あなたは心を痛め、
わたしの前にへりくだったので、
わたしはあなたの願いを聞き入れた。
歴代誌下34:27

 

パウロの手紙:
私は神の教会を迫害したのですから、
使徒たちの中でもいちばん小さな者であり、
使徒と呼ばれる値打ちのないものです。
神の恵みによって
今日の私があるのです。
Ⅰコリント15:9~10

 

 出エジプト23:20~25(26~27)
 Ⅱコリント12:1~10(通読箇所)
   (ローズンゲン日々の聖句10/1;木)


 南ユダ王国の王ヨシヤの時、
【主】の宮を修理していて、
【主】の律法の書(たぶん、申命記)が見つかり、
王の前でそれが朗読されました。

 

 王は律法のことばを聞いたとき、
自分の衣を引き裂き、命じたのだそうです。
「行って、見つかった書物のことばについて、【主】を求めよ。
私たちの先祖が【主】のことばを守らなかったため、
私たちの上に注がれた【主】の憤りが激しいからだ。」 

 

 【主】は、答えられました。
「あなたが
この場所とその住民について神のことばを聞いたとき、あなたは心を痛めて神の前にへりくだり、
私の前にへりくだって自分の衣を裂き、私の前で泣いたので、
わたしもまた、あなたの願いを聞き入れる」、と。

 

 

 パウロも、使徒として大きな働きをしましたが、
「私は、使徒たちの中でいちばん小さな者、
使徒と呼ばれるに(あたい)しない者」と言っています。

 

 パウロ自身は、神から、
第三の天にまで引き上げられるような
すばらしい啓示を受けている者でしたが、
それを誇るようなことはせず、
むしろ、自分の弱さを誇っていたのだそうです。

 

 天の神、【主】は、パウロに、
「わたしの力は弱さのうちに完全に現れるからである」と
言われていたのだそうですから。(Ⅱコリント12:1~10)

 

 私たちも、
自分は神の御思いからは「的外れ」になっている者、
弱い、小さな者であることを認めても大丈夫なのだそうです。
弱さの中で、神の恵みの中へと。
今日も。

 

 

(聖書のことばについての疑問、
近くの教会を知りたい等、
また、教会に行っていないけれど、

葬儀をキリスト教でしたい
また、婚活で広く出会いを求めたい

等のお問い合わせは
shkhknsyg4@yahoo.co.jpへどうぞ。)

 

〈(復活社 http://www.sougi8849.jp/index.html 〉
〈日本仲人協会 https://www.omiaink.com/ 認定〉

 

 

イメージ 1

[にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ]

[https://blog.with2.net/link/?1470390人気ブログランキングへ]
</a<ahref="https://www.blogmura.com/point/00697809.html" >アクセスランキング にほんブログ村"/>