第6回はんだ山車まつり | 空想俳人日記
2007-10-07 23:06:44

第6回はんだ山車まつり

テーマ:俳人

 第6回はんだ山車まつりが開催されました。これは5年に1回の出来事らしいので、ちょっと大変です。経緯は定かではありませんが、昭和54年5月に開催された第1回から数えて、既に5回、半田市内10地区から集結した31台の山車が、豪壮に曳き廻され、精緻な山車彫刻や豪華な幕が見物人の目を楽しませてきました。

 もともと、この半田の山車、半田市内の毎年3月下旬から5月上旬にかけて行われる10地区におけるお祭り。その祭礼、古くから地域に伝わり、今でも伝承されている。江戸時代に製作された山車もあり、山車の数は計31台。山車で有名な高山からすれば、知名度はないにしても、その数は凄いと思う。もともと、春の行事、週を変えてバラバラ(いや、それは各地理由はありますがね)行われているのを集結したら、なんと31台というパワー。で、商工会議所の努力も含めて、5年に1回などという、超ロングスパンなるイベントが出来ました。

 山車と言うと、中部では高山あたりが全国区。でも、完璧なる観光目当ての山車は、高山をはじめ、全国に数ありますね。そして、人集めのためのパワーも、もともとありますね。それに比べて、半田は、簡単に言えば地味なんですね。地元だけで完結している。私なんかも、今では半田住民ですが、家庭を持つまでは名古屋住民ですよ。半田の「は」の字も知らない。

 それが、毎年春の、各地で行われる山車祭り、なんかわくわくしてるんですね。だから、私は、今回の5年に一度よりも、毎年の方のがほんとは、好き。どんな春のイベントか、ちょつと紹介。








 春の山車祭り日程表













































地区名祭礼日主な行事
乙川
3月下旬山車4台による町内曳き廻し 乙川八幡社・若宮社にて勢ぞろい 三番叟、からくり人形奉納、宵宮
岩滑新田
4月中旬山車2台による町内曳き廻し 神明社にて勢ぞろい 三番叟奉納、宵宮、餅投
岩滑
4月中旬山車2台による町内曳き廻し 岩滑八幡社にて勢ぞろい 三番叟、神子舞奉納、花火、宵宮
上半田(ちんとろ祭)
4月中旬山車2台による町内曳き廻し 住吉神社にて宵宮、ちんとろ舟2隻、花火、子供三番叟奉納
協和
4月中旬山車2台による町内曳き廻し 白山神社の急坂道の上げ下ろし 三番叟、巫女の舞奉納、宵宮
成岩
4月中旬山車4台による町内曳き廻し 成岩神社にて勢ぞろい 県文化財大獅子小獅子の舞、巫女舞、三番叟奉納、宵宮
西成岩
4月中旬山車2台による町内曳き廻し 成石神社にて勢ぞろい 三番叟、巫女の舞奉納、宵宮、餅投
板山
4月中旬山車4台による町内曳き廻し 板山神社にて神子舞、三番叟奉納、宵宮、八幡神社にて県文化財・板山獅子舞、神子舞、三番叟
下半田
4月下旬山車4台による町内曵き廻し 業葉神社・山之神社にて勢ぞろい 宵宮、からくり人形奉納、巫女の舞奉納
亀崎(潮干祭)
5月3日

4日
県文化財山車5台による町内曳き廻し 神前神社・尾張三社にて勢ぞろい からくり人形奉納、神前神社前の海浜にて山車5台による曳き下ろし

山車行事は、国の重要無形民俗文化財に指定


 そんなわけで、5年に一度。毎年のイベントの宣伝になればいい。他の地域のような観光化よりももともと地域の想いで受け継がれている文化。だから、今でも廃れず31台も山車がある。そんな宣伝に、日ごろ要予約のミツカンさんの見学も「どうぞ、いらっしゃい」。中埜社長も5年に一度だからこそのお出迎え。とにかく、みんながんばったね。


 そんな5年に1回のイベントを多少なりとも納められれば、そんなキモチでシャッター切りました。見て下さいな。




第6回はんだ山車まつり


第6回はんだ山車まつり
by (C)shisyun


10月第1土・日曜日 5年毎:2007・2012・2017・・・

場 所:・愛知県半田市

問い合わせ先:半田市観光協会:電話:0569-21-3111 (内線309)






shisyunさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス