おどろきの山野草から、気持ちを聞きました。 | 魂の医師+動物・植物の通訳 のびのび生きる心の土台!地球の仲間とも深くつながる!

魂の医師+動物・植物の通訳 のびのび生きる心の土台!地球の仲間とも深くつながる!

あなたの魂が
本当のすばらしさをあらわすお手伝い。

生きものたちとすてきな関係を築くお手伝い。

 

2002年にうちにきた、

山野草の○○ちゃんです。

 

(名前は、彼女と私の間の秘密なので、

伏せますことをお許しください。)

 

山野草を大切に育てている方から

いただいたのでした。

 

三色の寄せ植えでしたが、

数年の間に白だけが残り、

毎年咲きつづけました。

 

そしてある年、

大量に種をつけて、

以来、花が咲かなくなったのです。

 

それでも、

青々とした葉を茂らせ、

茎でいろんな形を作るのを

私は楽しんでいました。

 

「お、○○ちゃん、

つる草のようだね。」

 

「こんどは盆栽バージョンかな?」

 

 

そうやって、

20年いっしょにすごしてきました。

 

その、かわいい○○ちゃんが、

数日前、

いきなり花を咲かせたんです!

 

 

 

正確にいえば、

いきなりではなく。

 

この春、

やけに大きくて厚みのある葉と、

まっすぐ上に伸びる茎が。

 

どうしたんだろうと

思っていたら…

 

その茎と

すぐ下のもう一本に

 

白い花!!!

 

 

 

 

 

ワオーッ!

 

驚いたの、なんの。

 

うれしかったの、なんの。

 

何年ぶり?

 

6年ぶり?! もっと?!?!
 

 

 

○○ちゃんの花は、

幅1mm、長さ3mmほどで、

筒状のちっちゃなもの。

 

かわいいったら、ないんです。

 

 

 

そして2日後、

花は早々にしぼみました。

 

種をつけたいみたい。

 

今になって

種を残す意味はなんでしょう。

 

本花(本人)に聞いてみました。

 

すると、

「気分。」

 

え? それだけ??

 

寡黙な○○ちゃんらしい、

あっさりした答え。

 

でも十分。

 

この場所、

気に入ってるよね。

 

「うん。いい感じ。」

 

 

 

植え替えは

私の手には負えないので、

いただいたときからずっと

そのままです。ハハハ。

 

○○ちゃんと私は

20年間、仲よしです。

 

 

***** *****

 

大好きな植物とお話ししましょう。

 

観葉植物、近所の樹木。

 

動物たちとも話しましょう。

 

ペット、動物園のみんな、魚、昆虫。

 

 

締め切り間近です。

 

楽しい世界が待っていますよ~。