ロォ・ロゥの霊とかひょっこりブログ -4ページ目
2015-07-23 00:45:07

書籍「猫の死後はどうなるの?」紹介

テーマ:霊魂学
今日は猫が主役の書籍を紹介します。
猫の死後の実態について、霊媒・水波一郎師が死後の世界にいる霊魂から聞いた話を元にした物語です。

猫も人間と同様、肉体とダブるように重なっている霊的な身体(幽体)を持っています。
ですので、人間と同様に猫も死ぬとあの世に行きます。
(あの世は、物質ではないので土地が限られているとか、人や動物が狭い所でいっぱいで窮屈といったことはなく、計り知れないほど広大なようです)

ペットとして飼っていた方は、心配だと思います。
ですが他界してしまうと、基本的にこちらからしてあげられることはありません。

また、死後の世界の法則により、人も猫もそれぞれの幽体の状態によって行き着く場所が違います。
猫の大半が人間の生活圏で暮らしていた以上、霊的な影響を良くも悪くも受けています。
それが死後の幸不幸にも影響しています。
いわゆる、天国地獄といった格差があるのです。
ですので仮に、飼い主の人が亡くなったとして、その猫に会おうとしても霊的なレベルがあまりに違うようだと難しいようです。

猫の死後の生活について書かれている本はほとんどないと思います。
猫好きな方にオススメの一冊ですが、死後の世界がどうなっているかも書かれていますので、そちらに興味ある方も読んでみてほしいと思います。

amazonにて販売
「ネコの死後はどうなるの?-ニャンコの救世主」
2015-05-30 22:50:14

霊的な修行って? その2

テーマ:霊魂学
前回の続きです。
ここで霊的な修行法である「神伝禊法」について紹介します。
知らない人が見れば、「川に浸かって時々水をかぶっている。水浴び?」と思うでしょう。

その水浴びが実は「禊(みそぎ)」という行為だとすると、全く違うことになります。

どういうことかと言うと、人には身体から見えない霊的な気、オーラのようなものが出ています。
霊魂は物質の目がありませんが、自分と同質の霊的な気であれば見えやすいそうです。
そして人が禊の作法をする時、霊的な気が動くそうです。
それを合図に協力してくださる霊魂がいれば、それに応じて霊的な力が降りるのです。
その結果その人の霊的な気、オーラを向上させ、見えない汚れを祓い落としたり、さらにはその人の意識の奥、辛い心情をも和らげることさえできます。

なぜか?

それは人が肉体とは別の霊的な身体(幽体)を持っていて、それは肉体とダブるように重なっていて、表面の意識や人生、死後に影響を与えてしまいます。
そこで霊的な修行を行って幽体に刺激を与えましょうということなのです。

それが「神伝禊法」や「神伝鎮魂法」といった霊的な修行方法です。
もっとも根本的なことを改善しましょうということなのです。

以上が(おおまかな)霊的な修行とその成果の説明です。
霊的な修行と水浴びは違います。霊魂が力をかけなければただの水浴びですし、単にさっぱりしたいから禊をするわけではないのです。

とはいえ、見えない世界の話です。
成果を実感できるのか? と思うでしょう。

「わかる時もあるが、わからない時もある」

ここではそうとしか申し上げられませんが、神秘の法をぜひ体験してみてほしいと思います。

書籍「神伝禊法 - 新時代の霊的トレーニング」がオススメです。
2015-05-20 00:05:13

霊的な修行って? その1

テーマ:霊魂学
単に修行する、と言うと、厳しく辛いことに耐えるイメージがある気がします。

それが宗教上の修行だったりすると、冬の山に登って冷たい滝の水に打たれるとか、長時間じっと座って何かを唱えたり瞑想するのが修行だと思うかもしれません。
または、日常生活で清く正しく生きることが心の修行という主張もあるかもしれない。修行といっても多様にあります。

それらの修行は意味があるのでしょうか。
おそらく、自ら何らかの目的・欲求があって修行を行っているはずです。
何かを達成もしくは解決したいから修行しているのだと思います。

では修行の成果とはなんでしょうか。

水に打たれて心がさっぱりしたとか、物事について深く考えられるようになったとか
愛情が深くなったとかでしょうか。

それら表面の意識の変化が目的であり達成できたのなら、それはそれで良いと思います。

ところが「水波霊魂学」を学ぶと、ヒトというのは大変複雑で、神秘的であると知ることができます。

つづく

2015-05-11 00:16:27

死後の世界は広大

テーマ:霊魂学
ヒトは死ぬとあの世に行きます。
たとえ生まれ変わり、地上に再生したとしても、実は前世の自分は気づかずにあの世で暮らしていたりします。
※再生については今回省略します
ですので、あの世には今まで亡くなった方達がいます。

そうなると、あの世は死者でいっぱい、住む場所がないのでは?
と心配される方がいるかもしれません。

ところが、あの世には物質はありません。
面積の決まった地球の陸地のような所で暮らすわけではないそうです。
太陽がないから昼夜はないのに、かといって全部真っ暗かというとそうでもなく。
肉体がないので、お腹は減らないし眠くもならない。家を建てようと念じれば一瞬で出来上がるそうです。

地上の私達から見ると、随分と不思議な世界です。
地上に物理的法則があるように、死後の世界には霊的な法則があります。
地上では常識だったことも、死後の世界では違うそうです。

更には、死後の世界には階層のようなものがあって、上の方には天使、神様と言えるような存在が、下の方にはおぞましいものがいるようです。
その差ははかりようもない程に遠いらしく、それだけ死後の世界は広いと考えられます。

人は必ずあの世に行くため、今の内から正しい知識と準備をしておいた方が良いと言えます。

前記事にて紹介した書籍「死後の世界で恋をして」は死後の世界が詳細に書かれているのでオススメです。


2015-04-26 22:15:30

書籍「死後の世界で恋をして」紹介

テーマ:霊魂学
契山館主宰 水波一郎師による著書
「死後の世界で恋をして - 愛って? -」を今日は紹介します。
内容について、とても簡単に書くと

事故で亡くなった主人公が恋人の事を想いながら死後の世界で生活し、仕組みを学びつつ、地上に戻ってみたり……

という感じです。

人は死後の世界でも恋愛をするそうです。しかし肉体はありません。
それはある意味で、ステキなことかもしれません。ところが、肉体を持たない霊魂には霊魂なりのトラブルがあるそうです。

また、死後の世界は一見自由で思い通りになるようで、そうはいかなくったということもあります。
それは亡くなった人は全員、死後の世界にきて生活しているので、人間関係ならぬ、霊魂関係に悩んでしまうこともあるそうです。

本書は、霊媒である著者が、霊魂方からメッセージを受け取り、物語風にした一冊です。
詳細な死後の世界の探求と、「愛」とは何だろうと考える方にオススメです。

amazonにて販売 書籍「死後の世界で恋をして」

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.