武田 信玄(たけだ しんげん)

戦国武将

 

誕生:室町時代 大永元年11月3日(西暦1521年12月1日)、山梨県甲府市

 

死没:室町時代 元亀4年4月12日(西暦1573年5月13日)、享年53歳(数え年)、墓所・武田神社、諏訪湖、恵林寺、龍雲寺 ほか各地

 

使用した別名:太郎、勝千代、武田晴信、機山、徳栄軒信玄

 

関連名称:甲斐源氏、甲斐国・信濃国の守護、甲斐の虎

 

:武田信虎(甲斐国の守護大名)、信虎の次男

 

:大井夫人(甲斐源氏・信濃源氏の庶流である大井氏出身)

 

:上杉の方(正室・扇谷上杉氏の娘、出産時母子死去)、三条夫人(継室・朝廷の公卿の娘)

 

:義信(長男)、竜芳(海野信親・次男・盲目・出家)、信之(三男・夭折)、勝頼(四男)、仁科盛信(五男)、葛山信貞(六男)、信清(七男)、黄梅院(長女・北条氏政の正室)、松姫(信松尼 / 信長の長男 織田信忠の元婚約者だが恋愛関係続く、信忠の長男 三法師〔秀信〕の母?、徳川秀忠の隠し子の保科正之を養育)、真理姫(木曽義昌の正室)、菊姫(上杉景勝の正室)ほか、全7男6女。

四男の勝頼、五男の盛信、六男の信貞は、甲州征伐で死去。七男の信清は、武田宗家滅亡後に、米沢藩上杉家の家臣となる。

 

有名な家臣ら

武田四天王・前期(板垣信方、甘利虎泰、飯富虎昌、小山田昌辰)

武田四天王・後期(馬場信春、内藤昌豊、山県昌景、高坂昌信)

武田信繁(弟)、武田信廉(弟)、一条信龍(異母弟)、山本勘助、真田幸隆、真田信綱、小山田信茂、穴山梅雪、秋山虎繁、小畠虎盛、小幡昌盛、三枝昌貞、多田三八郎、土屋昌続、原虎胤、原昌胤、横田高松

上記25名から小山田昌辰を除いて、「武田二十四将」と呼ばれる。

 

〔上記家臣の死亡場所等〕

上田原の戦い(敵・村上義清):板垣信方、甘利虎泰

砥石崩れ / 砥石城の戦い(敵・村上義清):横田高松

岩村城の戦い(敵・織田信長):秋山虎繁

川中島の戦い(敵・上杉謙信):武田信繁、山本勘助、川中島では諸角虎定、三枝新十郎も死去

 

*以降は信玄死後*

長篠の戦い(敵・織田信長、徳川家康):馬場信春、山県昌景、内藤昌豊、土屋昌続、三枝昌貞、真田信綱、原昌胤

甲州征伐・武田家滅亡(敵・織田信長、徳川家康・北条氏政):武田信廉、一条信龍

政争・裏切り:飯富虎昌、穴山梅雪、小幡昌盛、小山田信茂

病死・不明:原虎胤、高坂昌信、小山田昌辰、真田幸隆、小畠虎盛、多田三八郎

 

*戦国時代最強といわれる騎馬軍団は、多くの戦いで徐々に戦力が削がれていく。武田家滅亡後、軍団は徳川軍の井伊家に組み込まれていく。真田幸隆の子である真田昌幸は、真

田信幸・幸村兄弟の父であり、いずれ徳川家と上田合戦をする。

 

関連史跡:つつじが崎館跡(武田神社)、恵林寺、海津城、高島城、要害山城、箕輪城、砥石城、甲斐善光寺、川中島古戦場、龍雲寺、雲峰寺、円光院、信玄堤、長野県駒場地域、信玄の隠し湯 ほか

 

関連歴史事項:上田原の戦い、砥石崩れ、岩村城の戦い、桑原城の戦い、海野平の戦い、小田井原の戦い、塩尻峠の戦い、三増峠の戦い、二股城の戦い、高遠城侵攻、信濃侵攻、諏訪氏・高遠氏・村上氏・小笠原氏との攻防、駿河侵攻、川中島の戦い、三方ヶ原の戦い、甲斐相模駿河の三国同盟、信玄暗殺未遂事件(義信事件)、甲州法度、塩の道、甲州金、甲州枡、信玄堤、風林火山、武田菱、甲陽軍鑑、甲州流軍学、諏訪湖、武田水軍、織田信長との攻防 ほか

 

特記:軍議を重視する軍団組織。異常に有力家臣が多い。戦国時代最強といわれる騎馬軍団。独特の築城術。身分や素性にこだわらない人材登用。

 

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山(風林火山)」… 疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵略すること火の如く、動かざること山の如し。

これは、紀元前の中国の古い兵法書「孫子」からの引用。「風林火山」という四文字表現は後世の創作。

 

上杉謙信と、川中島でおおむね5回の激しい戦闘。第四次 川中島の戦いは、まさに頭脳戦と軍略、攻守のせめぎ合いの極み。古い時代の戦国武将の最後の大決戦。

 

甲斐国の周囲の有力戦国武将たちとの、同盟締結と同盟破棄、戦争つづきの人生。戦争の数が異常に多い。上杉謙信と並んで、織田信長や徳川家康をもっとも恐れさせた戦国最強武将のひとり。

天下取りの上洛の道中で人生を終える。

 

諏訪湖に遺骨をしずめよ。その死を三年隠せ。謙信を頼れ…、その最期も神秘性が多い。

 

信玄は、父の信虎を、甲斐国から追放し、駿河国の今川義元に送り隠居させる。理由は諸説。母の三条夫人は甲斐国のまま。

 

信玄は、長男 義信を、信玄暗殺未遂事件を理由に自害させる。あわせて首謀者の飯富虎昌を処刑。

 

信玄は、側室の諏訪御料人(実名不詳・諏訪頼重の娘)との間の子、勝頼に家督を継がせる。武田家と諏訪家はもともと複雑な関係性。

 

甲斐源氏の武田宗家は、信虎、信玄、勝頼という最後の時期の三人により、華やかな繁栄と壮絶な終焉をむかえる。信玄の子供たちの人生もみな壮絶。

 

信玄には、さまざまなタイプの肖像画があり、実像はわからない。

 

長野県の北アルプスの五竜岳には、雪形で、美しい武田菱の「御菱(ごりょう)」の紋様があらわれる。その山のふもとの平地に「塩の道」が通る。

 

つつじが崎館には、異常に広いスペースの水洗トイレがあった。

 

武田軍団の絶対的なカリスマ統率者というよりも、軍議を重んじ、相当な人数の地域の有力武将たちを巧みに束ねる、有能な大組織のトップ指揮官のような性格が強い印象。現代人の、社会の中の生き方やビジネスにも通用するような、多くの名言を残す。

「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」ほか

山梨県は、今でも、信玄公の地。

 

信玄の関連コラム

川中島で宿敵の謙信と…。敵に塩をおくる…。信玄の遺言…。

コラム「旅番組とお城 ① 塩の道は人の道」

 

 

 

  にほんブログ村 歴史ブログへ

 

 

ケロケロネット