ナチュラルオーガニック ライフ【自然の宝もの舎】

ナチュラルオーガニック ライフ【自然の宝もの舎】

動植物、鉱物、すべての生き物と地球の健康のために!自然栽培(無肥料・無農薬栽培)の農作物づくりや加工・直売の模様をお知らせします。

【自然の宝もの舎について】

無農薬無肥料栽培(自然栽培)の米、野菜、果物、和洋ハーブ、加工食品、自然の宝ものを直売するために2013.11.22に設立。

自然の循環(ナチュラルオーガニック)による露地栽培(無施肥<化成肥料・有機肥料不使用>・無農薬<殺虫剤・殺菌剤・除草剤・ホルモン剤等の化学合成薬剤の不使用>)を基本に、旬の元気で美味しい農産物・加工食品などをつくり、みなさまの健康づくりのお役に立つような農産物等をお届けいたします。

使命(ミッション)
◆「四季折々の移ろい」や「旬」を忘れてしまった現代において、真に安全で元気で美味しい旬の安心して食べれる物をつくり、提供を させて頂くこと。

◆身土不二・食養生や医食同源を実感して頂ける米・野菜・果物、和洋ハーブ(山野草)、加工食品の提供を通じて、皆様の健康と元気の源 となること。

◆自然循環栽培(ナチュラルオーガニック栽培)を実践し、地域に広め、自然栽培(無農薬無肥料栽培)が当たり前の世の中すること。

◆医療・福祉分野と食料・農業分野が連携する「FAN(フード・アクション・ニッポン)医福食農連携~食でつながるイノベーション」を推 進し、地域の食材を活用し、美味しくて心と体がよろこぶいい食を提 供したり、農作業をリハビリや生きがいづくり、障害者雇用の拡大に 活用し農園芸福祉に取り組みます。
Amebaでブログを始めよう!

テーマ:


2012/09/05 に公開

「給食で死ぬ!!」(大塚貢、西村修、鈴木昭平著、コスモ21)
http://www.amazon.co.jp/dp/487795239X/
添付DVDより抜粋映像

【大塚貢先生プロフィール】
昭和11年長野県生まれ。35年信州大学卒業後、中学校教員を経て東京都内で会社員生­活を送る。 その後、長野に戻り、県教育委員会指導主事、中学校教頭を経て平成4年から校長に。 平成9年、旧真田町教育長就任。市町村合併後、18年より上田市教育委員長。 19年退任後、現在は教育・食育アドバイザーとして活躍中。著書に「給食で死ぬ!!―­いじめ・非行・暴力が給食を変えたらなくなり、優秀校になった長野・真田町の奇跡!!­」


この本のあとがきは下記!

やむにやまれぬ思いを持った人間が世界を変える

私は、現在一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会の専務理事として、知­的障がい児の改善に取り組む保護者の方々のためのセミナーの講師、そしてサポートをさ­せて頂いております。
また福島原発事故後の放射線被曝を何とかして軽減する方法はないものか、との思いから
2011年4月に「放射能汚染から命を守る最強の知恵」(阿部一理・堀田忠弘著、コス­モ21刊)の出版をプロデュースし、「日本を放射線被曝から守る会」を設立、推進委員­長を務めております。

私が初めて大塚先生のお話を講演でお聞きしたとき、正直耳を疑いました。
「まさか、学校給食を変えるなんて...。そんなことができるのか...」と。
私は、いつも知的障がい児の保護者の方々に訴えている「食」の改善、その重要性につい­て、私の力が至らず、なかなかしっかりとしたカタチで伝えきれていないことを、非常に­申し訳なく思っておりました。
そこで、私は、まさに「食」と子どもの健全な発育との関わりを、自ら実証された先生に­、「先生の偉業を多くの親御さんにお伝えしたいのです。本当にお願いします!」と土下­座せんばかりの勢いでお願いし続け、ようやく今回の出版に至りました。
大変ご多忙の中、お時間を割いて頂いた大塚先生に、この場を借りて深く御礼申し上げま­す。
この本は、全国のすべての親御さんに、本当に読んで欲しい本です。
そして付録のDVDを、是非多くの親御さんに見て欲しい、と切に願います。
大塚先生の本気が、長野県上田市の中学校、小学校の子どもたちの未来を変えたのです。­先生の子どもたちへの愛、教育に賭ける情熱、その慈愛に満ちた表情とまなざしに触れる­ことで、皆さんの人生が大きく変わるキッカケになる、と確信して、出版社に強引にお願­いして添付されることになったDVDなのです。

2011年の東日本大震災、そしてそれに続く福島原発事故から一年以上が過ぎようとし­ている今日、私たちは、問われています。
自らの未来を、自分の愛する者の未来をどうしたら守れるか?と。

