上杉 謙信(うえすぎ けんしん)

戦国武将

 

誕生:室町時代 享禄3年年1月21日(西暦1530年2月18日)、新潟県上越市

 

死没:安土桃山時代 天正6年3月13日(西暦1578年4月19日)、享年49歳(数え年)、墓所・上杉家廟所、林泉寺、明静院 ほか

 

使用した別名:虎千代、長尾景虎、上杉政虎、上杉輝虎、宗心

 

関連名称:関東管領、越後国の守護、軍神、聖将、越後の龍、毘沙門天の使い

*毘沙門天(四天王の中の多聞天)…甲冑に武器の姿で、邪鬼を踏みつけている。武神、勝負の神様。

 

:長尾為景(越後国の守護 上杉氏の家臣)

養父:上杉憲政(関東管領、山内上杉家)

 

:虎御前(青岩院 / 実名不詳)

養子:景勝(長尾政景の子より)、景虎(養父と同名、北条氏康の子より)ほか全養子4名。

 

有名な家臣ら

上杉四天王(柿崎景家、直江景綱、宇佐美定満、甘粕景持)

上杉二十五将もある。中条藤資、本庄実乃、長尾景信、長尾政景 ほか

 

関連史跡:春日山城、林泉寺、七尾城,、上杉神社、川中島古戦場 ほか

 

関連歴史事項:川中島の戦い、手取川の戦い、七尾城の戦い、唐沢山城の戦い、関宿合戦、臼井城の戦い、小田原城の戦い、金山城の戦い、永正の乱(越中の戦乱)、越中一向一揆、栃尾城の戦い 、黒滝城の戦い、洛中洛外図屏風 ほか

 

特記:謙信(長尾景虎)は、幼少期、林泉寺に預けられる。戦争ごっこ、城郭模型づくりが大好きで周囲は驚かされる。後に、この模型は、武田勝頼の子 信勝に贈られた。

 

上杉氏と、その家臣(守護代)の長尾家(三条長尾家・上田長尾家・古志長尾家の三家)は、それぞれ内部で争いが起きており、春日山城の三条長尾家の長尾晴景(謙信の兄)の命で、謙信は三条長尾家の支援に入り、戦の才能が開花する。

 

上杉氏内部の家臣の裏切りにも、謙信は次々と活躍を見せ、謙信(長尾景虎)支持の一派が形成され、兄の晴景と対立する。上杉氏の命で、謙信(長尾景虎)は、兄 晴景の養子となり、長尾家の後継者となる。

 

上杉憲政は、北条氏康に戦で敗北し、謙信(長尾景虎)を養子とし、上杉家の家督と関東管領職をゆずる。

 

家督譲渡に上田長尾家の長尾政景(かつて長尾景虎の兄の晴景を支持)は反乱を起こすが、謙信に鎮圧され、政景は謙信の家臣となる。

 

その後、謙信の死後、家督争いの中で、政景の子の景勝(謙信の養子となり上杉景勝)が、やはり謙信の養子の上杉景虎(養父と同名・北条氏康の子)に戦いで勝利し、家督を継ぐ。この戦いで、上杉景虎、上杉憲政ら上杉氏の多くが死亡。上杉景虎側についた古志長尾家は滅ぶ。直江兼続は上杉景勝側。

 

謙信は、毘沙門天の強い信奉者。旗印は「毘」。毘沙門堂に頻繁にこもる。

 

趣味は、琵琶演奏、源氏物語などの恋愛本、酒。血液型AB型。

 

生涯独身、子はすべて養子。

 

衣料用植物の栽培で上杉家は莫大な利益。

 

新潟に残る名称や風習の「お立ち飯」(豪華な食事で客をもてなす)は、謙信の出陣前の食事の献立からきている。普段の食事は質素。

 

かなりの酒豪。

辞世の句のひとつ「四十九年、一睡の夢、一期の栄華、一盃の酒」。他に、「この盃すなわち我が後影なり」という言葉も残っている。

 

「敵に塩をおくる」という言葉は、謙信が武田領におくった塩のエピソードからきている。

 

忍城での、謙信の関東管領 就任式には、あるエピソードが存在するが、真偽や内容ははっきりしない。

 

唐沢山城では、鎧兜を着けずに、黒の衣装に白色の布を巻き付け、敵中突破をしたエピソードが残っている。

 

謙信の遺骸は、鎧を身に着け、カメにおさめられたといわれている。毘沙門天像をイメージしたものか?

