公務員から経営者へ

テーマ:

「20代で会社を立ち上げるってことは、元々、野心や目標があって、安定には興味がないんですか?」



と聞かれることがよくあります目




いやいやいや、とんでもない!




“安定したくて起業”ということは、いつかブログで書いたと思いますひらめき電球


ちなみに僕は、学生時代は教育学部でした。

そう、教師を目指していたので、公務員を目指していたんですメモ




ただ、採用試験に失敗し、夢中になれるモノは野球ぐらい野球

夢中なだけで、腕前は万年補欠(笑)

だから得意でもない…



でもスポーツは好きだ!

スポーツのように夢中になれる仕事がしたい!

でも、別のやりたいことなんて急には見つからない!



ということで、色々なバイトをしてみました男の子



バイトを選ぶ基準は、仕事内容と時給!!

いい時給、楽しそうな仕事☆


何をやっても、将来は見えませんでした得意げ




そこで気が付いたこと…


時給がいいからって、それが将来の安定にはならない…

仕事が楽しい、やりたいことだからって、それが将来を約束される訳ではない…



〝入口よりも出口を見て仕事を選ぼう〟



そういう結論に至りましたグッド!




ピッチャーは、スタミナをつける為に走り込みます走る人それだけみたら陸上部です(・.・;)

吹奏楽部は、よく腹筋やってましたドンッそれだけみたら運動部です(・.・;)

海外に留学する為に、学費を稼ぐ為にバイトをすることもあります★それだけみたらフリーターです(・.・;)



周りからしたら大変な事でも、先を見据えて頑張っている本人は、楽しんでやってるハズですアップ



「仕事が楽しい」=将来につながるか?ということの様な気がします☆





AD