・こだわりとわがままの境界線
・こだわりの背景にあるもの
・あなたもかつてはそうだったかも…
 

 


一歳後半からだいたい2歳代に現れるこどもの『こだわり』。ちょうど、この時期『いやーいやー』も重なり、多くの大人は子どものこのやり取りにげんなりしてしまいます。


我が家の娘も、この時期ありました

姫路城にのぼった上でひっくり返ってグルグル回っておりました。『いやー💦』

彼女にはちゃんとした理由があったんですよ。



 

こだわりとわがままの境界線
 
多くの子育て中のママやパパがどこまで見守ればいいのかわからない、悩んでしまいます。
と感じているようです。

辞書では、

こだわり…ひとつのことについて強く思い入れたり、執着したりすること。

わがまま…相手・まわりの者の意に反して、無理な事でも自分がしたいままにすること。したいほうだい。


とあります。

こだわる対象が、自分ひとりで完結している物であれば人は『こだわりが強い』と言う表現をしていて、
そこに他者が関わってもそのこだわっていること事態に変化させられない場合、『わがまま』と表現しているように感じます。


 
こだわりの背景にあるもの
 
一概にすべての子どもに当てはまるとは言いませんが、このこだわりの背景には幼児期特有の秩序感が隠れていることがあります。

幼児期にしかない特別な感受性、それは
『秩序の敏感期』。始まりがあれば終わりがある敏感期です。

子どもが世の中を知っていく上で欠かせない秩序。

いつもの順番
いつもの場所
いつもの所有者

それが変わると混乱する、子どもは違うー!いやー!と知っている言葉やできる限りの方法でなんとか伝えようとします。

この秩序感がある時期は、子どもの事を理解した上でこういう時期だと認識すること。
そして、どうしても変わるときや受け入れることができないこともあるので、その時はお話ししてあげることが大切です。

 
あなたもかつてはそうだったかも…
 今は大人である私達もかつてはそういったこだわりがあったかもしれません。
今は思い出せないけど、みんなそういった時期を経て今に至ります。

大人と子どもは違う

子どもにとって大切なその子の土台を作る時期がこのときです。

理解したうえであまり神経質になりすぎず、見守り伝えてあげてくださいね。


 
 
育児の本質をどこでも学べる・桜びよりオンラインスクール育児オンラインスクールの桜びよりオンラインスクールです。べービーマッサージを自宅ででき、またモンテッソーリ教育も自宅でできるスクールとなります。マザーリング・ベビーマッサージ・モンテッソーリ・発育発達講座など、子育ての本質をお伝えします。いつでも、どこでも学べ、悩み解決できる会員専用動画も数多く用意しております。個別相談にも応じてますので、育児に関しては万全…リンクperaichi.com

 

 

 

 

 

【桜びよりLINE公式アカウント】

 

 

大阪府堺市北区長曽根町
モンテッソーリ幼児教室&ベビーマッサージクラス
桜びより 澤田美紀子