法律・仕事・雑感の福袋

法律・仕事・雑感の福袋

法律やビジネスと雑感をつなげてみて、何か読んでいただけそうなことを書いてみようと思います。中味のある福袋のような存在になるよう努力していきます。


テーマ:

今回は読んだ本からの雑感を書いてみますね。

 

 

本を読むと、印象的な一文が頭から離れないことがありませんか?

 

 

最近の読書では、ヘミングウェイの本の1文が心に残りました。

 

 

ヘミングウェイは著作「老人と海」でノーベル文学賞を受賞したアメリカの作家です。

 

 

その、移動祝祭日(いどうしゅくさいじつ)という本の巻頭にかかれた以下の1文。

 

 

「もし幸運にも、若者の頃、パリで暮らすことができたなら、その後の人生をどこですごそうとも、パリはついてくる。パリは移動祝祭日だからだ。 」

 

 

何かカッコいいですね。

 

 

これだけ読むとヘミングウェイがパリでオシャレに暮らしていたことを書いたように見えるかも?

 

 

でも、実際は、貧乏で売れなかった若きヘミングウェイが、パリのスラム街のアパートで暮らしていた頃のことがエッセイとして書かれています。

 

 

ヘミングウェイは人生で4回結婚しているのですが、このパリでの暮らしは1人目の奥さんとの暮らしです。

 

 

そして、その描写では非常に暖かく、優しくて、明るい妻として描かれています。

 

 

その後の3回の結婚を経て「最初の妻が一番良かった」と振り返っているようなところは、男の情けなさとして何となく理解でるような。

 

 

また、有名な作家であっても嫌いな人については、相当皮肉を込めて「付き合う必要は無い」的な雰囲気があふれています。

 

 

この本はヘミングウェイが自殺した後に発表されたもので、おそらくその直前に書いていた文章だと思います。

 

 

彼が振り返ったのは、貧乏な青年時代を自由に駆け抜けた日々と街。

 

 

それこそが自分の人生の「移動祝祭日」だったと本当に懐かしかったのだと思います。

 

 

ですから、パリでなくても私たちにとって人生の大切な一時期を過ごした街や日々は「移動祝祭日」だと言って良いのではないかと勝手に思っています。

 

 

私にとっての移動祝祭日は、やはり大学生の4年間でしょうか。

 

 

その頃は、東京都の府中市に住んでいました。

 

 

重罪の人が入る府中刑務所があったり、3億円事件が起きた街と言えば何となく聞いたことがあるでしょうか。

 

 

とすると私の場合

 

 

「もし幸運にも、若者の頃、府中で暮らすことができたなら~」

 

 

う~ん、あんまりカッコよくないですね・・・(府中市民の方が読んでいたらスミマセン)

 

 

これからの人生、どんな時でも、移動祝祭日はまた現れると信じて過ごしたいものです。

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村

 


テーマ:

サギといっても鳥ではなく「詐欺」のことになります。

 

 

原野商法(げんやしょうほう)という詐欺が昭和40年~50年頃に流行しました。

 

 

その頃、土地の値段は永遠に上がり続けると多くの人が思い込んでいました。

 

 

しかし、がけ地や山の中の土地のように、誰も欲しがらない土地にはその当時でも価値はありませんでした。

 

 

そのような土地をほぼ無料で買い受けた詐欺師が、

 

「絶対に値上がりしますから!」

 

と、私たち消費者をだまして売れない土地を売りつけたのです。

 

 

セールスが「絶対」と言う場合は怪しいですよね。

 

 

その後、平成3年~5年頃にバブルがはじけて、土地価格上昇の神話が消えたことは記憶に新しいと思います。

 

 

ところが、今、好景気をバックに東京など大都市部で不動産の価格が上昇しています。

 

 

そこで、原野商法で買ってしまって塩漬けになった土地を持っている方に対して、詐欺師グループが再度、詐欺をしかけるようになってきています。

 

 

もし、売れない土地を持っていて悩んでいるところに、「買い取る」という申入がきたら、それを理由に何かお金をだまし取ろうとしていないか十分に御注意ください。

 

 

私のホームページで、「原野商法リターンズ」というタイトルで小説風にご紹介しています。

 

 

興味がある方は↓ご覧いただければ。

 

原野商法リターンズ

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村

 

 


テーマ:

静岡市で弁護士をやっている谷川樹史(たにかわ・もとし)と申します。

 

 

自分のホームページのブログで法律の知識をご紹介していたところ、他に何か書いてみたいとアメブロを始めてみました。

 

 

始めたは良いものの書くことが中々さだまりませんでした。

 

 

色々考えた結果、3つのカテゴリに分けて書いてみることにしました。

 

一つ目は、職業上、私の知識や感覚から法律を切り離すことは難しいので、これは書いてみようと思います。

 

二つ目は、ビジネスのことです。

 

事務所を経営していることからビジネスを作る方の視点を。

 

そして、自分の勤務時代や労働問題の実務での経験から、仕事をする方の視点を。

 

両方を書いていきたいと思っています。

 

最後に三つ目は、どれにも当てはまらないものを、雑学的なこととして書いていきたいと思います。

 

これは、何を書くのか、まだ自分でも分かりません。

 

 

最初から適当な感じですみません。

 

 

お付き合いしていただける方がいれば幸いです。

 

 

なお、ホームページのブログ↓で、お役に立つ法律知識はご説明しています。

弁護士のお役立ち情報@静岡

 

 

こちらは、読む方も肩の力を抜けるよう努力していきます。

 

どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

にほんブログ村 地域生活(街) 中部ブログ 静岡(市)情報へ
にほんブログ村