下町ボブスレーオフィシャルブログ

下町ボブスレーは大田区の中小零細町工場が中心となり、世界の舞台で戦える国産マシンの開発をしようというモノづくりプロジェクトです。


テーマ:
5月21日に大田区産業プラザで

下町ボブスレー全体開発会議が行なわれました!

前回の会議に参加していただいた企業を中心に呼びかけて

大田区の中小企業50社が参加していただきました!ありがとうございます!





会議の冒頭でプロジェクト推進委員会の細貝委員長より

2号機ともう1台、、、

なんと
3号機を製作すると発表されました!!




ボブスレー日本代表はソチ五輪の出場権を獲得するために

10月からのシーズンで北米での海外レースに多数参戦し

ポイント獲得を目指します。


しかしながら往復に多額の輸送費がかかるために


新型を2台製作し

2号機は海外に遠征専用にして、3号機を国内に配備。

2号機の海外での実戦データを3号機に反映させ


ボブスレーマシンを

ソチ五輪までに新型台態勢でバージョンアップ!します。

これはかつて1983年、ホンダF1がエンジン供給という形で

F1へのカムバックをしたホンダF1第2期と呼ばれる時代に


車載センサーからリアルタイムでデータを収集し

衛星回線を通じて日本で分析を行ったテレメトリーシステムに通じる仰天計画です!





会議には約50社が集まり

1号機とその図面200枚がテーブルにずらりとならべられました。




参加した企業の経営者や技術者が図面をみながら

各社で加工できそうな図面に社名を記入していきます。







6月末に新型下町ボブスレーの図面が完成し

7月に図面が配布される予定です。




1号機はレギュレーション最大サイズで製作したが

新型の2号機と3号機は
サイズを45cm小さくし

小型軽量化を目指すという開発方針も発表されました。






ボブスレーは0.1秒を競うために、小型軽量化することで

スタートの助走でより加速をするのと

ソチ五輪のコースの特性に合わせたマシンを製作するとのことです。




ボブスレーの実機を囲みながら

1号機に製作に携わった企業と新規企業と意見交換が活発に行われ

新型のボブスレー部品を製作するイメージを膨らませていました。




また広報チームより、樹脂加工やプレスを得意とする企業で実際のソリ製作に携われない方々へ

今後企画されているイベントボランティア等でPRに協力してほしいと声をかけさせていただきました。

いよいよ新型ソリの製作が目前に迫ってきました。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

下町ボブスレーさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。