ブラックモアズ・ナイト「ホーム・アゲイン」。木山裕策「home」「旅立ち」。中村雅俊「ふれあい」。東京ガスの一連のCM動画。ダスキンの「ミスタードーナツ」。「緑色の魔力」のつづき。エリザベス女王。ステイホームって…。皇室テレビ番組。リッチー・ブラックモアさん。

 

にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 

各コラムで紹介した曲目リストは、「目次」で…

  

あの曲や動画はどこ… 音楽家別作品

 

*今後の予定曲

 

音路(28) ホームは人がつくるもの



◇「緑色の魔力」つづき

前回コラム「音路(27)緑色の魔力 ~ グリーンスリーブス」では、英国王室のことや、古いイギリス民謡「グリーンスリーブス」について書きました。
前々回コラムより、ロック音楽界のスーパースターで、名ギタリストのリッチー・ブラックモアさんの楽曲を紹介していますが、今回もブラックモアズ・ナイトの楽曲他を紹介します。

英国の古い「緑色の伝説」について、ご興味を持たれた方が多く、「グリーン」に関する いろいろな情報を頂戴し、誠にありがとうございました。
私は普段、甘いお菓子のドーナツを食べる機会は少ないのですが、どうも今頃は、甘味系のグリーン色のお菓子が相当に多いようです。
そういえば、近年のスーパーの菓子陳列棚には、緑色の抹茶バージョンの菓子がズラリと並んでいます。

ミスドの「つや抹茶」CM動画

 

ネット上には、株式会社ダスキンが運営する「ミスタードーナツ」の各種抹茶ドナーツの食べ比べ寸評動画もたくさんありますね。
昭和のオジさん世代には、「ダスキン」と聞くと、どうしてもあの「玄関マット」や「掃除用モップ」を思い出しますが、若い世代は、完全に「ミスド」のダスキンのようですね。

まさか、食べかすを掃除するモップのためのドーナツとは…。

マットを敷くためのミスド店舗とは…さすが大阪の企業です。

* * *

1990年代の、ダスキンの「これぞ大阪」という衝撃的なテレビCM動画です。
出演者の方々の個性や内容が強烈で、どこの会社のCMだったか忘れてしまいそうです。
ミュージシャンのさだまさしさんと、今は亡き人気アナウンサーの逸見政孝(いつみ まさたか)さん、そして当時100歳超のきんさん、ぎんさんが登場します。

ダスキン・モップのCM

 

ダスキンCM(きんさん・ぎんさん)

 

株式会社ダスキンの本社は、大阪府吹田市(江坂)で、大阪市中心部からも近く通勤圏内です。
「太陽の塔」が残る「万博記念公園」は、吹田市にあります。

大阪のコロナ…、ダスキンさんのチカラで、なんとかして~な。
ホンマに、たのんまっせ!
100番 100番!
(注:コロナ関連相談の専門の電話番号ではありません)

* * *

さて、お話しをかえて、英国のエリザベス女王の、素敵な「緑色」のご衣裳の動画をここで…。

素敵な緑色ドレスの女王陛下

 

英国王室では、このような女王陛下のメッセージ映像が、記念や祝祭の際に流されます。
前述の映像は、コロナ禍で医療従事者を応援する、女王陛下からのメッセージ動画です。
女王陛下に言われたら、それは 率先して、やりたくなるというもの…。


◇皇室専門番組

日本の民放テレビ局では、東京の場合、土曜日と日曜日の早朝の時刻に、日本の皇室専門番組が毎週放送されます。
現在は、放送時刻が重ならないように、民放3放送局にそれぞれ毎週放送する3番組があると思います。
他の民放2局は、スペシャル番組を不定期に放送しています。
NHKは、ご存じのとおりの役割を果たしています。

皇室ファンはもちろん、落ち着いた皇室の雰囲気を味わいたい方々など、一定の視聴者層が確実に多くいます。
私の家族も、前述の3番組は、番組予約して見ています。
私自身は、朝早く起きたときは…。

放送内容は、皇室の方々の行事や行動のご紹介が中心ですので、内容は3番組でそれほど変わりはありませんが、見せ方が放送局によって若干違いますね。
放送局の品位の見せどころです。

今の時代は、品格を考慮した、ここまで落ち着いた雰囲気のテレビ番組は、他にはほとんど残っていませんので、非常に貴重な存在に感じます。
この番組のテーマ音楽を耳にすると、今日は土日の朝なのだなと強く感じます。

* * *

そろそろ日本でも、英国王室のように、テレビだけでなく、インターネットも使って、テレビ番組よりも、さらに品格のあるメッセージ動画を、広く国民に伝えるような手法もあっていいのかもしれませんね。
より国民ひとりひとりの心に直に届くような、英国王室のような映像手法もいいのかもしれないと感じます。
若い世代や、一部の大人層では、完全に「テレビ離れ」の現象が起きていますし…。

それに、皇室の女性の方々のご衣裳も、もっとしっかり見てみたいですね。
興味本位ではない、皇室のファッションや宝飾の歴史を解説する番組があってもいい気がします。
日本の皇室の「緑色」の意味するものとは…。

そうなると、放送局には真の品位が試されますね…。
でもテレビ視聴者が戻ってくるかも…?


◇ホーム・アゲイン

さて、今回のコラムは「home(ホーム)」がテーマです。
前述のリッチー・ブラックモア夫妻の音楽バンドユニット「ブラックモアズ・ナイト」に、「ホーム・アゲイン」という楽曲があります。

音楽活動でさまざまな国の多くのホテルに宿泊する彼らですが、「やっぱり自宅が一番」という歌詞内容の曲です。
ホテル旅館の方々には申し訳ないですが、やはり「ホーム」とは異空間ですね。

最近は、宿泊場所に自宅の「マイ枕(まくら)」や「マイ スリッパ」を持参する人もいるそうですね。
何となく、わかる気もします。

♪ホーム・アゲイン(ライブ)

 

ロックバンド「ディープ・パープル」や「レインボー」での、激しいギター演奏のリッチー・ブラックモアさんしか見ていない方には、この演奏シーンの彼のこのパフォ―マンスには驚かれると思います。
こんなに陽気でサービス精神旺盛なブラックモアさんは、別のバンドでのステージでは見たことがありません。
彼がステージ上で笑顔とは…。
おまけに小芝居まで…。

中世の騎士のような衣装のヒゲの男性がブラックモアさんで、緑色の衣装の女性ボーカルが奥様のキャンディス・ナイトさんです。
こんなブラックモアさんに出会えたのは、彼女と結婚したおかげ…?
ステージが、まるで夫妻の家庭のようです。
ホームにいると、あのハードロッカーも変わりますね。

未婚の男女が急増している日本です。
独身生活もいいですが、結婚すると、また違う自分が見つかるかも…。
自分の「ホーム」の中に、別の風景が加わるのも、悪くないかも…。

あのブラックモアさんが、自宅で、女子トークの盛り上がりに気を使って、部屋のすみっこで、BGMのギターを弾いていたりして…。
それでも、家が一番… ホーム アゲイン!


◇「ハウス」と「ホーム」

以前のコラム「音路(15)待っているんです…家が」の中で、英語表現の、「ハウス(house)」と「ホーム(home)」の違いについて少しだけ書きました。
その違いは、見た目と構造、意味合いにあります。

「ハウス」は一戸建ての一軒家で、建物そのものを指します。
場合によっては米国の「ホワイトハウス」のような大きな建物の場合にも使います。
誰がいた…、何が行われた…、何を行うための…など、「ハウス」という建物そのものに意味がありますね。

「ホーム」は、もっと広く「自分の家」のような意味合いですね。
ですから「ホーム」は一戸建てだけではなく、マンションやアパートなどの一室の場合も含め、何か「わが家の空間」のようなものをイメージさせます。
そして、それはその構造物だけでなく、その中にある「家庭」をも意味します。

さらには、自身の故郷、自身の地盤とか拠点(ホームグラウンド)などを意味する場合もあります。
「ホーム」と聞かれて、自分が所属する団体やチームをイメージされる方もいるかもしれません。

そのような違いが、「ハウス」と「ホーム」にはありますね。

* * *

今回のコラムは、その空間こそが重要な意味を持つ「ホーム」のお話しです。

「わが家の空間」と聞かれて、皆さんは何を思い出されますか?

複数の人物、愛犬や愛猫などのペット、趣味の品物、愛読書、好きな音楽CD、好きな食べもの、好きな服…、まさに「自分色の空間」がそこにあるのかもしれません。

そして、そこには、自分色ではないけれど、家族が寄りそう、「ふれあいの空間」もあるのかもしれません。
あるいは、家族はいなくなってしまっても、そこにはたくさんの「思い出の空間」があるのかもしれません。


◇ホームの風景

ここで、家庭の中の風景を描いたCM動画を少しだけ…。

まずは、「お父さん…そんなこと、やめてよ」という内容の動画です。
世のお父さんたち…、本人たちは皆、まったく気にすることなく、これからも言動を変えることはないでしょう。
そんなホームのお父さんたちです。

家族の絆「やめてよ」


これが、お母さんバージョンになると…
多くのホームには、こんなお母さんたちがたくさんいますね。

家族の絆「母とは」

 

先頃の3月で、自身の子供たちへの「お弁当づくり」を卒業したお母さんたちも、たくさんおられたと思います。
「お弁当づくり」という風景が、ホームから消えることを描いた動画です。
この動画のように、今度は、自分自身にお弁当を作ってみますか…。

家族の絆「お弁当メール」

 

小学生の息子目線で…

家族の絆「ウチの家族」

 

母と娘は、どうしてこうも似るのか…
やはりホームが同じだからか…

家族の絆「似たもの親子」

 

ホームの中には、家族それぞれが考えるホームがあるのかもしれませんね。
ホームの中にある風景は、家族の歴史とともに変化するのかもしれません。
そして、ホームは、そこに暮らす人間たちの「ふれあい」こそがつくり出すのかもしれませんね。

* * *

「東京ガス」の一連のCM動画の中の一部だけをご紹介しました。
ホームの中には、時に激しく燃える「灯(ともしび)」や、時にやさしい「灯」があるのかもしれませんね。
豊かさと危険をあわせ持つ、さすがガスの会社です。

下記の動画は、前述の映像群とはタイプが異なりますが、今のコロナ禍に、こんな女性は必要ですね。
「防ぐ」の始まりは、最悪を想定するところから…。

「先まわりする女性」

 

* * *

ホームは、「強さ」と「もろさ」をあわせ持っているのかもしれません。
でもホームは、壊れてしまっても、作り直せるものでもありますね。
新しい出発をし、新しいホームをつくる場合も、もちろんあります。
下記は、そんな動画です。
「プリントパック」の長編CM動画です。
お爺ちゃんの、昭和のだじゃれ「辛いからカレー…」も、いい味です。
亡きお婆ちゃんも、褒めていることでしょう…。

「父の気持ち」

 


◇ホーム

2008年(平成20年)に木山裕策(きやま ゆうさく)さんが歌って大ヒットした楽曲「home(ホーム)」があります。

彼はブレイクする前に、歌手としては致命的になりかねない大手術を乗り越えた苦労人で、子だくさんの大家族、家族のことを歌った歌が多い木山さんです。
彼は手術前に、自分の声を家族に残すためにCDに録音を始めたそうです。

この楽曲のためもあって、天は、彼にその美声を残したのかもしれませんね。
彼の美声なくして、この楽曲の大ヒットはなかった気がします。

世界にひとつしかない自分のホーム…

♪home

 

* * *

この楽曲には、続編があります。
この楽曲のホームの中の息子は大きく育って、ホームから旅立つ時をむかえます…

♪旅立ち ~ home 2016

 

中高年の方々は、この動画の息子の立場も、親の立場も、その両方を経験された方も多いと思います。
動画のように、食事の時と、自動車に同乗した時しか、10代後半の息子や娘と言葉を交わす機会がないという父親も少なくないかもしれません。
父親の気持ちも知らず、子供たちはスマホばかり…。
うっせぇわ…なんて言わないで…。

「ホーム」とは、帰る場所であるだけでなく、出発する場所でもありますね。


◇ステイホーム

今回のコラムは、「ホーム」の動画や楽曲について書きました。

今はコロナ禍で、「ステイホーム」という言葉を多く耳にします。
本来、この「ホーム」は、閉じ込められるような意味ではないのかもしれません。
家の中で、大切で豊かな時間を過ごすことのようにも感じます。

「ふれあい」とは、人間が直接、相対さなくてもできます。
部屋が別々ではあっても、「ホーム」の中で、その人がいるだけでいい…。
生きているだけでいい…。

「ホーム」に待っている人が誰もいないとしても、そこには自分自身の人生の一部があり、思い出の中にいる誰かが、自分の帰りを待っているのかもしれません。
本来、「ステイホーム」とは、大切なものとふれあうことのできる場所であり、時間であるのかもしれません。

* * *

今、コロナ患者の治療にあたる医療関係者の方々の中には、家庭内での感染リスクを減らすために、家族が待つ自宅に帰ることができない人が相当数います。
「うつ病」になってしまう看護師も続出しています。
「ぬくもり」や「ふれあい」が待っているはずの「ホーム」に戻ることのできない人が多くいます。

「ホーム」は、帰る場所であり、出発する場所…。
「ホーム」は、人間と人間の「ふれあい」や「ぬくもり」がある場所…。


◇心のふれあい

4月29日…今日は「昭和の日(昭和天皇の誕生日)」。
コラムの最後は、俳優で歌手の中村雅俊さんが歌う、昭和の癒し(いやし)の名曲「ふれあい」(1974年〔昭和49〕)を…。

人はみな、たったひとりでは…。
「心のふれあい」は、幸せを連れてくる…。

悲しみに出会うとき…、そこに「ホーム」が待ってくれていますね。

♪ふれあい


「ホーム」があれば、きっと乗り越えられます。
「ホーム」は、人を守る場所…。
「ホーム」は、人がつくるもの…。
…「ステイホーム」は無駄なことではありません。

「ホーム」は、いつのまにか作られていて、いつのまにか役割を終えるように遠くにいってしまう…。
でも、心の中に「ホーム」は永遠…。

* * *

次回コラムでも、ブラックモアズ・ナイトの楽曲4回連続登場の最後として、日本でもファンの多い、あの「月」の名曲のカバー演奏をご紹介します。

ギターという楽器が、本当に歌をうたうお話しも書きます。

コラム「音路(29)」につづく

 

2021.4.29 天乃みそ汁

Copyright © KEROKEROnet.Co.,Ltd, All rights reserved.

 
にほんブログ村 音楽ブログ 洋楽へ 

各コラムで紹介した曲目リストは、「目次」で…

  

あの曲や動画はどこ… 音楽家別作品

 

*今後の予定曲