腰椎椎間板ヘルニアの対処 | 【三重県伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すblog 【腰痛・肩こり・肩痛・足のしびれ・ひざ痛など】

【三重県伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すblog 【腰痛・肩こり・肩痛・足のしびれ・ひざ痛など】

三重県伊勢市の姿勢改善専門パーソナルトレーナーです。
姿勢・体・骨盤の歪み矯正・ 腰痛・肩こり・肩の痛み・背部痛・ひざ痛・50肩・股関節痛・足のしびれなど! 桑名市 四日市市 鈴鹿市 津市 松阪市 伊勢市 鳥羽市 志摩市 


テーマ:

こんにちは。


姿勢工房ストレッチングオフィス代表です。




「腰椎椎間板ヘルニア」後、腰部全体が重い感じと、前屈時の痛みが残っているので、どんなストレッチ&トレーニングをしたらいいですか? というご相談を頂きました。



クライアントさんは、20代女性です。


病院では「腰椎椎間板ヘルニア」という診断を頂いています。


しばらく、病院に通院して治療を受けていたので、急性期の強い症状は軽快しています。


現在は、病院からもOKを頂いたので、通院していない状態です。





まず、姿勢をチェック!


平背(フラットバック)です。


身体を側方から見た時、理想的な脊柱は ゆるやかなS字カーブを描いていますが、カーブが少なく真っ直ぐな姿勢タイプです。一見、背筋が真っ直ぐで美しい姿勢に見えます。


腰部前彎(腰の前方カーブ)減少が特に目立ちます。


理想的な腰部は前方にゆるやかに彎曲しています。


このタイプの姿勢は、椎間板の後方が引き伸ばされるストレスを受けやすいので、ヘルニアの方に多い姿勢の一つです。




前屈時に痛みが出るという事なので、観察すると以下の特徴がありました。


・前屈動作の最初の段階から股関節の屈曲が始まっている。


・上部の腰椎や胸椎での屈曲は少なく、下位の腰椎のみで屈曲が起こっている。(脊椎全体で屈曲するのではなく、狭い範囲の脊椎レベルで屈曲している)。


・骨盤が、ほとんど前傾しない。


これらの特徴から、屈曲の起こっているレベルの腰椎では椎間板の後方の開きが大きくなり、後方伸展ストレスを強く受けていると思われます。





対策としては、まず骨盤の前傾を妨げている原因筋を調べました。


いくつかの筋肉を検査した結果、ハムストリングス(太もも裏側)の短縮がありました。


ハムストリングスの短縮が、骨盤を後傾に引っ張り、前傾を妨げているようです。


まずは、ハムストリングスのストレッチを行い、骨盤の前傾方向への可動を出していきます。





次に、筋力の検査を行いました。


腰椎を前彎させるための筋肉である腸腰筋の弱化がありました。


腸腰筋をトレーニングして、腰椎の前彎を回復させていきます。


細かい部分を再検討しながら、姿勢全体の改善を目指していきましょう。


                           

☆☆基礎から姿勢改善を勉強しませんか?

姿勢改善ストレッチ(FSSストレッチ)インストラクター養成

姿勢工房ストレッチスクールホームページ


スクール併設オフィス

姿勢工房ストレッチングオフィス(完全紹介制)ホームページ



facebookページ いいね! 

姿勢工房公式facebookページ



【伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すパーソナルトレーナーのblog 【ストレッチ&体幹強化】

伊勢市 姿勢改善専門パーソナルトレーナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス