風水講演会がご縁で!

 

 

今年の1月からクライアントから事務所移転の相談を受けて、当社が風水コンサルを受けて風水的に良い場所を探していました。

 

このきっかけは、私の風水講演会を聞いていた方が、たまたま事務所を移転する計画があり、移転するには風水を考慮した方が良いと思われて、私に相談があったのです。

 

不動産を探すにあたり、クライアントの予算、希望エリア、希望の広さなどリクエストに沿った事務所を探すことになります。

 

当社が風水コンサルで不動産を探すことになるので、風水的な問題も考慮します。

 

今年2018年は、移転するに北方位は五黄殺、南方位は暗剣殺、東南東は歳破という凶方位がありますので、こういった凶方位は避けて探していかなければなりません。

 

それにプラスして、事務所自体の坐(背中側)が、北や南、東南東になっている事務所も選んでしまってはいけません。

 

こういったことをクライアントと打ち合わせして、私の方で不動産物件情報を取り寄せて、毎日好物件が見つかるまで探していたのですが、ようやく決まりました。

 

 

ここでようやく良い場所が見つかり、無事、契約と入居が終了しました。

 

風水物件を探していくには、それなりの期間を要します。

 

今回決まった事務所は、今まで雑貨屋さんが入っていたらしいですが、もっと大きなスペースが必要とのことで移るとのことです。

 

風水的な視点で言うと、今まで入っていた会社がどうだったかということは重要な情報です。

 

例えば倒産したりトラブルが原因で退去したということであれば、風水的な問題を抱えている可能性が高いので注意が必要です。

 

今回は、マイナス的な原因での退去ではなく、かつ風水調査をしても、大変良い気が事務所に入ってきますので、OKということになりました。

 

さて、事務所の賃貸契約を終えたのちには、今度は内装工事を受けて、当社が施工していきます。

 

工事前の状況

 

 

写真を見ればわかるように、長年雑貨屋さんをしていたので、相当傷んでいる場所もあり、古い感じがします。

 

当初、クライアントはこのままの状態で入居しようと思っていたのですが、新しく入居するに当たっては綺麗にリフォームした方が良いですよと私からのアドバイスもあって、当社でリフォームも引き続き受けることになりました。

 

もちろん、風水インテリア的に良いカラーコーディネートをしていきます。

 

工事前と工事後の写真ですが、こんなにも変わって今までのイメージとは一変します。

 

工事後

 

 

クライアントもこれには感激して、

 

「あまりにも気がいいから、このまま寝ていたいですね~」

 

という言葉ももらいましたが、本当に気がいいとずっといたくなってしまうのですね。

 

だからと言ってずっと事務所にいては営業になりませんから、外にもどんどん出て欲しいものです。

 

工事が終了後は、事務所レイアウトも考えなくてはなりません。

 

ここで重要なのは、クライアントの本命卦を確認しつつ、従業員が生気の位置に座ることで、仕事の効率性が上がるように工夫して決めていきます。

 

この図面通りに座ってもらうと、事業繁栄していくことでしょう。

 

最後に、事務所にある写真ですが、ダイヤモンド富士の写真を飾ってもらいました。

 

この写真は大変パワーがあり、この写真を坐方位に飾ることで、事務所を守ってくれることになるでしょう。

 

 

ちなみにこのダイヤモンド富士の写真は、当社で販売しています。

 

ご希望の方はお問い合わせください。

 

 

大(横725mm×縦615mm)32,400円(税込み・送料別)額縁込み

 

小(横238mm×縦187mm)5,400円 (税込み・送料別)額縁込み