シーズー しずのひとりごと

シーズー しずのひとりごと

我が家の愛犬「しず」(シーズー、2006年8月24日生まれ)のひとりごとを中心に、音楽、旅行、B級グルメなどなどお届けします。


テーマ:

5月6日

しずはかかりつけの病院併設のホテルで一泊、

私はばーばと一緒に温泉宿で一泊しました。

場所は同じ埼玉県の寄居。

自宅からは電車で約1時間半。遠すぎず、景色が良く、のどかでいい旅ができました。

しず、ごめんね。。。

 

 
窓からの景色
 
 

見事な虹で歓迎してくれました。

 

5月10日

前回日記にに書きました、前かごを鳩さんに占拠された自転車が我が元に戻ってきました。

しかし、しずパパの心は晴れません。

この日、朝いつものように巣の様子を見に行ったら、

親鳩と卵が消えていて巣だけが残っていたのです・・・

夜逃げしたの?

周囲をチェックしましたが、特に争いがあったような形跡も無く。。。

 

下、またまたしずパパの妄想・・・

ある日、自宅のベランダで、窓ガラスをつつく音。

見ると、親鳩と小鳩がこちらを見ている。

ああ巣立ちのあいさつに来てくれたんやね。みんなありがとう、元気でな〜

手を振るしずパパ

・・・・・なんてシーンを勝手に想像してました。

毎日様子を覗いていたのがうざかったのかな。そぉっと見るようには気を付けていたけど。

 

翌日に大阪移動を控えていたので

巣の撤去と、管理員さんへの報告、

自転車を貸してくださったご近所さんへお礼のあいさつを済ませました。

 

5月11日

この日は大阪への移動です。

しずは赤いバッグの中でおりこうさん。

 

 

暑かったり寒かったりの毎日。この日は暑かったです。

ですが、

新幹線の冷房は控え目て、車内が暑かったです。

この時期温度設定は難しかったかも。

しず、いつも以上に水分補給してました。

 

しず&ばーば連れの移動は1年振り。

自分ひとりの移動とは違い、無理のない行程でゆっくり座って、という工程を組んだつもりでしたが・・・

私の不手際もあって遅れてしまい、混んだ電車に乗らざるを得なくなり、とてもへこみました。

東京駅にに向かう途中で、ばーばに席を譲ってくださった、割とご高齢のご婦人のかた、にゴメンナサイ。

ここに書いてもきっと面割りませんが、本当に助かりました。ありがとうございました。

 

さて、実家に戻ってからのしず。

なんか行く前よりもずっと皮膚の状態がイイ!

埼玉の病院で、今までと少し違う処方をしてもらったんですが、それが効いているのかも。。。

またしばらく様子をみて、経過を報告しますね。

  

 ばーばもしずも大変お疲れさまでした。私も疲れました。

 

帰宅後の1ショット。

しずは宅配便で(嘘) 

 

 

 
ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