 

 「依怙(えこ)によって弓矢は取らぬ。ただ筋目をもって何方(いずかた)へも合力す」という言葉のとおり、他の武将たちから支援を求められたら、どこへでも向かったようだ。

 

宿敵 武田信玄の遺言の中に、「私の死後は、謙信を頼れ…」という内容があったといわれている。 

 

謙信の人生は、まさに雪国 越後(新潟県)からの、戦の遠征の連続。

周囲の評価も人物像も、戦国武将の中で、かなり異色で、特別な人物であったようだ。

 

謙信の周辺武将との関係性と動き

謙信は関東の北条氏を倒すため、関東に幾度も出兵し、次々に勝利する。

小田原城に北条氏康を追い詰めるが、武田信玄が、信濃侵攻、川中島に海津城築城を開始したため、決着をつけられず帰国。

 

謙信が越後国(新潟県)に戻って、雪で出兵できないのを見計らっては、武田は北関東に、北条は南関東に勢力を拡大させる。

関東全域の各地で、上杉勢と両武将のあいだで、長期にわたり戦闘が頻発する。

同時に信濃国(長野県)の川中島でも武田信玄との戦いが続く。武田信玄とは川中島で5回の激闘。

 

今川義元が、1560年、織田信長に「桶狭間の戦い」で討たれ、武田・北条・今川の三国同盟は崩壊。

上杉謙信は、1569年、武田信玄と同盟関係が破棄となった宿敵の北条氏康と和睦し同盟を結ぶ。

この時期に、謙信は、同盟破棄で塩が手に入らなくなった敵の武田領に、塩を送る。

 

織田信長は、1565年、武田信玄の子 勝頼に養女を嫁がせ、武田と同盟を結ぶ。尾張国(愛知県)や美濃国(岐阜県)の隣国の信濃国(長野県)は武田領。

1567年、信長は、妹のお市を、浅井長政に嫁がせ、同盟を結ぶ。同年、美濃国の斉藤氏を破り、美濃国と尾張国を手中、平定する。

 

この少し前から、京のある畿内、尾張、美濃、越前、能登、加賀あたりの地域は、将軍 足利義昭、畠山氏、三好氏、六角氏、松永氏、浅井氏、朝倉氏、織田氏らによる複雑なかけひきや裏切りなど、戦争が多発していた。

信長は、まずは京を中心とした畿内から、天下取りを開始する。「天下布武」はここから始まる。

 

織田信長・徳川家康 連合軍は、1570年、「姉川の戦い」で浅井長政・朝倉義景 連合軍にかろうじて勝利する。浅井長政は織田を裏切る。織田信長は「第一次 信長包囲網(浅井・朝倉・比叡山延暦寺・本願寺)」の危機を脱する。

 

信長は、1571年、比叡山延暦寺焼き討ちを行う。

 

武田信玄は、北条氏と争いながらも、駿河国(静岡県)を手中にし、再び北条氏と手を組む。信玄は、将軍 足利義昭の上洛要請もあり、織田信長との対決を決め、そして三河の徳川領侵攻、上洛、天下取りを開始する。

信玄は、1573年、織田・徳川連合軍に、三方ヶ原で完勝する。

 

信長は、将軍 足利義昭と不仲となっており、「第二次 信長包囲網(足利義昭・浅井・朝倉・比叡山・本願寺・武田ほか)」が形成される。

 

