織田 信長(おだ のぶなが)

戦国武将

 

誕生:室町時代 天文3年5月12日(西暦1534年6月23日)、天文3年5月28日(西暦1534年7月9日)の二説、愛知県愛西市

 

死没:安土桃山時代 天正10年6月2日(西暦1582年6月21日)、享年49歳(数え年)、墓所・本能寺、大徳寺総見院 ほか

 

使用した別名:吉法師、三郎

 

関連名称:大うつけ、第六天魔王、魔王、右府様

 

:織田信秀、信秀の次男

 

母:土田御前

 

兄弟・織田信秀の子:信広(兄)、信勝や永益(織田有楽斎)ほか弟は10人、全12人の男。

兄の信広は、側室の子であったため、後継者とは見なされていない。斎藤義龍と結んで、信長に攻撃を企てるが計画が漏れる。信長は信広に寛大な対応を行い、以後、信長の臣下となる。織田家の者として、信長のもと、戦争や交渉に活躍するが、長島一向一揆の際に戦死。

 

姉妹・織田信秀の子:お市の方(妹 / 浅野長政正室・柴田勝家正室・浅井三姉妹の生母)ほか全15人

 

親戚:おつや(岩村殿)〔信秀の妹、信長の叔母、後に岩村城の女城主〕ほか

 

:濃姫 (帰蝶・鷺山殿)〔正室・斎藤道三(秀龍)の娘〕織田信長と濃姫の結婚の際、信長の姉妹のひとりを道三の側室に入れる。道三は、信長の義理の兄弟であり、義理の父。

 

子:信忠ら 全11男と、10女?。濃姫との間に子はない。

 

〔男子の「本能寺の変」の後〕

1.信忠(長男)…「本能寺の変」の際、二条城で攻撃を受け自刃。

 

2.信雄…安土城に入るが、城を焼き逃亡。秀吉方として弟の信孝を討つ。秀吉の臣下となり、三方ヶ原で家康と戦う。関ヶ原の戦いの後は家康方になる。

 

3.信孝…秀吉ともに明智光秀を討つ。織田家の後継者を選ぶ「清須会議」で、織田家後継者は三法師(信忠の子)となり、補佐役となる。柴田勝家は信孝を後継者に推す。柴田勝家とともに秀吉と戦うが敗戦。その後、信雄(本当は信孝のほうが兄)と秀吉に攻撃され、壮絶な切腹をする。

 

4.秀勝(秀吉の養子)…信長の葬儀に出席し中座(兄二人は欠席)。その後、秀吉方で勝家や家康と戦うが、18歳で病死。

 

5.信房(織田勝永・津田源三郎・織田源三郎信房)…武田信玄の養子。美濃国の岩村城に入る。岩村城は武田と織田のあいだで翻弄された武家。岩村城には信長の叔母のおつやの方がいた。最終的に、武田との対決の中で織田家に戻る人物。長男の信忠とともに二条城で死去。

 

6.信秀(豊臣信秀)…本能寺の変の際は元服前。秀吉の庇護。豊臣性をもらい臣下となる。朝鮮出兵に参加。キリシタンとなるが、病死。

 

7.信高(羽柴藤十郎)…秀吉の庇護。三成方であったため、関ヶ原の戦い後、失脚。

 

8.信吉…秀吉の庇護。三成方であったため、関ヶ原の戦い後、失脚。

 

9.信貞…秀吉の庇護。三成方であったが関ヶ原の戦いには参加しない。大坂の陣では家康方。

 

10.信好…秀吉の庇護。

 

11.長次…秀吉の庇護。関ヶ原の戦いで三成方として戦死。

*信長の子として、秀吉、家康には、好待遇や極刑回避を受ける。

 

養女:龍勝院…信長の妹(信秀の四女)で、苗木勘太郎(遠山直廉)に嫁いだ女性の娘。信長の養女となり、武田勝頼(武田信玄の子)に嫁ぎ、武田信勝の母となる。養女は全4人。

 

有名な家臣ら(織田家除く)

羽柴秀吉、柴田勝家、明智光秀、丹羽長秀、滝川一益、佐久間信盛、佐々成政、前田利家、池田恒興、細川藤孝、平手政秀、毛利良勝、村井貞勝、 森長可、森蘭丸、松永久秀、荒木村重、筒井順慶、黒田官兵衛、竹中半兵衛、蜂須賀小六、三好康長、九鬼嘉隆、前田玄以 ほか

 

関連史跡:安土城、岐阜城、清洲城、小牧山城、本能寺、大徳寺、熱田神宮 ほか

 

関連歴史事項:稲葉山城の戦い、桶狭間の戦い、長篠の戦い、姉川の戦い、一乗谷城の戦い、小谷城の戦い、手取川の戦い、三方ヶ原の戦い、木津川口の戦い、天王寺砦の戦い、有岡城の戦い、石山合戦、長島一向一揆、比叡山焼き討ち、高野山攻撃、信長包囲網、越前侵攻、伊勢侵攻、甲州征伐、足利義昭追放、天正伊賀の乱、清洲同盟、楽市楽座、鉄甲船、天下布武の印章、本能寺の変 ほか

 

特記

信長は家督相続の後、同じ一族の清洲織田氏(大和守家)と岩倉織田氏(伊勢守家)を滅ぼし、弟 信勝と争い謀殺する。

 

信長は、父 信秀の弟である信康の子 信清(正室は信長の姉の犬山殿)を犬山城で破る。信清はその後、武田信玄の家臣となる。

そして、徳川家康と同盟を結び、尾張国(愛知県)は信長により統一される。

 

浅井長政に妹のお市の方を嫁がせ、浅井家と同盟を結び、美濃国攻略を開始する。

斉藤道三は、息子の義龍に討たれ、義龍の子 龍興が稲葉山城(岐阜城)の城主になっていたが、信長は1567年、稲葉山城を攻め、龍興は伊勢長嶋へ逃げる。

これで、信長は尾張国と美濃国(岐阜県)を手中にし、それまでの「井之口」という地名を「岐阜」に変える。岐阜城を本拠とする。

 

中国の「周」という国の武王は、殷王朝を滅ぼし、周王朝をつくったが、その父の文王(昌)は、周の国の「岐山」という都を拠点に国を徐々に大きくしていった。文王は終生、殷王朝の家臣だったが、息子の武王が殷王朝を倒す。

「阜」は丘状の土地の意味。孔子の出身地も「曲阜(きょくふ)」という。

信長は、この頃から「天下布武」の印を使うようになり、天下統一を目指し始める。

周の文王のお話しと、岐阜への改名、天下布武は、その後の信長の方向性を示すだけでなく、その運命を暗示しているようにもみえる。

 

信長は、京都の本能寺で、森蘭丸などの少数の近習らとともに、家臣の明智光秀に討たれる。妻の濃姫が本能寺にいたかはまったく不明。濃姫はある頃から消息不明。

 

本能寺の変では、信長の遺骸は確定できず、後に秀吉が中心となり、大徳寺で葬儀。

葬儀には、次男の信雄、三男の信孝、柴田勝家、滝川一益らは欠席。四男で秀吉の養子の秀勝は中座して帰国。

信長の長男 信忠と五男 信房は、本能寺の変の際、二条城で、明智光秀の攻撃により亡くなる。

 

* * *

 

趣味は、茶の湯、茶道具収集、武芸、水泳、幸若舞、小歌、相撲見物(相撲大会を頻繁に開催し、賞品授与。相撲を現代のかたちに近いものにする。)、西洋文化や科学。

 

西洋甲冑のようなデザインの甲冑(南蛮胴)を所有。

 

鉄板に覆われた軍船「鉄甲船」を造る。

 

安土城は、天守閣ではなく天主閣で、天主に暮らした武将は信長だけ。城のデザインも唯一無比。安土城には、庶民への顔見せ用のデッキがあり、夜間ライトアップも行われた。

 

岐阜の鵜飼いの人たちを鵜匠とし、鷹匠と同位にする。

 

黒人(今のアフリカのモザンビーク出身)の家臣がいた。名は弥助。

 

西洋から伝来の菓子(カステラ、金平糖、ボーロ他)で客人をもてなした。

 

地球儀、世界地図、西洋置時計を持っていた。

 

秀吉夫妻のけんかの際に、秀吉の妻のねねを励ます手紙を書くが、その中で秀吉を「はげねずみ」と呼んでいる。

 

信玄の書状にあった「天台座主沙門信玄」に対して、信長は「第六天魔王信長」と返したといわれている。ルイス・フロイスの記録。

 

桶狭間の戦いで討死した、敵将の今川義元の子である氏真を、京都に呼び、蹴鞠(けまり)を披露させる。この行動が後の今川家の存続につながる。その後、今川家は武門の家を捨て、織田家、徳川家の庇護のもと、文化面の名家となり、江戸時代も生き続ける。

 

信長は、とにかく名品を集めるのが好き。各武将にも贈答を欠かさない。上杉家には「洛中洛外図屏風」を贈り、そこには京都の数々の名所や町人たちの暮らしや文化風習が描かれ、輿にのる上杉謙信まで描かれている。茶器や茶道具には、千利休のお墨付きを加え、価値を格段に上げさせている。

 

信長は、七種類の家紋を、政治的に使い分けていた。

 

茶々(淀君)は、信長とお市のあいだの子という説がある。

 

* * * 

 

幼少期の吉法師の頃に、庭先で小さなへびを捕まえた吉法師が、家臣に「これが勇敢ということか」と尋ねると、家臣は「小さなへびなど、恐れるに足りません」と返す。そこで吉法師が返す。「へびの毒は大小ではない。小さいからといって恐れないというのなら、敵の城主が幼少だと、その城主をあなどるということか」と言ったといわれている。

 

少年期の信長は奇行が多く、乱れた着こなし、歩きながらの柿や瓜の食べ散らかしなどの話しが残っている。身分にかかわらず遊び仲間をつくっている。肩を組んで人によりかかって街を徘徊したともいわれている。父の信秀の葬儀では、位牌に香を投げつけている。

しかし、ある頃から、逆に極端にしっかりとした身なりと行動をとるようになり、意図的に、両極端を使い分け、世間からの見え方を意識しコントロールしていたようだ。こうした意識は、その後の信長の振る舞いや戦い方、心理戦、建物などにあらわれる。斉藤道三との初めての会見にも、道三を驚かす、両極端の信長のエピソードが残る。

 

* * *

 

浅井氏と朝倉氏を滅ぼした際の酒宴では、浅井長政、浅井久政、朝倉義景のはくだみ(頭骸骨に漆塗り、金箔をほどこしたもの)を並べて、酒の肴とした。

 

比叡山延暦寺の焼き討ちでは、信長は家臣に全滅を指示する。この頃の延暦寺の傍若無人な振る舞いや悪行は相当なものであったようで、まるで いち戦国武将の軍団のようであったともいわれる。延暦寺は浅井・朝倉に味方していた。

信長の家臣の明智光秀の殺戮は徹底していたようで、秀吉は逆に、女性、子供、老人を次々に逃がしたといわれている。信長は、秀吉をとがめてはいない。

信長は、家臣の性格や行動をしっかり把握して動かしている。

この時代の戦国武将の残虐性において、信長が特別であったかは、よくわからない。

 

* * * 

 

信長は、幸若舞(こうわかまい)や小歌が好きだった。今の歌謡曲や流行のダンスのようなものであろうか?

 

信長は幸若舞のひとつ「敦盛」が好きで、よく舞ったようだ。「桶狭間の戦い」の前に舞ったことは有名。

「人間五十年、下天(化天・げてん)の内(うち)をくらぶれば、夢幻(ゆめまぼろし)のごとくなり。一度、生(しょう)を得て滅せぬ者のあるべきか…」

直訳:人間の一生は、下天の一日にしかならない。それは、まるで夢か幻のようである。この世に生命を受けた者で、滅ばない者などない。

下天とは、仏教での天上界のことで、人間界の50年は、下天の一昼夜を意味する。

そのとおり、信長は49歳で亡くなった。好きな幸若舞の題目が「敦盛」だったとは、いかにも皮肉。「敦盛」とは、源平合戦で戦死する少年武将の平敦盛のこと。織田家は、一応、平氏の末裔。

 

信長の好きな小歌のひとつ。

「死のうは一定。しのび草には何をしよぞ。一定語りおこすよの。」

直訳:誰にでも死は訪れる。死後にも語り継いでもらうには、何をしておくべきかだろう。きっと、人々はそれを語り継いでくれるにちがいない。

 

* * * 

 

信長がよく語っていたこと。 

「人を用ふるの者は能否を択ぶべし、何ぞ新故を論ぜん。」

直訳:人を使う者は、その者の才能の有無で選ぶべきである。奉公年数の長さで論ずべきではない。

 

「人、城を頼らば、城、人を捨せん。」

直訳:人が城に頼ると、城は人を見捨てる。人が城を守るのであって、城が人を守ってくれるのではない。

 

本能寺で、家臣の森蘭丸が、明智光秀に攻撃されたことを信長に知らせた際の言葉。

「是非(ぜひ)に及ばず。」

真偽は不明。

 

戦国大名の中でも、特に数奇で劇的な人生であった。

 

信長の周辺有力武将との関係性と動き

上杉謙信は関東の北条氏を倒すため、関東に幾度も出兵し、次々に勝利する。小田原城に北条氏康を追い詰めるが、武田信玄が、信濃侵攻、川中島に海津城築城を開始したため、決着をつけられず帰国。

 

謙信が越後国(新潟県)に戻って、雪で出兵できないのを見計らっては、武田は北関東に、北条は南関東に勢力を拡大させる。関東全域の各地で、上杉勢と両武将のあいだで、長期にわたり戦闘が頻発する。

同時に信濃国(長野県)の川中島でも武田信玄との戦いが続く。武田信玄とは川中島で5回の激闘。

 

信長は、1560年、「桶狭間の戦い」で今川義元を討ち、武田・北条・今川の三国同盟は崩壊。

上杉謙信は、1569年、信玄と同盟関係が破棄となった宿敵の北条氏康と和睦し同盟を結ぶ。

 

信長は、1565年、武田信玄の子 勝頼に養女(信長の妹 龍勝院の娘)を嫁がせ、武田と同盟を結ぶ。尾張国(愛知県)や美濃国(岐阜県)の隣国の信濃国(長野県)は武田領。

 

1567年、信長は、妹のお市を、浅井長政に嫁がせ、同盟を結ぶ。同年、美濃国の斉藤龍興を破り、美濃国と尾張国を手中、平定する。

 

この少し前から、京のある畿内、尾張、美濃、越前、能登、加賀あたりの地域は、将軍 足利義昭、畠山氏、三好氏、六角氏、松永氏、浅井氏、朝倉氏、織田氏らによる複雑なかけひきや裏切りなど、戦争が多発していた。

信長は、まずは京を中心とした畿内から、天下取りを開始する。「天下布武」はここから始まる。

 

織田信長・徳川家康 連合軍は、1570年、「姉川の戦い」で浅井長政・朝倉義景 連合軍にかろうじて勝利する。浅井長政は織田を裏切った。

織田信長は「第一次 信長包囲網(浅井・朝倉・比叡山延暦寺・本願寺)」の危機を脱する。

 

信長は、1571年、比叡山延暦寺焼き討ちを行う。

武田信玄は、北条氏と争いながらも、駿河国(静岡県)を手中にし、再び北条氏と手を組む。信玄は、将軍 足利義昭の上洛要請もあり、織田信長との対決を決め、そして三河の徳川領侵攻、上洛、天下取りを開始する。

 

信玄は、1573年、織田・徳川連合軍に、三方ヶ原で完勝する。

信長は、将軍 足利義昭と不仲となっており、「第二次 信長包囲網(足利義昭・浅井・朝倉・比叡山・本願寺・武田ほか)」が形成される。

 