絶望的になってしまうことも多々あることでしょう。
日々接する政府・行政の無策、当事者意識、危機感の欠如を見るたびに、私自身も無力感­、絶望感に苛まれることは度々です。

しかし「あきらめるわけにはいかない」
それが愛する者を持つ人間の責任ではないでしょうか。
大塚先生はあきらめなかった。
そして本書に登場する西村先生、鈴木先生も、絶望の淵から甦り、あきらめることなく、­自分のできることを発見し、からだを張って、日々子どもたちの未来のために奮闘し続け­ています。

どんな人間にも、自分にしか伝えられないことがあり、自分にしか支えられない人がいる­。
これは私の信念です。
それを発見した人の内側からやって来るもの、それは「やむにやまれぬ思い」です。

スワンベーカリーという従業員の約半分が障がい者のパン屋さんがあります。現在店舗数­は約20店舗、全ての店舗が黒字です。この店を運営している株式会社スワンの海津歩社­長のお話を聞く機会がありました。彼の言葉は、私に衝撃を与えました。

障がい者を雇用することをお考えの会社の担当者の方にお伝えしたいことがあります。
「いいことをしたい」とか「世のため人のためになることをしたい」とかそんな考えで障­がい者雇用をやろうとしたら、大火傷しますよ。「やむにやまれぬ思い」がなきゃ駄目な­んです!

この本を読まれた方々の中の一人でも、自分の中に「やむにやまれぬ思い」を発見し、自­分の愛する人々のために、志に燃えて生きる方が生まれることを願い、祈り、筆を置かせ­て頂きます。

2012年5月28日 
一般社団法人エジソン・アインシュタインスクール協会 専務理事 井上祐宏


テーマ:

https://www.youtube.com/watch?v=JxL5-sZUKxQ&guid=ON&app=desktop

《それでもあなたは食べますか?・輸入農産物の危険性》

全国農村映画協会1987年製作

~~~~~~~~~~~平野鉄也氏メッセージ~~~~~~~~~

かなり前に作られた作品です。

現在では、この動画内容に加え高濃度残留農薬の中国生鮮野菜。

更には既に加工食品・畜産飼料用に輸入が認可されている遺伝子組み換え食料品では、 ・トウモロコシ ・ジャガイモ ・大豆 ・西洋菜種(キャノーラ) ・甜菜(原料糖原料を含む)

等の問題が加わっています。

なぜ国産の安全性の高い農産物が大切であるのか?

また輸入農産物が如何に危険なものがあるか?

その現実を目の当たりにする事が出来ると思います。

輸入農産物に対して無警戒な方が増え始めている現在改めて見直す価値がある動画だと思います。

また30年近く前の動画内容ですが、この時既に始まっている大手食品メーカーによる不正輸入。

そして新生児のアトピー症状等が扱われています。

これらは近年始まった事ではなく、既に30年近く前に問題化していたのにも関わらず、問題を先送りしていただけの様です。

《それでもあなたは食べますか?・輸入農産物の現実と危険性》

全国農村映画協会1987年製作

http://m.youtube.com/watch?v=JxL5-sZUKxQ&guid=ON


テーマ:
愛媛県松山市の沖合に浮かぶ中島で1975年から有機農業に取り組んできた泉さんをご紹介します。 

いちばんのお師匠さんは山の木 
「色んな人に会(お)うて勉強させてもらったけど、いちばんのお師匠さんは山の木。」 

なんとも雰囲気のある泉さん。インタビューでおっしゃっていた言葉の中で最も印象に残った言葉でした。 

「戦後間もない頃、かつては新しい農薬や化学肥料が出るたびに、仲間たちと一緒に喜んで使ってきた。 

ところがふと気づいたら、自分の畑にミミズが一匹もいない。自分も病気になったり。そこで、昔の農業をもう一度やろうとおもい、化学肥料も農薬も使うのをやめました」 


食は命 
「スプーン一杯、1グラムの土に、2~3億の微生物がおる。 

それが植物を育て、木にも栄養を送ってくれている。 

人間は食べ物によって活かされている。 

食は命、命とは食が大元だから、安全で健康になるものをつくって食べていくことが、一番大事なことなんじゃないか。」 

2014/07/13 に公開

愛媛県の中島で有機農家をしている泉精一さん。レモンを含む柑橘類5種や、しょうが、­ごまなどを栽培している。

▼生産者をサポートするbee my friend 宣言
http://www.greenpeace.org/japan/bee-m...

▼食と農業問題「Bee my Friend―食と農の明日のために」 
http://www.beejp.org

▼Bee my FriendのFacebookグループに参加してください。
http://www.facebook.com/groups/beemyf...


https://www.youtube.com/watch?v=iNKuu8npmsY

テーマ:

014/03/31 に公開

DVD「小薮浩二郎の新説異説!食品業界は今日もやりたい放題」より
ワンダー・ショップ http://wonder-japan.com/shop/

定説・通説では説明のつかない謎を、毎回ワンダー・プロフェッサーが新しい仮説を提唱­して、隠された暗号を解読していく「新説・異説!」シリーズ
今回のプロフェッサーは、食品メーカー研究員の小薮浩二郎。
テキストは「食品業界は今日も、やりたい放題」(三五館)

新説・異説
1.ケーキ、かまぼこ、ソーセージ、パンは添加物まみれである。
  「添加物の三つの魔法」
   ①見た目を良くする
   ②日持ちを良くする
   ③味や食感を良くする
2.「食品添加物は安全面で非常に重大な問題がある」
   ①添加物はしよう規定が甘く制限が無い
   ②添加物に含まれる不純物が危険である
   ③食品添加物の安全性の落とし穴
   ④添加物は化学変化する
   ⑤国に提出する安全性試験の検体と実際の製品では違う
   ⑥合成添加物の賞味期限は守られていない
3.「食品業界は放射能より怖い」
4.「食品表示はごまかしと抜け道だらけである。」
5.「日本人は9割9分、品質の悪い中国産添加物を食べている」
6.「着色料」「甘味料」「保存料」「乳化剤」と書いてある製品、練り製品、化学調味­料、ドロッとしたソース類の調味料を買ってはいけない
7.食品表示を改正すべきである


https://www.youtube.com/watch?v=08a-lbgiVVc&list=ZXhpAwQs41jzvepRNlf5wti_ZCq0LACE&client=mv-google&guid=ON&gl=JP&hl=ja&app=desktop

テーマ:

2014/07/13 に公開

6次産業化に取り組んでいる事業者をシリーズで紹介しています。
◆インタビュー記事 http://www.6-ch.jp/tatsujin/0061.html
(2014年6月12日 取材・撮影/RPI)

vol.61 株式会社 粟(奈良県奈良市)
三浦雅之さん 代表取締役社長
三浦陽子さん 専務取締役

地元の宝物になるように育てていきたい6次産業化
だからこそ「ちいさな農業」でも構わない


『伝統野菜の復興で地域づくり』をテーマに、1998年から三浦雅之さん、陽子さん夫­妻が奈良市近郊の中山間地で取り組んでいるのが、奈良県内の在来作物の研究や栽培保存­。種を譲り受けるなどして二人が栽培してきたのは、大和伝統野菜を中心とした100種­類以上の野菜やハーブ。そして、さらにテーマを掘り下げていくための方法として、20­02年に農家レストラン「清澄の里 粟」をオープン。レストランの運営を通じ地域の人々との交流も深まり、三浦夫妻は、伝­統野菜の調査研究、情報発信を行う拠点として「NPO法人清澄の村」と、伝統野菜を栽­培し採種も手がける組織として「五ケ谷営農協議会」を設立。農家レストランも法人化し­て「株式会社 粟」となり、この3つの組織が連携して6次産業化を図り、農業や農村地域が自立できる­道を模索していく取組は「プロジェクト粟」と呼ばれ、注目を集めている。

◆農林水産業の6次産業化に関する情報提供 WEBサイト 「第6チャネル」
http://www.6-ch.jp/