武田信玄は、越中(富山県)や能登(石川県北部)と結んで、謙信や信長に対抗する。その後、1576年、謙信は越中や能登に出兵し、ある程度、平定する。 

 

1573年、武田信玄が上洛の途中で亡くなり、「第二次 信長包囲網」は瓦解する。

同じ年、将軍 足利義昭は信長により京から追放される。

やはり同じ年、信長は、一乗谷城、小谷城で、浅井・朝倉両氏を滅ぼす。

 

信長は、三好氏や松永氏らも屈服させ、畿内をほぼ手中におさめる。ただし、美濃国(岐阜県)での武田軍との衝突は避けている。信玄の死は外部には隠されている。

これで、信長は「第二次 信長包囲網」の危機を脱する。

 

信長は、この時点では、謙信とも敵対関係になることを避けている。

信長が謙信に、「洛中洛外図屏風」を贈ったのは1574年といわれている。

 

その後、1575年、織田・徳川連合軍は、長篠で、武田勝頼率いる武田軍に大勝する。

同じ頃、越前(福井県)の一向宗(本願寺門徒)は謙信とは敵対関係であったが、1576年、信長に大坂の石山本願寺が攻撃され、本願寺は謙信と和睦し、助力を願った。

このあたりから、謙信と信長の関係は悪化してゆく。

 

毛利輝元も本願寺を支援し、1576年、大坂湾で、毛利水軍・小早川水軍・村上水軍が織田水軍を破る。

2年後の1578年、織田水軍は新兵器の鉄甲船を使って毛利水軍を撃破する。

 

追放された将軍 足利義昭は、1576年、中国地方の有力武将 毛利輝元を頼り、今の広島県福山市鞆の浦においた「鞆幕府(ともばくふ)」から、謙信ら全国の有力武将に、信長追討の要請を行う。ここで、「第三次 信長包囲網(足利義昭・本願寺・毛利・上杉ほか)」が形成される。

 

織田信長は、これまで謙信と同盟関係にあったが、謙信と戦う決断をする。

1577年、謙信は手取川で、織田軍に完勝する。

しかし信長自身はこの戦場にはやって来ない。秀吉も、戦う前に勝手に戦場から離れてしまう。実際に戦ったのは柴田勝家。謙信は、信長と決着をつけることができなかった。

織田信長は、武田信玄と上杉謙信の強さには、かなりの恐怖があったと思われる。

 

そして、手取川で織田軍に完勝した上杉謙信は、いったん越後に帰国する。

1578年、雪解け後の春、再び遠征の大軍団を整え、出発の6日前に、謙信は急死する。

遠征先は不明。北陸経由で上洛か、関東遠征か、関東経由で上洛か、わかっていない。

ここで、「第三次 信長包囲網」は消滅し、織田軍に対抗できそうな大きな有力武将は、毛利、北条くらいになる。

 

こうした時代の流れの中で、織田軍では、浅井長政、松永久秀、荒木村重、別所長治などが信長に謀反を起こしたが、すべて敗れていく。

信長に追放された佐久間信盛、林秀貞は、数十年前の織田家内部抗争の際に信長の弟に味方した者たち。同じく味方した柴田勝家は、この時点ではおとがめ無し。

 

織田軍の明智光秀が謀反を起こし、織田信長・信忠 父子が、本能寺で討たれるのは、謙信(享年49)が亡くなってから四年後の1582年である。

武田信玄(享年53)が亡くなってから九年後、武田勝頼が亡くなってから三カ月後。

謙信か信玄のどちらかが、もう10年長生きし、60歳頃まで生きていたら、歴史は大きく違ったのかもしれない。

 

謙信の関連コラム

川中島で宿敵の信玄と…。敵に塩をおくる…。信玄の遺言…。

コラム「旅番組とお城 ①  塩の道は人の道

 

 

 

 

  にほんブログ村 歴史ブログへ

 

 

ケロケロネット