「私の戦闘力は53万です」…みたいな話。 | 西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮の筋肉議員、川村よしとの活動日記。

西宮市議会議員の川村よしとです。
仕事やプライベート、トレーニングのことなどを気軽に書いていこうと思います。
こっそり、筋肉議員枠での認知度向上も狙っています(笑)


テーマ:
タイトルからふざけて申し訳ありません。

$川村よしとのブログ-ふりーざ

元ネタはコレですね(笑)

あのセリフの絶望感はハンパじゃなかったなぁ…。

□■□

仕事から帰って家のポストを開けると、チラシが入っていました。

「議員の給料減らしましょう!」という内容でした。
そういうの、ウケる所にはウケますからね。

こういうの、ウンザリなんですよ。
だって、何かただ媚びてるだけなんだもん。
議員は給料貰い過ぎだ!
それを減らそうと頑張っている俺たちは、市民の味方なんだ!
…みたいな。

そりゃ、その辺の人に、
「議員って、お金貰い過ぎだと思いませんか???
 減らしましょうよ!!!」
…って言ったら、よく分かんない人は乗っかりますよ。
だって、議員ってお金持ってそうなイメージありますもんね。

議員になった後、友達に、
「川村クン、議員になったんだから月100万円くらい貰ってるんでしょ?
…って訊かれました。

そんなバカな(笑)
でもまぁ、そんなイメージなんでしょうね…。

このチラシに迷惑している議員は多いはずです。
明らかにミスリードを誘う内容でしたから。

その中に、
「高額な報酬をアテにして議員になる人が出る」
…という主旨の文章がありましたが、
そんなんであの厳しい選挙を戦えるのなら、是非やってみて下さい。

お金を稼ぐなら、もっとイイ仕事があると思いますよ。

□■□

例えば。

たいへんな資産家であれば、
もともとお金持ちだから、報酬を減らしても平気だと思います。

もしくは、議員の仕事なんてせずに、
ふだんから自分の本業でお金稼ぎに精を出していれば、
議員報酬は丸儲けです。
それなら、多少減らしてもいいでしょう。
そんな人を見ると「議員の仕事なんて楽だ」なんて勘違いしそうですですが、
それは、その人が議員の仕事をしてないだけです。
定例会に出席して、多数決に参加するだけが仕事じゃないですからねぇ。
そういう人の一般質問とか、ホント酷いです。

もしくは、結婚などされていて、
ご主人がしっかり働いていらっしゃれば、共働き夫婦ってことでしょうから、
気楽に削減とか言えちゃう気もします。

でも、よく働いてるなぁって思う専業議員さんとホンネトークすると、
「こんなに働いてるんだから、報酬削減は正直しんどい。」
…って言うと思います。

まぁ、例えばですけどね(笑)

□■□

額面だけ見れば、なかなかの金額だと思います。
市議会のホームページにも載ってますけど。
→『議員の報酬及び費用』

でも、額面だけが先走るとしんどいです。

議員報酬と公務員や会社員の給与は、同じ天秤には乗りません。
仕事の経費を自腹で出すこともあるし、選挙の積立もしなきゃだし、
退職金があるわけでもないし、4年に1回失職する危険があるし。
落選した後、通帳に800円しかなかったことを、ふと思い出しました(笑)
アレは、ホントにキツい。

好きでさせてもらっている仕事ですが、正直お金は儲かりません。
お金持ち議員の人は、別の仕事で稼げているからお金があるのです。
もしくは、もともとお金持ちの家の方です。
ボクはお金がないので、仕事の経費を捻出するために、
別で仕事をしたいと思っているくらいです。

□■□

政務活動費という、仕事の経費として使えるお金があります。
→『政務活動費』


ボクの場合、去年は年間の限度額180万円をオーバーしてます。
今年もたぶん、オーバーするでしょう。
チラシの印刷代と、その配布代で終わりです。
配布代については、
フツーに20万枚を業者に委託すれば100万円以上かかるところを、
自分とボランティアのスタッフとで配ってなるべく経費を抑えながら、
アルバイトの学生に来てもらう形で、何とかやっています。

チラシは、A4両面カラーふたつ折り、紙はほどほどの質のもので、
1枚当たり2.5円です。
20万枚で、税込み郵送代込みで53万円くらいです。
年間40万枚印刷すると100万円オーバー。
配布代を、通常(40万枚なら250万円くらい?)の半額以下に抑えても、
印刷費+配布代で、限度額180万円はオーバーしてしまいます。

その他、視察に行ったり本で勉強したり、
そういったものにかかる経費は、ぜんぶ自分の給料から自腹です。
仕事に使う携帯電話も、パソコンも、プリンター等の維持費も、
普通に会社に勤めていたら会社がもってくれるものも、
政務活動費の年間限度額を超えたら、ぜ~んぶ自腹です。
しかもその自腹ぶんは、個人事業主の人のように経費計上できません。
だから、仕事にお金を使っても、税金は報酬全額にかかります。
コレも結構痛いんです…。

ある職員さんと、冒頭のチラシの話になった時のやり取りですが。

ボク「…って状況なんで、額面はイイけど現実はキビシーんすよ。」
職員さん「いや~、自腹分の経費とかは計上できると思ってましたわ。
     福利厚生もゼロだし、思ってたのと違いますね。」

「私の年収は1150万円です。」…なぁんてフリーザ様みたいに言ったら、
マジかよ!!!
…ってリアクションされそうですが、それは真実ではありません。

この職員さんのリアクションが、正直なところだとおもいます。
そう、思ってたのと違うんです。

□■□

そもそも。
西宮の未来を創っていく自分たちの仕事を、
なぜそんなに安く値踏みできるのか、不思議で仕方がありません。

さらにそもそも。
議員報酬と政務活動費って、西宮市の予算の1%未満なんですよね。
残りの99%に関して、精一杯働く議員であれば、
議員報酬も政務活動費も、削減の必要はないと思います。

選挙の時、インチキ遣いをする人がいるならば、
政務活動費を見直す必要があると訴えましたが、
議会改革が進み、そんなインチキをするのは不可能な状態です。
また、上記の通り、
ボクの場合は自分がやりたい活動をするだけで、
基本的には予算オーバーです。

議員報酬を上げろとか言わないから、政務活動費を上げて欲しいな。
…とか言ったら怒られちゃうかしら。

まぁ、ホンネを言うと、
ちゃんと仕事しない議員が、
議員をを辞めてくれるのが、いちばんの経費削減でしょう(笑)


それが誰なのかは市民の方が判断できれば良いわけで、
それを判断するチャンスが選挙なわけで、
そうなると、議員の数を減らして投票率を上げるのが、
いちばんいいんじゃないかと思うわけですが、
この辺は、当選直後のBlogにも書きました。
→『議員定数の削減&投票率の向上はセットメニューです。』


この辺の話と、議員定数と投票率の話は同じ切り口で話せるので、
チラシにして配りたいなぁと思っております。

長々書きましたが、今日はこのへんで。
ありがとうございました!






川村よしと

川村 よしとさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります