した方がいいとわかっていてしないと、した方がいいと知らないと思われるのがこわい? | 魂の医師 + 動物の通訳

魂の医師 + 動物の通訳

ひとつ…傷つけられてつらい心を、楽に。

ふたつ…人を傷つけて悔やむ心を、楽に。

みっつ…ペットさんにあなたの思いを伝えます。

よっつ…アニマルコミュニケーション講座しています。

人からどう思われるかを

とても気にしていて、

それが真っ先にくる人のことです。

 

たとえば、社会的儀礼で

した方がいいとされていること。

あるいはたとえば、

職場で「気がきく」と思われること。

 

そういうことを

必ずやろうとする人がいます。

 

いいんですよ、やっても。

ただ、必ずすべきことでもなく、

まあやった方がいいでしょう

ぐらいのことをしていくと、

際限がなくなります。

 

そしてついには、

自分を縛ることになります。

 

「あの人はキチンとしている」

「あの人はどんなときも気がきく」

という評価をもらい、

それを崩さないよう必死になるのです。

 

自分を縛ることが好きな人もいるので、

(一種のM??)

それは自由なのですけれど。

 

 

ただ、そういう人がいると、

こっちまで

縛られた感じがしませんか?

 

その人の儀礼的行動や

気をきかせた行動に、

いちいち反応しなくてはならないから。

 

儀礼にはお返しをしなければいけないし、

“気をきかせて” やってくれたことには

感謝しなければならない。

 

自分でやるから

放っておいてほしかったのに…。

でもここで感謝しなかったら、

イヤなヤツになる…。

(こんなことを書いている私も

イヤなヤツかも、とチラリ思う。)

 

 

 

心がこもっていれば、

相手に何かをしてあげるのは

いいことです。

 

された側は、

それが多少ずれたことであっても

感謝して受ける。

 

すてきな愛のやり取りです。

 

そうではなく、

「しないと、礼儀知らずと思われる」

とか、

「気がきかないと思われる」

という思いからやるんだったら、

やめておけば?

といいたいのです。

 

いえ。

やめておけば? では

やめられないでしょうね。

 

人が自分をどう思うかを

気にするのを終わらせない限り。

 

~ 魂キラキラ あなたも私も ~

 

クローバー YouTube

ドクター美紀のスピリチュアルな窓

Dr. Miki's spiritual window

 

クローバー 別ブログ 「竹の女」

どんな考え方で
カウンセリングをしているのでしょう。
最新記事:

「頭で考えること」

 

** ご提供メニュー ***

クローバー サイキック・カウンセリング

マイナスな状況を脱し、

本当の人生に気づくお手伝い。


クローバー ペット・カウンセリング

ペットさんの声を伝えます。

亡くなったペットさんも。

 

クローバー ペットの介護に寄り添う

アニマル・コミュニケーションと

光のはり

ペットの介護に伴走します。

 

クローバー 講座は3つあります

「魂の使命に近づき、

宇宙に満ちるエネルギーの

使い手となる講座」

 

「動物・植物と

しあわせに対話する講座」

 

「潜在意識を開放し、

軽やかな未来を楽しむ講座」

 

 

☆ ★ ☆

ワンポイント動画・・・

サイキック・カウンセリング

で使う用語や技法について

短く紹介しています。

 

★ペンジュラムで波動の数値を調べる

https://youtu.be/o9ec5l8eony

 

★筋肉反射テストのやり方(1)

https://youtu.be/tvcsycllupm

 

★筋肉反射テストのやり方(2)

https://youtu.be/sxm70p5m