腰椎分離すべり症のクライアントさん | 【三重県伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すblog 【腰痛・肩こり・肩痛・足のしびれ・ひざ痛など】

【三重県伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すblog 【腰痛・肩こり・肩痛・足のしびれ・ひざ痛など】

三重県伊勢市の姿勢改善専門パーソナルトレーナーです。
姿勢・体・骨盤の歪み矯正・ 腰痛・肩こり・肩の痛み・背部痛・ひざ痛・50肩・股関節痛・足のしびれなど! 桑名市 四日市市 鈴鹿市 津市 松阪市 伊勢市 鳥羽市 志摩市 


テーマ:

こんにちは。


姿勢工房ストレッチングオフィス代表です。


腰椎分離すべり症のクライアントさんから ご相談を頂きました。





高校生アスリートのクライアントさん。

陸上部所属。

部活動中は、痛みは出ないけど部活動終了後、必ず腰痛が出る。

病院で 「腰椎分離すべり症」 の診断を頂いています。





まず、話を聞いた時点で 「腰椎分離すべり症」 の典型的な姿勢 「骨盤前傾・腰椎過前彎」 を疑いました。

腰椎に強い負担がかかる姿勢パターンです。



実際に姿勢をチェックしてみると・・・

予想外の「スウェイバック姿勢!」 腰椎の前彎は少なく、骨盤の前方移動が大きいタイプでした。

スウェイバック姿勢は、腰椎のストレスが小さい姿勢なので、この姿勢で 腰椎分離すべり症になったとは考えにくいです。




もう一度、原点に返ると 「部活動中は痛みが出ない」 という事は、現在の姿勢(スウェイバック)では腰椎に負担がかかっていないと言えます。


まず、「骨盤前傾・腰椎過前彎姿勢」で、腰椎に強い負担をかけたため 「腰椎分離すべり症」 になった。

その後、腰部に痛みを感じ、痛みを回避する(特に腰部伸展を避ける)姿勢として、現在の 「スウェイバック姿勢」 を新たに再構築したと考えました。




この姿勢変化の仮説ステップを 細かく再検証しながら 充分注意してパートナーストレッチとトレーニングを行っていく必要がありそうです。





☆☆基礎から姿勢改善を勉強しませんか?

姿勢改善ストレッチ(FSSストレッチ)インストラクター養成

姿勢工房ストレッチスクールホームページ


スクール併設オフィス

姿勢工房ストレッチングオフィス(完全紹介制)ホームページ



【伊勢市】 姿勢から美と健康を引き出すパーソナルトレーナーのblog 【ストレッチ&体幹強化】

伊勢市 姿勢改善専門パーソナルトレーナーさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス