名作「君の名は。」を見て・・・

新年あけましておめでとうございます。
正月に名作「君の名は。」が地上波放送で公開されましたが、ご覧になった方も多いかと思います。
私も、映画では見ていなかったため、視聴させてもらいました。
聖地巡礼という言葉が流行しただけあって、大変素晴らしく、心に残る作品で最後のシーンは感動ものでした。
 
 
映画を見ながら、なぜ宮水三葉は2013年にティアマト彗星の隕石が落下して死んだにもかかわらず、その後の2016年に助かったかを風水で実証出来るかもしないと思い調べてみました。

そうすると、この映画には風水パワーを感じることがわかったので、皆さんにご紹介していきます。

是非、楽しんで頂けたらと思います。
アニメの世界にも風水パワーは宿るということが理解できると思います。
 

宮水家の家を風水で検証!

さて、この映画で重要な三葉の家を風水で調べることにします。
下の図面をご覧ください。
この建物は大分古い建物なのですが、実際に公開されたのは2016年ですから、第8運(2004~2023年)の建物ということになります。

建物の坐向は乾山巽向と言って、おばあちゃんの一葉、妹の四葉、と3人で食事をしている居間がありますが、ここからの気が家の中に大変多く入っており、かつ、糸守の湖(諏訪湖がモデルということです)が前面に広がっています。
 
 
池や湖が前面に広がる様子を風水では【満堂水】と言って、財運を高める吉地と言われます。
こういった風景を制作者が作ったのは、風水的にも興行は成功する原因であると思います。

居間1・8
ここの場所は、どちらも吉星同士の組み合わせとなります。
3人が仲良く食事をしているシーンがありますが、その通りですね。
しかしながら、この組み合わせは男性にとってはあまり良くなくて、男性だと家族との縁が薄くなったり、家を出る憂いがあります。
父親の宮水俊樹は妻の死後、家を出ていき町長になってしまいました。

玄関6・4
6・4の組み合わせは小吉の組み合わせと言えるでしょう。
ただ、長女がいる場合は長女が病気になるなどの憂いがあるのですが、物語では母親の二葉は宮水家の長女で、二人を生んでから早くに病気で亡くなってしまいました。

三葉の部屋1・8
1階の居間と同じ組み合わせで1・8となります。
どちらも吉星同士の組み合わせとなります。男性にとっては不利となりますが、女性の三葉にとっては大変良い部屋と言えるでしょう。
 
 
こういった三葉の家だったのですが、なぜ2016年に命が助かったのかを風水で検証していきます。
いよいよ本題に入っていきます。
 
隕石が落ちた2013年!三葉の部屋にいたのは誰?
 
三葉の部屋には【歳徳神(としとくじん)】がいた!

下の図をご覧ください。

彗星が来た2013年の歳徳神の方位場所です。
 
「歳徳神って何?」
と思う方もいるかと思います。

歳徳神は知らなくても、恵方巻は皆さんご存知でしょう。
そうです!
節分になると恵方巻をある方位に向かって食べる習慣がありますね。

歳徳神が座る位置を恵方位と言って、その方向に向いて恵方巻を食べるのです。
 
 
この恵方位は毎年変わります。

歳徳神とは、牛頭天王(ごずてんのう・八坂神社の祭神)、またはスサノオ(伊勢神宮のアマテラスの弟)の后と言われ、八将神の母親と言われる神様です。

このスサノオの神様は覚えておいてください。

後ほど驚愕の事実を書きます。


さて歳徳神のいる場所を家に当てはめてみましょう。
 
なんと三葉の部屋には丙方位が入っています。
しかも布団が置いてあった場所に歳徳神が一緒に居てくれていたということです。


すごいですね~!

三葉と瀧が寝ているときに入れ替わる現象ですが、これは歳徳神が手伝っていたのではないかと感じます。
迫って来る隕石からの破滅をどうにか避けさせたいという歳徳神の気持ちが働いていたのではないでしょうか?

しかしながら、物語では2013年の時点では三葉を助けることが出来ませんでした。

なぜなら三葉にだけ歳徳神は応援しましたが、この時点では瀧はまだ中学生で三葉の存在も知らないし、東京の四谷に住んでいて糸守という場所も知りません。
これだけでは、歳徳神も三葉を助けることはできません。
 
そして2016年!瀧が三葉と入れ替わりが始まる!
 
瀧は三葉と入れ替わるようになって三葉の存在を知ります。

そして隕石落下のために三葉が死亡した事実も知ります。

自分ではどうすることも出来ません。
 


しかし、助けようしている神様が本当はいたのです!

そう!
歳徳神です!

再び、歳徳神は2016年に丙方位に戻ってきたのです!
 
それはあたかも時計の針が二人を出会わせるために、時の気が生き返ったように。
瀧は2016年に三葉の部屋で寝ていることで、初めて2016年の歳徳神の応援を受けられるようになりました。

これでようやく二人とも歳徳神からの差し伸べる手を受けることになります。

歳徳神の陰からの手助けを受けて、瀧はこの世に存在しないはずの三葉を救出するべく糸守の神社に行き、御神体に奉納された口噛み酒を飲みます。

その瞬間、入れ替わりがなくなっていた二人に再び奇跡が起こります。

二人は初めて感動の会話を出来たのです。
 
そして、三葉は隕石落下の直前に戻ることができて、町の救出を図ることができたのです。

これも歳徳神の力が働いていたからこそ可能になったのでしょう。
 
奇跡を起こす天道ライン!
 
まだ重要な事実があります。
もう一度振り返ってください。

三葉が住んでいた飛騨地方、瀧が住んでいた東京の四谷。
三葉にとって四谷は東にあたり、さらに細かく言うと【乙方位】となります。

瀧にとって飛騨は西にあたり、さらに細かく言うと【辛方位】となります。

下の図をご覧ください。
2016年の天道方位です。
なんと両サイドの天道が、三葉と瀧のラインと見事に一致していますね!

天道とは、天地自然の摂理すなわち人知を超えた天の理が起こる方位とされ、あらゆる災難を避けると言われます。

2013年の歳徳神は残念ながら三葉を助けることはできませんでした。

しかし、2016年になれば、また歳徳神は再び三葉の部屋に戻ることができ、かつこの年に瀧と入れ替えることができれば、天道の力をも得て助けることが出来ることを知っていたのでしょう。

私が考えるに、歳徳神は三葉の母親の移り変わりだったのではないだろうかと思っています。
 
こうして糸守自体は消滅してしまいましたが、死亡者を出すことなく災難から免れることが出来ました。
 
 
そして、ラストシーンには衝撃の事実が隠されていた!
 
隕石が落ちた2013年から月日がたち、三葉と瀧はお互いのことは記憶からなくなり、だけれども何か探し求めている自分がいて、それが何なのかわからない。

なにか紐がある気がするけれど、その紐は結ばれているのか、それとも切れているのか。

ただ漠然と誰かを探しているあるとき、電車のすれ違いざま、お互いの存在を見つけますね。

誰だかわからないけれど、忘れてはいけない人と思い、必死に探す二人。

そしてラストの場面は、四谷の須賀神社で感動の出会いでしたね。
 
 
 
 
いよいよ風水でラストの説明をします。

さきほどスサノオの神様を覚えていてくださいと書きました。

もう一度説明すると、スサノオは歳徳神の夫であり、伊勢神宮の祭神アマテラスの弟で、ヤマタノオロチを倒したと言われる神様です。
そのスサノオは村を襲うヤマタノオロチを倒したお礼でクシナダヒメという美しい娘を后として迎えました。
この后が歳徳神です。
 
三葉と瀧を不思議な力で出会わせてくれた歳徳神。

最後は、その夫であるスサノオが二人を逢わせてくれます。


何故?

そうです!
須賀神社の祭神はスサノオだったのです!



 
スサノオと歳徳神が、若い二人を運命とか未来とか言葉がどれだけ手を伸ばしても届かないはずの紐を、時代を超えて結んでくれたのですね!

スサノオと歳徳神、二人とも凄すぎです!
こんな最高のプレゼントを若い二人にしてくれました。
 
 
 

 

 

 

この風水パワーは、制作者もここまで考えていないかと思います。

しかし、偶然であるにしても風水パワーを得たものはアニメとは言え、気の力がその世界に入り込み、世界中の人々に感動を後押しする隠された原動力として働いてくれたのでしょうね。
 
目に見えない気を風水で説明してきました。
 
多くのアニメを風水の観点から、研究してきました。
その結果、風水理論を取り入れると、ヒット作につながりやすいということが分かってきました。
関係者の方は、是非、検討してはいかがでしょうか。
アドバイスも致します。

楽しんでもらいましたでしょうか?
次回は、節分も近いので、三葉を助けてくれた歳徳神の記事を書こうと思います。