やっぱり最低だった | ほどほどに結婚準備 〜アニヴェルセルみなとみらい卒花〜

ほどほどに結婚準備 〜アニヴェルセルみなとみらい卒花〜

2017年10月9日にアニヴェルセルみなとみらい横浜で結婚式を挙げさせて頂きました♡
それに向けての準備や本番の様子を記録していこうと思っています。
自己満なので更新頻度はマバラですが、参考になるものがあれば是非どうぞ(°▽°)


テーマ:

また炎上しそうな記事を書かねばならなくなってしまいました/(^o^)\

書かねばならないというか私の怒りが収まらないんですけど/(^o^)\

営業妨害だのなんだの言われて炎上してきたらアメーバ限定記事にしますね/(^o^)\


ちなみに外野に色々言われてますけど、先日のクレーム記事については式場側から全く何も言われてませんので。

外部からの圧力ではなく単に炎上の収束と身の安全のために限定記事にしました。

安くする代わりにあのブログ記事消してくれとか、そんな姑息なお願いをする式場ではないということは式場の名誉のために言っておきます。


それと、もうあの時のように誹謗中傷くると嫌なので一旦コメントとメッセージ停止します。すみません。卑怯者とでも何でも言ってください。


当日レポがずっと進んでなくてすみません、式場からの写真が来ないしいつ来るのかも教えてくれないのでいつ始められるかわかりません(^ω^)面倒なので聞いてもいません(^ω^)


レポで書こうと思っていましたが、当日、やっぱり何事もなくというわけにはいきませんでした。

途中で進行が止まるような大きな失敗はなかったけれど、色々ありました。

その中でも1番許せない出来事、昨日やっと詳細が知れたので話します。


当日、私のゲストで1人、「さっき違う会場案内されてびっくりしたわ〜笑」と話してくれた友人がいました。

私はその一言を聞いてギョッとしたのですが、アフターセレモニーで慌ただしく記念撮影等していた時に話しかけられたので深くは聞けず、一言「うそ!?ごめんね!」と言ってその場では終わりにしてしまいました。

友人自身も言った瞬間に、あ、これ言っちゃまずかったかも…と思い、それ以上話すのをやめたそうです。


式後お互い忙しかったのですが、昨日やっとその友人とゆっくり話す機会があったので、話を聞かせてもらいました。

友人は聞かない方がいいかもと言ってくれましたが、是非話してほしいと頼んで話してもらいました。


当日、共通の友人が誰もいないのに1人で私の結婚式に駆けつけてくれた大切な友人の話です。


私の式は11:15挙式なので、10:50集合でした。

しかし友人は遅れてしまい、11時ごろの到着となったそうです。

スタッフに式場を聞かれたので私たちの名前を話し、案内してもらいましたが、

ギリギリの到着なのにゲストがすごくマバラで、あれ?と思ったそうです。

しかもゲストがなかなか格式高い人が多く、やたらいいスーツ着てる人ばかりで、そういう感じなのか…と思ったとか。知り合いが誰もいない式なので確かめようがないですしね。

でもさすがに時間的におかしいと思って、その場にいるスタッフに声をかけたそうです。そうすると、「案内するのでお待ち下さい」とだけ言われ、仕方なく待つことに。

しばらくしてようやく「受付を始めますので2階へどうぞ」とアナウンスが。


受付をする方は新郎新婦のゲストの方です。普通にご祝儀を渡して、席次表を受け取り、


「パカっと開けた瞬間、いや誰やねんおまえら笑笑 照れ屋さんとか知らんがなってなって笑笑」


急いでスタッフに間違ってる旨を伝える友人。

するとスタッフの人、めちゃくちゃテンパりだし、


「ああ、遅刻してきた人ですね!!」


「いや、そうだけど、言い方………ってなって面食らったよね笑笑」

いやほんと、ゲストに非を認識させるこの言い方、あんまりすぎる、あり得ない…_(:3 」∠)_


スタッフの人が案内しようとしましたが、ここで友人、「ご祝儀もう受付の人に渡してしまったんですけど…」


するとスタッフの人、友人に受付から取り戻してくるよう指示。1人で。

自分と何も関係もない全く知らないゲストと受付の人が大勢いる前でご祝儀を返して下さいと言うのはとても嫌だったそうです。

しかもこれだとまるで友人が会場を間違えたみたいですね…。

現金をスタッフが扱えないという趣旨はわかりますが、スタッフが友人と同行して受付の人に説明してもらう等、やり方はあったと思います。


ご祝儀を取り返し、ようやく式場を案内されます。

色々な道を通り、とある扉を開けたところ、


「思いっきり新郎新婦で写真撮影してるとこ出ちゃって笑笑」


当日私は気づきませんでした/(^o^)\

この道はダメだとなり、違うルートで案内され、ようやく辿り着いたのは挙式が完全に終わってアフターセレモニーをしている時だったとのこと。

11時着なら式場がしっかりしていればまだ挙式に間に合う時間だったのに、不手際のせいで一切挙式を見れなかったと。

友人は見れなかったことを私に謝ってくれましたが、なんで友人が謝るんだよ…orz


そしてその現場でようやく私に会い、さっきまでの大冒険を勢いのまま私に話してしまった、といういきさつ。


問題はこれで終わりません。むしろこれからが私たちが1番キレたところです(*_*)


その後披露宴が普通に進行し、新郎新婦がお色直しで中座していなくなります。


そして会食中、男性のスタッフが友人に近寄り、

あろうことかその場で床に膝をついて「この度は…」とやり出したそうです。


え!?ここで!?と思ったし、周りの人もなんだ?と思って見てきたし、普通にそんなのやめてくださいって言うしかないよね、ここで初めて自分から式場にちょっと怒ったわ…式場間違えたくせに恥までかかせるのかよって思って…」


うーーーーわーーーーって声に出してしまう私/(^o^)\

思わず家で席次表取り出して、彼と一緒にその友人の周りにいたゲストを確認してしまいました/(^o^)\


おそらく、これまで散々クレーム入れてる新郎新婦である私たちに絶対知られたくなくて、そして当日に済ませたくてこのタイミングでの謝罪になったのでしょうね。


ありえないですね。怒りしか湧かない。

もうそのタイミングであれば騒動も終わってるし式場側も今回の件を一旦冷静に振り返ってどう対処するか考えられたと思います。

考えた結果が、当人の友人だけでなく、周りにいたゲスト何人かにも変な思いをさせてしまいかねない披露宴会場その場での膝付き事件…orz


友人が話してくれなかったら私たち、自分たちの結婚式でこんな最低なことが起こってるなんて一生知りませんでした。

色々ありましたけど一応式場に感謝して、最後の荷物受取の時に菓子折りを持ってお礼までしました。

裏でこんな風に式場に裏切られていたなんて。


もうここまでくるとほんと、はっきり言いますけど、まだ間に合う(検討中だったり、契約したけどキャンセル料発生してない)ならこの式場、やめとけ皆さん…。

新郎新婦に落ち度がないのに式場側がゲストに失礼をするって、絶対にしてはいけないことだし、しかもお祝い事でゲストが新郎新婦本人たちに悪いことを言いにくいという状況を利用して新郎新婦にバレないようにするって、本当に式場の質が知れますよ。

友人があの時口を滑らせなければこのことはずっとゲストしか知らずに、私たちは私たちの結婚式に安くないお金を持って駆けつけてくれたにも関わらずそこで最悪な思いをした友人に、謝ることすら出来なかったんですから。

例えば後日、迷惑を被ったゲストに式場が丁重に謝罪し、式場が「企業として新郎新婦にも謝罪申し上げたい」と申しでた上で、ゲストが「自分のことで新郎新婦に嫌な思いさせたくないから言わないでほしい」と言ったので伝えないことにした、ならわかりますが、ゲストの意向ありきなことが絶対条件であって、新郎新婦に隠すことを式場側が判断するのはおかしいと思います。

勇気を出して言いますけど、紛うことなき最低なサービスです!!


それでも立地と箱は最高な会場だと思いますので、あとはご自身の判断で。

ただ当日のサービスだけは、いくらお金を積んでも新郎新婦にはどうすることも出来ませんからね。私もあれだけ当日のスタッフの連携はしっかりしろと言ってますから。

もうキャンセル間に合わない方は、頑張って式場と戦ってください、そんな方のためにこれからも私はブログを書きますから…笑


もう式場にはお金全部払ってるし全て終わったことなのでクレーム入れたところでどうにもならないしここで吠えときます。。


友人には今度ご飯でも奢ろう…嫌な思いさせて本当に申し訳ないorz


追記

アメンバー限定記事を全体公開にしました。

また炎上が酷くなったら公開をやめるかもしれませんが、宜しければご参考下さい。

ゆゆさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。