| 結婚を前提とした私達・INDEX 

 

 そのかわり、チョコレイトのかわり――にはなりようもない、カレーなんかを作って煮込んでいた。昨日スーパーでなんとなく、カレーの材料を買っていたからだ。

 似ているのはまあ、ルーの色ぐらいだよね。
 と茶茶を入れながら。

(奥村のりんごの切り方が上手すぎてびっくりして、つい撮っちゃった。でもこのりんご、かわいそうだけどもう食べてしまいました。
 っていうかあたしのために切ってくれたんだよね? あとでなんで食ったんだよとか文句言わないよね?

 あらためまして。
 ずいぶん迷惑をかけてしまいました。奥村せっかく昨日休みだったのに、あたしのせいで潰すことになってごめんね。
 置いてあった手紙も読みました。昨日作ってくれたお粥もあっためなおして全部食べました。色々とありがとう。

 熱もすっかり下がってます。
 本調子とはいきませんが元気です。
 普通に動けるのですでに家の中限定で活動してます。
 ごはんをつくれる余裕もあるのですが、今日は簡単にカレーにすることにしました。

 今日、そういえば、人事の発表あるって言ってなかった?
 もうわかった? やっぱり東京?
 今日、早く帰るのは厳しいのかな。
 カレーつくりながら待ってるね。)

 ルーを入れるなり、カレーの香りがふわりと広がっていたキッチン。弱火でくつくつと煮込まれている鍋を前に、奥村宛てにメールを打ちこんでいた。 
 
 向こうは忙しくて当たり前。
 だったらこちらから連絡してしまえと文章を綴っていた。メールを送るだけなら迷惑じゃないだろう。
 感謝と、報告と。
 でも早く帰ってきてほしいという気持ちをこめて。
 バレンタインのことにはふれないようにして。

 正直、昨日は朦朧としていて、奥村という人が何をどう過ごしていたのかをちゃんと把握していない。あの人は必要以上に話しかけてくることをせず、放置しておいてくれたから。
 どこぞの誰かがベッドを占領していたから、昨夜あの人がどこで寝ていたのかも分かっていない。またしても床で寝かせてしまっていたのかも知れない。
 
 でもそのおかげで復調している。測らなくても分かる。確実に平熱に戻っている。喉は少し痛いけれどもでも、頭はすっきりしていて気だるさもない。食欲も戻って、うさぎりんごどころか小鍋に残っていた玉子がゆもすべて平らげてしまった。
 これはもう、ほぼ回復したと言ってもいいはずだ。

 つづきを読む 

 結婚を前提とした私達・もくじへ 

  →静かに光が満ちていくインデックス