とどろきと共に飛び回ったどの靴も、
血にまみれたどの外套も、
焼かれて火の餌食
(えじき)となる。
イザヤ書9:4

我らの神の憐れみを通して、
高い所から光が我らを訪れ、
暗闇と死の陰に座している者たちを照らし、
我らの足を平和の道に導く
ルカ1:78~79

 申命記33:1~4(7、12~16)
 ヨシュア記7:1~26(通読箇所)
   (ローズンゲン『日々の聖句』1/22;土) 

 

      ―――― ☆  ――――


 救い主が来てくださるとき、
戦場で履いたすべての履き物、血にまみれた服は、
焼かれて火の餌食(えじき)になるのだそうです。
戦争がなくなり、もう、必要がなくなって。

 


 天の神、【主】、
「『わたしはある(I am)』という者」と
名乗られる方(出エジプト3:14)の深い憐れみにより、
(あけぼの)の光が、いと高き所から私たちを訪れ、
暗闇と死の陰に住んでいた者たちを照らし、
私たちの足を平和の道に導くのですから。

 


 次は、モーセが、死を前にしてイスラエルの子らを祝福した、
祝福の言葉です。


「【主】はシナイから来て、
セイルから彼らを照らし、
パランの山から彼らを照らし、
幾万もの聖なる者のところから
近づいて来られる。
その右手に彼らの御使いたちを伴って。
 

まことに、あなたはもろもろの民を愛する方、
御手のうちにすべての聖なる者がいる。
彼らはあなたの足もとにひれ伏し、
あなたの御告げを受ける。
みおしえはモーセが私たちに命じ
それをヤコブの会衆の所有とした。」
 

ユダについてはこう言った。
「【主】よ。ユダの声を聞き、
彼をその民のもとに連れ戻してください。
彼は自分の手で戦っています。
彼の敵の前で助けとなってください。」


ベニヤミンについてはこう言った。
「【主】に愛されている者。
彼は安らかに主のそばに住まい、
主はいつも彼をかばう。
彼は主の背中に負われる。」


ヨセフについては、こう言った。
「彼の地は【主】に祝福された者。
天の賜物の露、
下に横たわる大いなる水の賜物、

太陽がもたらす賜物、
月が生み出す賜物、
いにしえの山々からの最上のもの、
永遠の丘からの賜物、
地とそこに満ちているものの賜物
柴の茂みの中におられた方の恵み、
これがヨセフの頭の上に
その兄弟たちの中からえり抜かれた者の
頭の頂に臨むように。」(イザヤ33:1~4(7、12~16)

 


 天の神、【主】は、暗闇と死の陰に座っていたような私たちも、
このように祝福してくださるのですね。
 

【聖である霊】と呼ばれる方により、
いと高きところからの光、【父である神】の御思いで照らし、
私たちの足を平和の道に導いて。

今日も。

 

~~~~~~

(聖書のことばへの疑問やご意見、
近くの教会を知りたい等の方、

また、婚活で広く出会いを求めたい

教会に行っていないけれど、
葬儀をキリスト教でしたい、等の方、
お問い合わせは、
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

 

〈クリスチャンの結婚相談所
 <b>Lita</b>&nbsp;marriage service&nbsp;

 

〈復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉

 

〈(株)ブレス・ ユア・ ホーム https://christ-sougi.com/ 所属〉)

 

〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

にほんブログ村 哲学・思想ブログ 聖書・聖句へ
にほんブログ村

 

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]