選挙公約「情報フルオープン構想」も何か違う件について。 | 西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮市議会議員の川村よしとです。
仕事やプライベート、トレーニングのことなどを気軽に書いていこうと思います。
こっそり、筋肉議員枠での認知度向上も狙っています(笑)


テーマ:

9月定例会の一般質問のお話です。

 

・・・

 

前提として、

公約には「基本的にあらゆる行政情報をオープンにする」と、

記載されていました。

 

ボク:行政情報の定義は抜きにしても、

   情報には、開示されているもの、されていないものがあります。
   されていないものも、

   情報公開請求をすれば、開示されるものがあります。
   この文面からは、情報公開請求をしても、これまでなら公開されなかったものが

   公開されるようになると読み取れます。
   例えば、新卒採用に不正がないか確認する趣旨で情報公開請求をされたものの、

   棄却された情報などがこれに当たります。
   この理解で宜しいですか?

 

市長:これも、怒られるかもしれないんですが、そうではありません。
   分かりづらい情報を、分かりやすく編集し直してから、

   オープンにするという意味です…。

 

ボク:(…ダメだ、話にならん。)

 

・・・

 

ちなみに、事前調整を試みた際の質問に対する回答は、

チラシに記載のヤツをショボくした感じでした。
ホットラインも含め。

 

なんていいかげんな選挙公約だったのだろう。
公約だけに絞れば、前市長の方がマシだった。
重要な公約を何ひとつ実行しなかったことをのぞけば。

 

・・・





先日食べた蟹味噌。
悪意ありますね(笑)

 

それでは、今日はこのへんで。

ありがとうございました!!

 

 

 

 

川村よしと

川村 よしとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります