2012-06-24 21:02:14

霊的障害(憑依)

テーマ:霊魂学
今日は霊障(霊的障害)のひとつである、いわゆる憑依についてさっくりと書きます。

憑依とはひとつの肉体にひとつの魂「霊魂」が入っている中に、
まったく別の霊魂が進入することです。
原因は基本的にその人に霊的な隙があるせいで憑依されます。
こうなると肉体の脳に対してかなり強く影響を与えることができるようです。
残念なことに霊魂が出たり入ったりしてもその人はまず気づけないそうです。

次に霊的な隙とは、心が沈んでいるとか霊を信じていないとかではありません。
その人の全身から発する霊的なオーラ(幽体、間気)のどこかが出ていなかったり
外部に流出しているというような不調が原因だったりします。
その不調が不道徳な霊魂の進入を許すきっかけとなるのです。

いたずらをする霊魂にしてみれば、
肉体は取り替えのきくおもちゃのようなもので好き勝手に遊ぼうとするようです。
その人の人生は程度によりますが狂わされると思います。

ちなみに少し霊的な不調があったから即、憑依というわけではないようです。
霊魂によりますが肉体を乗っ取るにはそう簡単ではなく時間がかかるそうです。
また憑依できなくても、霊魂がその人の側に寄って霊感で誘導できれば結局人生に悪影響を受けてしまいます。
(またそのような状態で他界してしまうと側にいた霊魂が迎えに来てその後辛い思いをする可能性が高いそうです)

まとめます。
体の弱い人は病気になりやすいのと同じで、
不道徳な霊魂に干渉されやすい人は霊的な隙がある限りまた狙われるのです。

除霊するという方は多いようですが、
霊的な隙、不調を改善する方法を行う方は見かけない気がします。

そうした中で契山館では解決する方法を示しているので紹介します。
まずは霊視(霊的調査)を依頼し、必要であれば霊的身体を健全にする霊的治療、霊術を受けることです。
または自身が霊的な訓練をして改善する方法などがあります。

こうした対策をしっかりと行えば絶対とは言えないまでも、
何もしていない人に比べてだいぶ安全だと思います。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-17 19:24:33

運命、予知、予言

テーマ:霊魂学
今日はタイトルにあるような言葉、すなわち未来について霊的な存在はどう関わっているのか、私なりにさっくり書きます。

結論から言うと未来は確定していません。
ですが、筋道のようなものはできています。

例えばある人の守護霊(過去記事「高級霊/守護霊①」参照)
がその人を観察すると、今生でどういった人生を送るのか予測がつくそうです。
その人の魂(幽体)は前世(過去世)の経験、心情の集積が内在しており、その中で主張の強いものや何かのきっかけで幽体が思い起こした心情が肉体の脳に影響を与えてしまい、無意識に選択を誘導されてしまうからです。

「どうして自分はいつも同じような結果になってしまうのだろう」

「ちょっとしたことなんだけれど、イライラしてしょうがない」

その人は原因がわかりませんが、
守護霊から見ればそれは過去世の影響だとわかるようです。
その過去世を軌道修正するのが守護霊の役割のひとつなのですが、
人間の側に問題があるとなかなか接触することができません。

また、それは更に
人類という大きな視点で見た場合も
(このままいけばおそらくこうなるだろう)
と高級な霊魂から見れば予測がついてしまうのです。
ですが具体的な時期、時間はどちらもわかりません。
人それぞれに前世(過去世)が存在し、日々他人と混ざりあいます。
さらには高級な霊魂、不道徳な霊魂も地上に干渉している為に細かいことまでは上位の霊魂、神々もわからないようです。
高低両方の霊魂とその勢力が人類の未来に向けて様々な手を打っているようです。

それでは運命、予知、予言を変えるにはどうしたらいいのか。
物理的なことはともかく、霊的な対策方法ははっきりしています。
それは過去世の影響を和らげることです。
そしてそれを知りサポートする守護霊と霊的な距離を縮めることです。
それには禊や鎮魂法といった霊的な技法、霊的トレーニングが非常に効果的です。

運命を受け入れるからいい、自由に生きるという方もいると思います。
ですがそれは霊的な視点でみれば良いとはいえない事だと思います。
なぜなら過去世の問題を解消するのは、生まれた意味につながるからです。
その為に守護霊がいるのだし、その為に霊的な修行があると思うからです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-10 20:09:21

未熟と真実

テーマ:このブログについて
私が霊的な事をブログに書く時、自信満々に言いきっていると思いますがその実、
いつも判断と選択に悩んでいます。

この内容でいいのだろうか? 
間違った事を書いてはいないだろうか?
会に対して誤解を生まないだろうか?

そもそも一会員である私がさも「わかっている」かのように不特定多数に対して
「霊魂、霊の世界はこうなんですよ」
などと書く、話すのは、実は辛い面があります。

それは私が人間としても霊的修行者としても未熟だからです。
だからミスもあります。しています。

もっともっと力のある立派な方が大勢いて、いたる所で霊的真実を説き体現して欲しいのですが、そういう方は非常に少なく、または知られていないと思います。

仮に霊魂やあの世の仕組みを知らないまま他界しても何事もなく済めばいいのですが、全員が全員そうではないと聞かされ私自身もそう感じた時、
「じゃあ、知らない人にもこのことを伝えよう」
というのがブログを書いている理由です。

しかし霊的世界の証明は困難です。
というより、それ以前に宗教的、霊的団体は昨今の事件によって世間に嫌悪感を持たれ、全く関係がないのにひとくくりにされてしまい、何かを主張しても初めから警戒されて素直に聞き入れてくれないのでどうしようもないという問題も起きています。

重ねて言いますが、私は未熟者です。
大小様々な問題を抱えています。
本来なら他人にモノを言える立場ではないと思います。
ですがせめて、私個人のブログでは強く言いたいのです。

霊魂は実在します。
そして人も霊魂なのです。
契山館の霊魂学は霊的世界の実質を追求しています。
多くの人が霊魂学を学び、霊的トレーニングを実践してほしいと思います。

貴方が変わればわずかでも世の中は変化するのです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2012-06-03 18:12:07

たましいの仕組み その2

テーマ:霊魂学
前回の続きです。

人には「幽体」という死後の世界で使う霊的な身体があります。
この幽体は肉体にダブるように重なっています。
どうして重なっているかというと、
肉体と幽体を接着する質量エクトプラズム(間気)がある為です。
幽体も間気も活動が弱かったり、一部が出ていなかったり外部に漏れたりするなどの異常があるといわゆる霊障が起きやすいと考えられます。

本題に入ります。
幽体は人を構成するたましいの一部です。死後も使う身体です。
ですが幽体が全部ではありません。
どういう事かと言うと、実は、人には幽体以外にも別質の高級な身体「霊体」と更に<省略>というのがある人にはあるのです。

霊体は理性的であり霊性を主張するのが特徴です。
例えば幽体が何かを判断し、好みを肉体の表面意識に主張した時、霊体はその好みは過去世(前世)によるもので似たような失敗をするから好みを変えた方がいいと肉体の表面意識に主張するのです。

以上の事から、
人は肉体、幽体、霊体、<省略>などの複数の身体の別々の意識が、
その時々に複雑に影響し合いながら知らない内に人生を歩み選択しているのです。

つまり、たましいとはこれら四つをまとめた集合体なのです。

もっとも、霊体という身体は非常に高貴であり死後の世界にいる霊体を成長させた霊魂は神々と呼べる程の存在です。
それに比べて地上にいる普通の人はわずかに輝いているか、全くない人もいるそうです。生きている間に霊体を成長させるには特別な方法が必要になります。
(まずは幽体の成長が大事です)

まとめると
人は複数の身体、個我を持つ複合的な生き物です。
幽体の過去世の心情が良くも悪くも人生に影響を与えます。
更に地上には高低両方の霊魂がいて知らない内に人間に干渉してきます。
更に人は強い想い、例えば怒りで相手の幽体を傷つけることもあります。
一方で真剣な祈りが守護霊といった高級な霊魂を引き寄せることもあるのです。

更に更に……。
とにかくつまり人は霊は書ききれない程の神秘があるのです。
霊魂学だけではなく、実際に霊的トレーニングを行って実感してみて欲しいと私は思います。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。