9/21(金)日本酒をね、

9/21(金)

やま蔵女将でございます。

一雨ごとに秋が深まる今日この頃…とはよく言ったものでございますね。
数日前まで半袖で過ごせておりましたが、いよいよ長袖の季節でございます。


昨日も1日中雨が降り、お足元の悪い中、


ナイスミドルとナイスミディの常連さんカップル、

くまさんグループ、

女でもない男でもない。性別を超越した男常連さんの『Mr.人間』、

終電で駆け込み晩ご飯のイケメン先生、


ご来店下さいました。
いつもありがとうございます❤︎


獺祭から火が付きました、日本酒再ブームでございますが、ご来店頂いたお客様から、日本酒の産地や種類を聞かれることが増えたように思います。


やま蔵でお出ししている日本酒


〜昔ながらの辛口〜
秩父錦(埼玉県) 450円

〜淡麗辛口〜
八重寿(秋田県) 450円

〜純米大吟醸〜
郷乃誉(茨城県) 720円



獺祭はないの?
もっと種類を置いて欲しい。
など、お声を頂戴いたします。


当店が、行列が出来る大繁盛店でございましたならば、お客様のリクエストにお応えして、多種多様な日本酒を取り扱いところでございます。

こだわりその1、『風味』

ワインと比較しますと、【酸化にはある程度、強い】日本酒ではございます。
ですが、開封後は冷蔵していても、日毎に風味が落ちて参りますので、すぐに飲みきるべきだと考えております。
しっかりと造られた日本酒であれば、「口開け」したからといって、そこまで神経質になる必要はございません。
口開けしたばかりのフレッシュな味も楽しめたり、(銘柄によっては)開封後に、冷蔵庫や室温などで数日おくことで、旨味が増すものもございましょう。

でございますが...!!
水を使用している日本酒でございますゆえ、長期的な保存は、水が劣化してしまうといわれ、やはり風味が落ちる原因になるそうでございます。
店主がこれまで、色々と吟味に吟味を重ねた結果、この3種類を口開けして風味が落ちない数日の間でお出ししております。


こだわりその2、『グラス』

冷は、グラスにお注ぎいたします。
1.4合のグラスでございます。
表面張力までお注ぎし、こぼしません!


このお値段でこの酒がこの量で呑めるなんて、と喜びの声を頂いております。
たっぷりお召し上がり下さいませ。



◆本日のオススメ◆


・鮪のステーキ
・愛媛産シマアジの刺身
・エンガワのユッケ
・茹でたて枝豆


本日もよろしくお願い致します。
#やま蔵
#南林間
#南林間の居酒屋
#ご予約承り中
#寿司職人
#寿司屋で修行13年
#開業12年
#板前歴25年
#職人気質
#ゴルフ大好き
#仕入れの後は毎日練習
#感謝
#宴会
#飲み会
#枝豆も終盤
#シマアジ
#エンガワユッケ
#生本鮪


via Food Factoryやま蔵
Your own website,
Ameba Ownd