http://www.facebook.com/6channel


テーマ:
自然栽培<無農薬無肥料>の梅(青梅)・(完熟梅)を直売します。

青梅

                (写真は6月4日の青梅です)

無農薬栽培ですので、見た目があまりきれいではないことやキズや病害虫によるシミがある場合がありますが、品質に問題はありません。
また、大きさも無肥料栽培ですのでまちまちでM~2Lサイズになります。

◇直売価格
 (青梅)¥2,200/kg (完熟梅)¥2,400/kg 
 
 (あばたもえくぼ)¥1,000「送料別」


◇配達は、鮮度を保持するため【保冷便】で行います。

◇出荷は、青梅は6月9日(月)より、完熟梅は6月12日(木)頃より、
 ご注文を頂いた方から随時、商品代金のお振込み確認後、
 3~5日以内に発送させて頂きます。

ご注文はこちらからお願いいたします。
オンラインショップfbcart:
http://shizentakara.cart.fc2.com/

自然の宝もの舎のfacebookページ

テーマ:
<FB直売開始記念特別価格〈期間限定〉にてのご提供の

 《終了のお知らせ》及び

【★幻のお米<平成26年愛知県藤岡産
  無農薬無肥料栽培米ミネアサヒ>】直売予約特別価格にての
ご提供の《ご案内》

お陰様を持ちまして、沢山の方々にご購入を頂きました、FB直売開始記念特別価格〈期間限定〉の直売を平成26年1月31日で終了させて頂きます。

ご購入を頂いたお客様、いいね!をして頂いた皆様、投稿をご覧になった皆様、大変ありがとうございました。

ご予約や特別価格期間中にご購入を頂いたお客様には、
引き続き直売をさせて頂きます。

さて、今年から不肖、中村正寿が妻美奈子の力を借りて、
本格的に自然循環栽培に取り組んで参ります。

不耕起自然循環栽培(田植と直播)、浅めの耕起<耕すことが不自然ですが・・・>自然循環栽培(田植と直播)、稲架(はざ)掛け<一部>にも40年振りに挑戦し、作付面積も若干ですが増やし、

更に美味しいお米ず作りに挑戦して参りますので、皆さま宜しくお願い致します。

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★

★幻のお米
 
<愛知県藤岡産 無農薬無肥料栽培米ミネアサヒ(平成26年産)>

      ご予約特別価格のご提供の《ご案内》

お米の特徴は、米粒はやや小粒ですが、まるまるとし、
光沢があります。 
炊飯した米は光沢があり、うま味・粘りに優れ、
コシヒカリに似た食味です。 
中山間地域のきれいな冷たい水で栽培され、
登熟期間は昼夜温に格差があり、 
稔実は良く、良食味となっています。 
ちなみに【ミネアサヒ】は「コシヒカリ」と「喜峰」という2種類の掛け合わせで、中山間地で作るのにぴったりの品種です。

炊きたてはもちろん冷めてからも美味しいのが最大の特徴で、 
お弁当やおにぎりにも最適で艶のあるお米です。

★幻のお米
  <愛知県藤岡産 無農薬無肥料栽培米ミネアサヒ(26年産)> ★

直売予約特別価格:玄米500円/kg <通常価格:玄米530円/kg>
         (消費税〈8%〉別・送料別)
         
     ①玄米 5kg= ¥2,500(消費税〈8%〉別・送料別)
     ②玄米10kg= ¥5,000(消費税〈8%〉別・送料別)
     ③玄米30kg=¥15,000(消費税〈8%〉別・送料別) 

              ※
送料について
 

ご予約概算数量は、5kg、10kg、30kg単位の発送数量で
お願い致します。
(ご予約例:5kg×6回=30kg、10kg×12回=120kg、30kg×3回=90kgなど組み合わせも可能です)

発送は、本年10月上旬~中旬に開始予定です。
(直売開始のご連絡をメールにてお知らせ致します)
(天候により多少発送時期が変動しますので、ご了承願います)

◇お支払い方法は、商品到着後、指定の銀行口座に7日以内に
 お振込みをお願い致します。

なお、 
*精米ご希望の場合は、別途精米料<10kgまで>を200円
 申し受けます。 
*精米した場合は、搗き具合にもよりますが約1割減ります。
*精米ご希望の方で、米糠をご入用な方はお申し出ください。 
*精米は発送日の前日に行い、精米日を明記します。

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*

ご予約は、米予約専用fbcartショップからのお申し込みいただくか、

下記をコピペされ、ご記入後、Hotmailにてお申し込み下さい。 
(ご予約E-Mail:shizen-takara@hotmail.com)

お名前: 様

郵便番号: -

ご住所:

ご連絡先電話番号:

ご希望商品名: 
★幻のお米
 <愛知県藤岡産 無農薬無肥料栽培米ミネアサヒ(平成26年産)>
 
☆ご予約概算数量: 
     ①玄米 5 kg x 回= kg
     ②玄米10 kg x 回= kg
     ③玄米30 kg x 回= kg  
         ◇総数量 kg 

※精米(精米料別途<10kgまで>¥200)ご希望の方で、
   米糠をご入用な方はお申し出ください

★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*★*

Facebook:全国自然栽培農家直売グループでの過去記事はこちら:↓

◇FB直売開始記念特別価格〈期間限定〉にてのご提供の《ご案内》
  (2013(H25)年12月1日投稿)

https://www.facebook.com/groups/452476101528880/permalink/459040154205808/

◇今年の無農薬栽培米ミネアサヒの食味(おいしさ)値結果票が届きました。
  (2013(H25)年12月19日投稿)

https://www.facebook.com/groups/452476101528880/permalink/466044096838747/

◆「四季折々の移ろい」や「旬」を忘れてしまった現代において、  安全で元気で美味しい旬の安心して食べれる物をつくり、提供をさせて頂くこと。 ◆身土不二・食養生や医食同源を実感して頂ける農産物、和洋ハーブ、加工食品の提供を通じて、皆様の健康と元気の源となること。 ◆自然循環栽培を実践し、地域に広め、自然栽培が当たり前の世の中すること。



Ameba人気のブログ

Amebaトピックス