徳川 秀忠 (とくがわ ひでただ)

戦国武将、江戸幕府 第2代将軍(在位1605~1623)

 

誕生:安土桃山時代 天正7年4月7日(西暦1579年5月2日)、静岡県浜松市

 

死没:江戸時代 寛永9年1月24日(西暦1632年3月14日)、享年54歳(数え年)、墓所・増上寺

 

使用した別名:長松、長丸、竹千代、羽柴秀忠、豊臣秀忠、大御所

 

関連名称:右大将(徳川家では将軍後継者を意味する)

 

:徳川家康(江戸幕府 初代将軍)、家康の三男

 

:お愛(西郷局)

 

:小姫(正室・織田信長の次男である織田信雄の長女、秀吉の養女、早世)、お江(継室・浅井長政の三女、淀君の妹、秀吉の養女、お江の三度目の結婚)

 

:長丸(長男・夭折)、徳川家光(次男・後の3代将軍)、忠長(三男)、千姫(後の豊臣秀頼の正室、その後本多忠刻の正室)、珠姫(後の前田利常の正室)、勝姫(後の、結城秀康の子 松平忠直の正室)、初姫(後の京極忠高の正室)、和姫(後の後水尾天皇の皇后、明正天皇の生母)ほか、全3男5女

 

保科正之(隠し子・高遠藩主保科家に預ける、後の会津松平家の祖)

 

有名な家臣ら:大久保忠隣(2代将軍に推した唯一の人物。その後、家康により失脚)、本多正信(家康の意向を秀忠に伝える役目・後に秀忠により本多正信の子 本多正純は失脚させられる)、酒井忠世、土井利勝ほか

 

関連史跡:江戸城、浜松城・秀忠公誕生の井戸、上田城、増上寺、忍陵神社・御勝山古墳(大阪)、宝台院(静岡) ほか

 

関連歴史事項:江戸幕府、関ヶ原の戦い、大坂の陣、上田合戦 、武家諸法度、禁中並びに公家諸法度、福島正則ら多数の外様大名の改易、熊本藩の牛方馬方騒動(加藤家の内乱)ほか

 

特記:秀忠が誕生後まもなく、家康の長男 信康は切腹。家康の次男 秀康は豊臣秀吉の養子を経て結城家に出される。秀康は、後の越前松平家の祖。

 

秀忠は、信州の真田家との上田合戦に手間取り、「関ヶ原の戦い」の決戦日に間に合わなかった。家康はしばらく面会拒絶。

 

家康は、秀忠に将軍を継がせた後も、駿府城で「大御所」として実権を握る。

秀忠の娘たちのすべての政略結婚も、3代将軍を家光に決め、その養育をお江から切り離し、乳母を春日局(明智光秀の最側近の斉藤利光の娘)に決めたのも、家康である。

 

春日局は後に、家光を支え、大奥をつくり、江戸幕府の骨格を形成していく重要な人物となる。

 

秀忠は、上田合戦、関ヶ原の戦い、大坂の陣(徳川方の総大将)で、ほとんど武功をあげられたなかった半面、政治面ではかなり強気の政策で成功する。

 

家康の死後、江戸城の天守や建物群を大改造する。さまざまな面で家康の影を削ぎ落していく。外様大名を次々に改易していく。

 

秀忠は、家光に将軍を継がせた後も、家康と同様に、江戸城で「大御所」として実権を握る。

 

秀忠は、家康と、継室のお江には頭が上がらなかった。側室をほぼ持たなかった。秀忠は、将軍の葬式は仏式として、お江の眠る増上寺に自身の墓をつくらせた。

増上寺は、家康が徳川家の菩提寺として整備した寺。その後、僧の天海の寺「寛永寺」とさまざまな抗争がおこる。

 

「徳川家に神様は、家康ひとりだけでいい」という秀忠の言葉から、以後の将軍は神様として祀られることはない。

 

3代将軍 家光は、秀忠の隠し子であった保科正之を重用し、補佐を受ける。

保科家は、江戸幕府滅亡の最後のときまで、徳川家を守る会津松平家となる。

 

秀忠の関連コラム

関ヶ原に間に合わない…

コラム「旅が人をつくる / もうひとつの関ヶ原」

 

お江には言わないで…

コラム「よどみ(2) 群馬vs.山梨」

 

上田城は見たくもない…

コラム「旅番組お城 (1) 塩の道は人の道」

 

 

 

 

  にほんブログ村 歴史ブログへ

 

 

ケロケロネット