対してGoogleは、ユーザーを大規模にグルーピングし、そのグループごとに広告を配信する方法を提唱している。あくまでも大規模なグループとして識別させることで、ユーザーのプライバシー保護を高めるのだという

 

さらに、コンテンツの提供者と広告主が広告に対して評価を行う際の基準も見直す必要があると考えているという。ユーザーにとって関連性の高い広告を表示させることは、効果的なマーケティングを実現するだけでなく、ユーザーにとっても興味のない情報に触れずに済むというメリットがある。重要なのは「広告主のニーズに合った価値を提供すること」であり、「ユーザーの情報をどれだけ集めたか」ではない。広告の価値を決める方法についても再考していく必要があるという。

 

プライバシー保護とニーズに合った広告の実現。ユーザーとコンテンツ提供者の両社にとってメリットを提供できるようなシステムとなるのではないかと思う。