武田 勝頼 (たけだ かつより)

戦国武将

 

誕生:室町時代 天文15年(西暦1546年)、誕生日・生誕地は不明

 

死没:安土桃山時代 天正10年3月11日(西暦1582年4月3日)、享年37歳(数え年)、墓所・法泉寺、景徳院 ほか

 

使用した別名:諏訪勝頼、伊奈勝頼、諏訪四郎勝頼、伊奈四郎勝頼、武田四郎、武田四郎勝頼、四郎

 

:武田信玄、信玄の四男

 

:諏訪御料人(実名不詳・諏訪頼重の娘・信玄の側室) 

 

:龍勝院(正室・織田信長の養女、美濃国苗木城主 遠山直廉の娘)、桂林院 (継室・北条夫人・北条氏康の六女)

 

:信勝、勝親、貞姫ら 全7名。

 

有名な家臣ら

武田信豊(信玄の弟 信繁の子)、長坂光堅、跡部勝資、跡部勝忠、土屋昌恒、金丸定光 ほか

 

関連史跡:新府城、高遠城、高天神城、長篠城、岩村城、田中城、横須賀城、膳城、岩殿城 ほか

 

関連歴史事項:長篠の戦い、天目山の戦い、高天神城の戦い、甲州征伐、上杉景勝と甲越同盟、佐竹義重と甲佐同盟、毛利輝元と甲芸同盟、北条氏政と甲相同盟復活・破棄・戦闘、織田信長と和睦交渉失敗 ほか

 

特記:父の武田信玄は、諏訪頼重・頼高 兄弟の諏訪一族を滅ぼしており、武田家内ではその娘の諏訪御料人を側室に入れることに反対が多かったといわれている。この頃の武田家は、信濃勢との婚姻関係で勢力拡大侵攻を図っていた。

 

諏訪頼重の正室は信玄の妹で、そのあいだの子が寅王丸。信玄は、寅王丸を使って、諏訪氏庶流の高遠城の高遠頼継を倒す。

 

寅王丸とは、諏訪御料人の弟である。武田家と諏訪氏は非常に複雑な関係にあった。

 

義信(信玄の長男)の死、竜芳(海野信親・信玄の次男・盲目)の出家、信之(信玄の三男)の夭折により、四男の勝頼が後継者となる。武田内部には、その後継に反対する者も多かった。

 

高遠頼継の重臣、保科正俊は武田家の家臣となる。徳川秀忠の隠し子の保科正之は、保科正俊の孫である正光の養子である。

 

勝頼は、長篠の戦いで、信玄時代からの古参の重臣たちの忠言を聞かず大敗し、多くの重臣たちを失う。家臣のあいだにも世代間抗争。

高天神城での戦いでは、徳川家康に敗北し、武田軍の中で完全に求心力を失う。

 

織田信長との和睦交渉の失敗、北条との同盟破棄もあり、残った武田軍の重要な家臣たち(木曽義昌、穴山梅雪、下条信氏、小笠原信峰ら)が、次々に織田方にながれる。

織田、徳川、北条により、三方から侵攻を受ける(甲州征伐)。

 

信玄の五男 信盛が高遠城で敗れ、勝頼は甲府の新府城を自身で焼き、武田二十四将のひとり小山田信茂のいる岩殿城に向かうが、信茂は織田方に寝返り、勝頼は甲斐国の天目山で、織田方の滝川一益らに敗れる(天目山の戦い)。

勝頼は、新府城、真田家の岩櫃城、小山田信茂の岩殿城の中から、岩殿城を選択した。小山田信茂は、後に織田信忠(信長の長男)に処刑される。

 

勝頼は、北条夫人、長男の信勝とともに天目山で死亡。

武田信廉(信玄の弟)、一条信龍(信玄の異母弟)も戦死。甲斐源氏の武田宗家はこれで終焉となる。

 

勝頼が亡くなった天正10年3月11日(1582年4月3日)のわずか三ヵ月後、天正10年6月2日(1582年6月21日)、織田信長・信忠親子は、「本能寺の変」で討たれた。

 

かつて武田二十四将のひとりで、武田方から織田方に寝返っていた穴山梅雪は、本能寺の変の直後の、徳川家康の伊賀越えに同行し、落ち武者狩りにあい死亡。これで武田二十四将はすべていなくなる。

 

勝頼は、戦での武勇は優れており、築城や戦争にもその知識に長けていたようだが、父  信玄のような、政治力や外交力、武田と諏訪という複雑な関係性や幅広い世代の家臣を調整・統率するチカラは持ち合わせていなかったようだ。

 

勝頼の関連コラム

父、信玄の遺言…。幻の名城、新府城。

コラム「旅番組とお城 ① 塩の道は人の道」

 

 

 

 

  にほんブログ村 歴史ブログへ

 

 

ケロケロネット