武田信玄は、越中(富山県)や能登(石川県北部)と結んで、謙信や信長に対抗する。その後、1576年、上杉謙信は越中や能登に出兵し、ある程度、平定する。

1573年、武田信玄が上洛の途中で亡くなり、「第二次 信長包囲網」は瓦解する。

同じ年、将軍 足利義昭は信長により京から追放される。

 

やはり同じ年、信長は、一乗谷城、小谷城で、浅井・朝倉両氏を滅ぼす。

信長は、三好氏や松永氏らも屈服させ、畿内をほぼ手中におさめる。ただし、美濃国(岐阜県)での武田軍との衝突は避けている。信玄の死は外部には隠されている。

これで、信長は「第二次 信長包囲網」の危機を脱する。信長は、この時点では、上杉謙信とも敵対関係になることを避けている。

信長が謙信に、「洛中洛外図屏風」を贈ったのは1574年といわれている。

 

その後、1575年、織田・徳川連合軍は、長篠で、武田勝頼率いる武田軍に大勝する。 同じ頃、越前(福井県)の一向宗(本願寺門徒)は上杉謙信とは敵対関係であったが、1576年、信長に大坂の石山本願寺が攻撃され、本願寺は謙信と和睦し、助力を願った。 このあたりから、謙信と信長の関係は悪化してゆく。

 

毛利輝元も本願寺を支援し、1576年、大坂湾で、毛利水軍・小早川水軍・村上水軍は織田水軍を破る。2年後の1578年、織田水軍は新兵器の鉄甲船を使って毛利水軍を撃破する。

 

追放された将軍 足利義昭は、1576年、中国地方の有力武将 毛利輝元を頼り、今の広島県福山市鞆の浦においた「鞆幕府(ともばくふ)」から、上杉謙信ら全国の有力武将に、信長追討の要請を行う。ここで、「第三次 信長包囲網(足利義昭・本願寺・毛利・上杉ほか)」が形成される。

 

信長は、これまで上杉謙信と同盟関係にあったが、謙信と戦う決断をする。 1577年、謙信は手取川で、織田軍に完勝する。

しかし信長自身はこの戦場にはやって来ない。秀吉も、戦う前に勝手に戦場から離れてしまう。実際に戦ったのは柴田勝家。謙信は、信長と決着をつけることができなかった。

織田信長は、武田信玄と上杉謙信の強さには、かなりの恐怖があったと思われる。

 

そして、手取川で織田軍に完勝した上杉謙信は、いったん越後に帰国する。 1578年、雪解け後の春、再び遠征の大軍団を整え、出発の6日前に、謙信は急死する。遠征先は不明。北陸経由で上洛か、関東遠征か、関東経由で上洛か、わかっていない。

ここで、「第三次 信長包囲網」は消滅し、織田軍に対抗できそうな大きな有力武将は、毛利、北条くらいになる。

 

こうした時代の流れの中で、織田軍では、浅井長政、松永久秀、荒木村重、別所長治などが信長に謀反を起こしたが、すべて敗れていく。信長に追放された佐久間信盛、林秀貞は、数十年前の織田家内部抗争の際に信長の弟に味方した者たち。同じく味方した柴田勝家は、この時点ではおとがめ無し。

 

織田軍の明智光秀が謀反を起こし、織田信長・信忠 父子が、本能寺で討たれるのは、上杉謙信(享年49)が亡くなってから四年後の1582年である。

武田信玄(享年53)が亡くなってから九年後、武田勝頼が亡くなってから三カ月後。

謙信か信玄のどちらかが、もう10年長生きし、60歳頃まで生きていたら、歴史は大きく違ったのかもしれない。

 

また、信長の長男で、有能な織田信忠が、本能寺の変の際に、京都から脱出できていたら、歴史は大きく違ったのかもしれない。本人は勘違いしたようだが、脱出できた可能性は高かった。なぜ、父 信長とともに死ぬ選択をしたのか?

 

信長の関連コラム

鳴かぬなら 殺してしまえ、ホトトギス…

コラム「旅が人をつくる / もうひとつの関ヶ原」

 

 

 

  にほんブログ村 歴史ブログへ

 

 

ケロケロネット