【POLICY】行政改革について②〜人事・給与制度〜 | 西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮市議会議員の川村よしとです。
仕事やプライベート、トレーニングのことなどを気軽に書いていこうと思います。
こっそり、筋肉議員枠での認知度向上も狙っています(笑)


テーマ:
続きモノですね。
前回のヤツ、
なかなか評判が良かったので嬉しいです☆

簡単にあらすじを説明すると、
市長が代わって1回目の一般質問なので、
マニフェストを軸に質問を設計
しております。

そのマニフェストの中で、
合理的な行政運営、財源確保という観点から、
最重要課題と言えるのが行政改革。
財源を確保する方法は、
・ムダな事業の削減。
・人件費の削減。

このふたつしかないと記されており(ボクも同感)、
前回は事業について書いたので、
今日は人件費の削減について書きます。
…という流れです。

それでは、宜しくお願いします!

【前置き的な説明】
次に、人件費の削減についてですが、
マニフェストで述べられているのは、
役所出身の市長と、
楽して厚遇を守るために活動する公務員労組の馴れ合いのせいで、
他市であたりまえの改革が阻まれ、
市役所は住民の常識の通じない厚遇天国になっています。
…ということでした。

実際に、管理職になっても責任が増えるだけで、
残業手当もつかないから損だ…
という声を、
何人かの若い職員の方から聞いたことがあります。
年功序列で給料が上がり、
能力があってもそれが給与に反映されづらい現行の制度
では、
そういった声が出るのも当たり前です。

財源の確保ということだけでなく、
優秀な人材がモチベーション高く働き、
より機能する組織づくりをするためにも、
これらの制度を抜本的に改革することはとても重要です。

これについて所信表明では、
給与構造の見直し、管理職手当の定額化、
人事評価制度に基づく処遇への反映
についても触れられており、
技能労務職の採用についてもストップされると伺っておりますので、
大きな方針の転換が示されたと言えるでしょう。

私の調べた自治体では、今村市長が先日、
別件で視察をされていた箕面市が先進的な取り組みを行っており、
市長が目指す行政改革を、今まさに体現しようとしているところだと思いました。

その内容については、今村市長も親しくされている方の政策ですし、
もちろんご存知かと思います。

今日は、時間の都合上、
その具体的な進捗のスピード感について
触れさせて頂きます。
※配布資料2ページ④をご覧下さい。

2ページ

時系列で言えば、平成24年8月にプロジェクトチームを発足し、
平成25年2月に人事・給与構造改革プランのたたき台を公表、
平成25年9月には人事考課の試行実施、
平成26年6月には、
プロジェクトチーム発足から2年足らずで、
新給与関係条例を市議会で可決
しています。

平成27年4月までを職員への周知期間とし、
それから条例の施行という予定であるようです。
ちなみに、組合との交渉は、
平成25年8月から平成26年6月までに予備交渉約30回、
団体交渉5回
とのことでした。

有権者の方々が今村市長に期待しているのは、
こういった具体性の伴う、
スピード感ある確かな改革であると思います。


【質問】
そこで質問します。
2点目、公務員の人事制度、給与制度の改革について、
いつ何を行うかという具体的な期日や指標はお持ちでしょうか?
また、現在お持ちでないのであれば、
それはいつ示されるご予定でしょうか?


【市長答弁】
人事制度、給与制度の改革についてのご質問にお答え致します。
人事・給与制度関連の改革につきましては、
直近でしなければならないところから着手しているところでございます。

それが、市長就任時点で既に進行していた、
平成27年度の採用試験の見直しについてでございます。
これに関連して、職員採用における課題の整理、
今後の試験の実施方法などに着手していくつもりです。

今後は、今年度実施している採用試験が落ち着き次第、
8月の人事院勧告で国から示された給与制度の総合的な見直しなども参酌し、
だいたい10月頃になると思いますが、
その他の人事、給与制度の設計に着手して参ります。


【意見・要望】
現状、具体的なプランがないことは分かりました。
(…と言ったら、市長に睨まれましたが笑。
だって、広い意味で人事制度とは言え、採用のことは聞いてないし、
現在お持ちでないのなら…という質問に「10月頃」って言ってくれたわけで。)

選挙前のチラシには、
「ありとあらゆる行政改革を行います」と書かれていましたから、
10月頃というご答弁も頂きましたし、
その議論ができるのを楽しみにしています。


【読み原稿になかったことを補足すると…】
行政改革、特に給与制度や評価制度を含む人事制度は、
ボク個人としても以前から必要性を訴えているものです。
この点、市長と方向性は一緒だと思っています。

現状で、粗くても何かしらのプランをお持ちなら提示して欲しかったので、
他市の給与制度改革のスピード感を例に挙げての質問でしたが、
まだまだこれからといった様子でした。

市長には睨まれちゃいましたが「10月頃には着手」という答弁って、
これまでなら考えられないような話なので、
すごく価値ある答弁だと思います。

新卒採用については、
今の採用が落ち着いたら是非議論したい案件だったので、
今回の答弁で採用の優先順位の高さも分かったのは良かったですね。

□■□

ある幹部職員の方に、
「早くBlog更新してくださいよ~☆」
…と冗談まじりに言われました。

おそらく楽しみにされているのは、次の次になるかと思います(笑)
もう少しお待ち下さいませ。

それでは、今日はこのへんで。
ありがとうございました!





川村よしと

川村 よしとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります