にっき。

にっき。

支店長の日常やライブのレポもどきの感想を吐き出します。

記事の無断転載はお断りします。

もし引用・転載などご希望がありましたら、必ずご連絡ください。よほどのことがなければ許可する方向で考えていますので、よろしくお願いします。

Amebaでブログを始めよう!
久しぶりの投稿はPCネタです。

Office365を使っている会社も増えてきたと思うので、そんな方向け。

利用環境
Windows10
Internet Explorer11

ユーザーから
「同僚のパソコンが壊れて修理を依頼したけど、今日治るか分からないと言われた。自分は午後から終日外出なのでパソコン使わないから、同僚にOffice365を使ってもらいたいが、可能か」
とのこと。
個人フォルダにその同僚に見られたらまずいものはないか確認して、問題はないとのこと。
メールも使いたい、とのことでOutlookにアカウント追加することも考えたけど、使うのは半日程度(の予定)。

それであれば、Office365を一旦サインアウトして、同僚のアカウントでサインインしなおせば、web版Outlook使えるから、それでいいんじゃないか、ということに。

で、早速本来の利用ユーザーにOffice365からサインアウトしてもらう。
(画面右上のアイコンクリックしてサインアウト)

少し待つと画面にサインアウトできた旨が表示されるので、出て来たら開いてるブラウザと念のため全てのOfficeを終了してもらう。

再度IEを起動して、Office365のトップ画面を開いてもらう。

通常ならこれでサインイン画面が出るはずなのに…元のユーザーでログイン済の画面になってる!!

サインアウトしたはずなのになーと思い、こういう変な時はIEのキャッシュ削除だろ、とそれを依頼。
(ツール→インターネットオプション→履歴欄で削除ボタンをクリックして、必要な項目選択して削除)

それでもサインアウトができていない状態は続き、ググって見つけた答えがこちら。

①IEやOfficeすべてを閉じる
②Windowsのスタート→設定→アカウントをクリック
③「職場または学校にアクセスする」をクリック
④サインアウトできないアカウントが表示されているので、それを選択して切断→削除
⑤IEやOfficeを開き、サインアウトし一旦終了
⑥IEやOfficeを再起動

これで無事にログイン画面登場~。
これ見つけるまで長かった(´ω`)


Microsoftの「学校や企業でのアクセスを容易にするためサインイン状態を維持する」という優しいんだか余計なお世話なんだか分からない機能のせいみたいですよ。

ちなみに
IEのリセット
パソコン再起動
Windows資格情報の削除
はやっても意味なかった。

2014年頃の情報だと、信頼済みにオフィスのポータルサイト登録する、というのが出てくるけど意味なし。
レジストリいじるのも(value値の変更)あったけど、その項目そのものがなかった。

ま、問い合わせしてきたユーザーさんが良い人で&リモートできる状況で良かったよ~ニコニコ

調べてるとChromeではこの状況出ず、Microsoft Edgeだと出ている模様。やっぱりか…


電話切った後に思い出したけど、一時的ならIEの「InPrivateブラウズ」使っても良かったのかも。
※IEの履歴とか、クッキー使わず閲覧するもの。
セーフティからInPrivateブラウズ選ぶと別ウィンドウ出て、利用可能
2017年が過ぎ、あっという間に2018年を迎えました。

2017年はKinKi Kidsにとって、20周年という記念の年だったけれど、同時に剛さんの突発性難聴発症というとても辛い年にもなりました。


98年からライブに参加し始め、気づけば今年でファン20年です。
2017年は、夏のpartyも冬のコンサートも、復活の場となったドリフェスにも参加でき、かなりKinKi Kidsには恵まれた年になったと思います。


もう以前のようにはメモも取ってないし記憶力も曖昧になってしまって(昔は確実にレポ脳になってたと思うよ)レポは書けないので、2017年を終えて感想だけ。


剛さんの耳が少しでも、少しずつでも回復することをただただ祈ります。
冬のね、コンサートで剛さんのソロを見てたら切なさと共に喜びも感じたの。
PINKインストでのダンスは、すごかった。
東京は2日ともサイドからで正直モニターも見づらくてそこまできちんと見れてない感じがしていて。

大阪の特に最終日。ビスタだったんだけどほぼ正面で本人もモニターも見放題で、ものすごく真剣にソロを見た。

剛さんは踊ることでも音を奏でることができるし、その世界に言葉をつけることができるなって思った。

元々剛さんのリズムの取り方が大好きだから、今回余計に決められたダンスではない魅力が溢れていたな、と。
Twitterのレポでは、あのダンスにこういうことを表現してるのかな?っていう推測がいくつか流れてきていて、私には難しいことはよく分からないけど、あの空間には何かしらの物語があったと私も思ってる。
(正解は剛さん本人しか分からないし、推測もしないけど。)
そしてその世界に息が詰まりそうにもなったし、ふっと肩の力が抜ける瞬間もあった。

そしてそのあとの、これだけの日を跨いで来たのだから。
横浜タンクの初期と、そしてライブハウスで(札幌かなぁ)の歌声を私は思い出してました。
心、愛の叫びと天に届きそうな歌声。
本当に片耳ほぼ聴こえない状態での歌声か、と思うくらいで。

東京初日はまさかこれがくるとは思わず、何かびっくりすしすぎて泣くとかではなく、思考停止してたのかな。あんまり前半記憶なく、後半の繰り返しでコーラスの方々がエンドリのときと同じ手の振りをしていたのがなぜかとても嬉しかった。

この曲を聞いたあと、私は毎回一瞬だけ「剛さんが何をしたってゆうんだよーチクショウめ、このやろー」と神様にケンカを売りたくなってました。

そうそう。KinKi Kidsというタイトルで光一さんの話を全然書いてなかった。
光一さんに関しては、突破…じゃない。Topaz Loveへの自信がすごい。
ある意味愛かたよりすごいんじゃなかろうか。
それはイコールKinKi Kidsに対しての自信なのかもしれないけど。
私もこの曲ものすごく大好きで、追加でもうワンセット予約したけど更に追加しようか当日買おうか迷ってるくらいでね。また渋谷TSUTAYAで袋つくなら買っちゃうと思う。

ただそれとは別で、お互いについて、KinKi Kidsについてもう少しちゃんと二人で話あって欲しいな、と深く思った。
今回のことについてではなく、今後についてもさ。
話さなくても分かる部分ももちろんあるだろうけど、でもだからこそ、改めて話し合うことは大切だと思うのよ。

あと電車での優しさの解釈は私は完全に剛さん派です。
空いてたら最初から座らずあとから来たお年寄りや体の不自由な人が座れるよう、自分は座らない、というけど、剛さんも言ってたけど、あとから来た健康な人が座って、その更にあとからお年寄りが来たらその席譲らないかもしれないじゃない?
だったら自分が座って確保して、来たら譲るっていう方が優しいと思う。

昔実際にそういうの見たことがあって。
駅に電車がついてドアが開いたら、突っ込むくらいの勢いで座る人がいて(その駅は乗り換えが多くて乗降客が多い)、なんだよ、と思ったら後ろの方に並んでた松葉杖の人がきたら、ちょっと遠くだったんだけどカバン置いて声かけに行って席を譲っていたの。
きっと並んでるときに気づいて、自分は一番前に並んでるから席確保して譲ろうと思ったんだろうな、と。
別にその人たち知り合いでもないのにね。

だからさー。自分が座らないのは自由だけど、それを優しさだっていうのは単なる自己満足じゃないかな?って思ってしまう。
伝わらなきゃ優しさにはならなくない?


って大幅に話がずれたけど。
とにかく、今年がKinKi Kidsにとって良い年になるといいねって話ですよ(ぇ

なんか大半が剛さんの話になってしまったけど、KinKi Kidsが大好きで大切なので。
応援できる人が生きてステージに立ってくれている、という喜びを噛みしめ、それぞれ個人にとってもKinKi Kidsにとっても、良い年だったと笑顔で締めくくれる1年だといいなぁ。
それは、私たちファンも、だけどね。




上映会はこれからDVD発売されるので割愛。
大きなスクリーンで見る映像は迫力満点でとても格好良かったです。

以下、感想中心のレポ。


上映会終わって少しすると司会の男性登場して、メンバー呼び込み。

ステージ上手から欣ちゃん、沖さん、GAMOさん、谷中さん、はじめちゃん、川上さん、加藤さん、北原さん、NARGOさんの順番。

登壇すると、メンバーの皆様口々にスクリーン大きいね、とか、(ステージ)広いね、演奏したくなっちゃう、とか。
そんな中、GAMOさんとはじめちゃんと、川上さん?のマイクが入らないトラブる。
欣ちゃんが電源ちゃんと入ってる?とか基本的なこと確認してたり、マイク入らないこといいことに、はじめちゃんは誰かの物真似(松山千春さんだった)始めたり自由。

ぐだぐたなのが少し収まってから、司会の方が「今DVD見てもらいましたが、武道館の思い出いかがですか?」と質問するも、誰が答えるんだ、みたいな感じで、苦笑。
加藤さんが「誰か(答える人)指定して下さい」って。
確かに私も思いました(^_^;)


武道館の思い出
欣ちゃん→ドラマーズとして4人のドラムとコラボしたけど、リハーサルできたのはアジカンのみ。モンパチと10-FEETとは事前リハーサルできず、当日のみ。二人が入るときにあったけど、すごい顔してた。みんなに手紙をしたため、結果素晴らしい演奏ができた。

加藤さん→当日着替えが4回あって(はじめちゃんが、5着じゃない?とちゃちゃ。谷中さんが4回着替えて5着。4泊5日みたいなものでしょ?と諭してたw)、DJとかで繋いでではなく、何とかアレンジして誰かの演奏のとき(沖さんの君と僕のときに他の皆が、とか)他のメンバーが着替えて、とかだったけど、いわゆる早着替えで、汗もかいてるし、早着替えのリハーサルはしてなかったから大変だった。
北原さんが、僕してたよ?ネクタイとか前日リハのとき、緩く結んで首通して締めるだけにして、とか用意したよ?
と話してたら、誰か(失念)が「さすがA型乙女座!」と。
加藤さんも同じA型乙女座だね、と北原さんが言ったら急かさず加藤さん「今言わなくていいから!」とばっさり(笑)

あと、何かの話から、GAMOさんは驚きすぎだ、と。武道館入るとき?に前をGAMOさんが歩いてたから、後ろから声かけたらすごいびっくりしてた、と。予測できるでしょ?と。
ちなみに今日の入りのときもNARGOさんが後ろから声かけたらびっくりしてたそうだ。


メキシコライブの話
谷中さんには、MCで何話してたの?との質問。
アルゼンチンの超有名バンド(日本で言ったらサザンくらい)のゲストとして演奏したから、その歌手(名前失念)は最高だ!彼らのために演奏するぞ、という話と、次に演奏する曲は日本に上を向いて歩こうという曲があって、こういう歌詞だ、と歌詞を朗読した、と。
普段は手帳(メモ)見ないで全てMCするんだけど、今回は歌詞もあったから初めて手帳見ながらしゃべった、と。

加藤さんとGAMOさんは水にあたって急性胃腸炎で直前まで入院ひていたそうな。
加藤さん、胃をぐっと掴まれるような痛みが5分おきぐらいに襲ってきてマネージャーに病院に運んでもらった、と。
GAMOさんも同じ症状だけど、少し軽くて何とか自力で歩ける程度。あとからGAMOさんが運ばれたの聞いた加藤さんがマネージャーにGAMOさんの様子どう?と聞いたら「駐車(点滴)嫌がってます」の答え(笑)
GAMOさんこの歳まで点滴したことない(会場からえーー?ってどよめきが)。健康に生んでくれてありがとー!とお礼も(笑)
で、GAMOさんは点滴いらないから、薬だけくれ!と訴えたらしいけど、頑なにまずは点滴しないと薬は出せない、ということで仕方なく点滴したらしい。

加藤さんが運ばれたとき最初は2~3日入院、と言われたけど、翌日ライブだったから「○○(6万人以上入るめちゃくちゃ大きいススタジアム)で明日ライブやるから、なんとか1日で回復しないと」と言ったら、最初「は?何言ってんの?こいつ」みたいな顔された、と(笑)痛すぎて朦朧としてるのかと思われたらしく、その有名バンドのゲストで呼ばれてって説明したら段々分かってくれ、看護婦さんとかもバンドの名前だしたら、え?って感じで段々集まってきたとか。
で、それならよく聞く点滴に変えよう、と。それがすごくよく効いて、最初からそれにしろよ、と思ったらしい。
本当によく効いて、退院したのライブの数時間前だったらしいけど、下手したらいつも以上にライブでは元気だったらしい。
欣ちゃんが「メキシコだし、点滴何か入ってたんだよ(笑)」と(^_^;)
水には気を付けます、と。

ちなみにNARGOさんは着いたらまず水を買うのが恒例になっていて、始めは2リットルだったのが、すぐ飲み終わっちゃってて次は4リットル、でもそれもすぐ終わって、最終的に20リットルの水を買って持ち運んでいたそうだ。


質問コーナー
質問1
日本ではライブ中カメラとか禁止だけど、先日アジカンとかでは1曲だけカメラOKだったけど、スカパラではそういうのはやらないんですか?と。
(ちょっと質問わかりづらくて、加藤さんと谷中さんが質問纏め直してた(^_^;))

→スカパラライブは基本踊ったりのったり、その前にカメラとか来ると邪魔になるから、そういうの良しとしないのが日本人の美徳みたいなとこもあるし、メンバー的には撮るのに夢中じゃなくノッたり踊ったりしてほしい。前回フリーライブで一曲だけやって面白かったから、今後フェスとかではそういうコーナーみたいなの考えるかもしれない。

質問2
自分の普段演奏している楽器以外で、メンバーの誰かの楽器をするなら、何をしたいですか?


NARGOさん:ギター。
買ったけど指が届かない(動かない、だったかな?)で駄目だったから。

北原さん:ドラム。
トロンボーンは指の動きもないし、ドラムは手も足もバラバラに動いてすごい。かっこいい。それかギター。どっとも手指動かすからボケ防止、と(笑)

加藤さん:トランペット。
NARGOの吹きかたとかもかっこいい。と真似したらメンバー皆に笑われてて、俺駄目でしょ?と。以前ファンクラブ限定サイトで、メンバーによる楽器指導みたいなコーナーがあったから、今度お互いに(NARGOと加藤さんで)教わりたい、と。

川上さん:ギター

はじめちゃん:ピアノ
自分のは打楽器で音階がそんなないから、ピアノ音階があるのいい。ギターは上手い、と報告もあり(笑)

谷中さん:サックス。でもサックススカパラにいないから、テナーサックス。そのあとギターも、の話から川上さんに昔ギター買ってたよね、とばらされる(笑)デビットボウイを真似して買って練習したらしい。さらに、沖さんにトランペットも持ってたよね?と暴露されてた。谷中さんなトランペットは音が大きいらしい。

GAMOさん:ベース
基本的に何でもできる。敢えて言うとベースかな?と。前に他のメンバーがGAMOさんがギターとボーカルやってるバンド見に行ったことあるそう。ピアノも上手くて、前にロックインジャパンフェスで直前で沖さんがアキレス腱切っちゃったことがあって、曲入れ換えたんだけど、一曲だけどうしてもイントロでピアノの音が必要で、俺がやると。かっこいいと加藤さんは思ってたけど、本番隣にいたら(フェスは基本的にリハなしのぶっつけ本番)、いざイントロでピアノばーんって弾いたら音が大きすぎて自分でびっくりして、あとすごーく小さく弾いてた、と。加藤さん曰く「ピアノの音最初の入りしか聞こえなかった」とのこと。

沖さん:ギター

欣ちゃん:ギター

(GAMOさんのフェスでの自分のピアノの音にびっくりの件で笑いすぎてそのあとの記憶がない…(^_^;))


質問3
10-FEETもスカパラと同じくらい好きなんですが、武道館のあの選曲の理由は?

→ホーンアレンジとかも考えて総合的に。すごくあの曲気に入ってます、と。


質問4
昨日大阪で同じようにトークショーイベントをやったけどその写真を見たら、谷中さんの足に加藤さんが座ってるように見えたけど、真相は?

→実際は座ってる訳ではなく、前にいた加藤さんが谷中さんの前に被って重なってるように見えるだけ、と。



最後に皆さんそれぞれから一言、で、NARGOさんはこのあとスカパラはインドネシアに行く。最近危ないと言われてるから、ホテルから1歩もでません!と。
(最近地震もあったらしいから皆さん無事に帰ってきますように…)

川上さんは、最近さかなクンに喰われてる感じもあるけど、スカパラまだまだ頑張ります、と。コラボシングルも実は録り終わってるのでまた楽しみにしていて下さい、と。

加藤さんは、このあと全員ではなくバラバラに全国飛んでDVDの宣伝回るけど、どうか北原さんと一緒になりませんように、とか(笑)でも、結局どこかで二人になるらしく、北原さんA型乙女座同士頑張ろう!と。


思い出せる限りそんな感じかなぁ。とにかく映像はめちゃくちゃかっこよく、そしてトークショーは笑い満載でとにかく楽しかった!はやく次のスカパラ行きたくなりました!
2015/09/11~13

堂本剛 奉納ライブ@平安神宮

今年も参加して参りました。
平安神宮ライブ。

今年はメンバーも剛さんも「異例」という好天の元のライブでした。

メンバーは、並び順で左から

コーラス
Lyn Inazumi
平岡恵子
kAORU

パーカッション
スティーブ・エトウ

キーボード
十川ともじ
SWING-O

ドラム
屋敷豪太

ベース
森多聞

ギター
竹内朋康
佐藤タイジ

トロンボーン
サスケ

トランペット
小澤篤

サックス
かわ島崇文

ダンサー
SHOKO
ERIKA
TAMA


セットリスト
1.瞬き~涙奏
2.Help me  Help me…
3.Love is the Key
4.いとのとち
5.I gotto take you shamanippon
6.Clap your Mind
7.Now's time the change the world
8.PINK
9.Inst(セッション)



年通り、開演時間近づくにつれドライアイスの煙が充満して、ライブへの期待が満ちていく感じ。

以下、思い出し順でいくつか。


開演時間過ぎてしばらくすると、SWING-Oが登場しキーボードへ。
続けて剛さんが一人。
拍手のあと、「瞬き」が。

キーボードだけの瞬き、平安だけの歌詞替えなどもあり、真っ直ぐと空へ伸びる白いライトと一緒に、剛さんの歌声が真っ直ぐ空に伸びていき気持ちのいい始まり。

続けて「Help me」で、前奏の時に最終日剛さんが空を見上げていて。
ライトに照らされて、シルエットのように見えた剛さんが、表情までは分からないけどとてもとても綺麗で。
ふと、視線を下げるとバンドメンバーや私たちファンが映ると思うんだけど、その目に映る景色が剛さんにとって幸せなものであったらいいな、と思ったら珍しく涙が止まらなかった。

続けてインスト?和FUNKでかっこよく、コーラスも印象的で良かったなぁ。
剛さんはテルミン?みたいなもので参加してた。

そこから十川さんのキーボードで始まるLove is the Key。
時にI LOVE YOUと歌詞を替えて歌っていて、何故か野外なのに初めて聞いたタンクの雰囲気を思い出していました。
3日間の中で最終日が一番風が強くて、シャボン玉がすごい勢いで飛んできて何度か顔にぶつかってたけど、ライトに照らされてキラキラして、綺麗だったのでぜひ映像化を望みます。

いとのとちの時に炎がゆらゆらと上がるんだけど、炎とタイジと竹内くんが合いすぎて、ここはかなりの確率でギターあたりを見ていた。野生感!(笑)

そしてしゃまにっぽん。
そうそう、今回しゃまにっぽんからダンサーさん登場するんだけど、3名いて、初日は顔見えなくてショーコさんとエリカさんと、あと誰だろ?と思っていたら、まさかのTAMAちゃんで!!
めちゃくちゃ嬉しかったー(*´▽`*)
ダンサーさん3人の扇子をヒラヒラさせながらの着物でのダンスが格好良かった!
あと、タイジのOh! Yeah! コーラスが強くて流石!と思った。
メインボーカルの人の声量と迫力ね。

続けてClap~
気づくとTAMAちゃんいなくなってダンサーさんはSHOKOさんとERIKAさんの二人に。
剛さんもノッて軽くステップ踏むこの曲は剛さんばかりみていたなあ。
剛さんの、がっつり踊る姿も大好きだけど、軽く音にのるのにこんなにカッコ良くのる人ってあんまりいないと思ってるので、堪能しました。


Now's time the change the worldはアレンジ版。かなり変わってて最初何の曲か分からなかった(^_^;)
ここでダンサーさんは3人に戻り、和傘使った振りもクルクル回したり、目にも楽しい曲だったな(°▽°)
HIGHERの時の振り、お客さんの中でも、コーラス派とダンサー派(+CCKのときのハイヤー振りも)と分かれててちょっと面白かった。


PINKは、前回聞いた石舞台では木にピンクのライトで桜が咲いたような演出がとても好きだったんだけど、今回はとにかく歌声に震えた。
ガサガサの痛み剥き出しの当時の歌声、癒えてきて思い出すこともできるけど、まだ痛みがかなり残る石舞台。
今回は痛みさえも包み込める優しさと強さを持った歌声のようで、昔のような辛さを思い出しての涙は出ず、ただただ時の流れを(良い意味で)感じた曲中だったな。
間奏に入る十川さんの力強いキーボードの音と、すべてを包み込む優しさをもったかわ島さんのフルートがとにかく素敵で。
この空間に入られる自分が凄く幸せだった。

そして歌い終わり、3日目だけだったと思うけど、剛さんの後ろから白と赤のライトが後光のように、光の回廊のように剛さんを照らしていて、3日目有り難いことにど真ん中だったのでその光の回廊の中に入る体験ができて、息を飲むとはまさにこのこと、としばらく身動き取れなかった。

そのあとは剛さんから始まるセッション。
バンドメンバーは、竹内くんから開始して次々とソロが変わる。
ここの竹内くんのギターがなんだか個人的に懐かしくて、スパバタを思い出してました。いや、別にスパバタの何かのフレーズな訳ではないんだけどさ。

タイジのソロは重ーいギターでカッコいい!あと、タイジは他の人の演奏してるときの盛り上がりが楽しそうでノリノリで見てるこっちも楽しくなる(°▽°)

SWING-Oの時ボコーダー使って、徒然なるままに、と吟っていてちょっと面白かった!いつもSWING-Oのソロは何かしてくれるので楽しい♪

2日目、コーラスの方々がよく見える席だったんだけど、Lynちゃんの歌声はとても(女性には失礼な冠かもしれないけど)野性的で、カッコいいのよね。

恵子さんは大人の余裕を感じさせるよね。声が楽器にも聞こえる不思議な声で、とても和な感じ。

KAORUちゃんは、スタイルの良さと、客席を何度も見て笑顔になるのが大好き!
その笑顔でこっちもニコニコしてしまったよ(°▽°)

あと相変わらずスティーブと豪太さんの打楽器の攻防がもう痺れるほど格好良く。
セッションあんまり好きじゃない人もいるんだろうけど、時間が許すならセッションは私は欲しいなーと思う。
剛さんのセッション中の、冷静な指差しが大好きでねぇ。
剛さんのノリつつ没頭せず冷静な頭は、長年ステージに立つ人ならではなんだよねぇ。


演奏終わって剛さんからの挨拶と、合同参拝とメンバー紹介。
二日目ちょっとだけばらつきあった気がするけど、本当に何の打ち合わせもなく、二礼二拍手一礼がこれだけの人数で合うのってすごいな、と思います。
終わったあと剛さんが「滞りなく終わりました」と言ってくれるのも嬉しい。


今回の奉納ライブは、「痛み」がテーマ。歌うと痛みを思い出してしまう楽曲もセットリストにいれました、とのこと。
今年はいのちを考える色々なお仕事もさせていただいた、などのお話もあり。
今回来れなかった皆様も含め、自分らしく素敵にいられるよう、剛さんお祈りしてくれるそうです。

たくさんの感想を、既に目にされてると思うので、個人的には、剛さんがいかにファンのみんなを愛してるか、そして音楽をできることを全うしているか。
優しさ、強さ、そして可愛らしさ(1日目、2日目ともに挨拶入るときマイク丸テーブルに置いたの忘れてて、あって感じで取りに戻ってた)を感じた3日間でした。


色々なことたくさんあったけど、剛さんからの最後の「お風呂入って寝ろ」をそろそろ実行しようと思います。


文字ミス思い違い、勘違い、捉え方の違いはご容赦下さいm(_ _)m