今まで、

「勉強しなさい!!」と言ったことはありません。ニヤニヤキラキラ


勉強や読書は勝手にやってくれていました。

 

 

でも、お手伝いだけは、なかなか自分からはやってくれませんでした。笑い泣き

 

毎日のように、私から、

「台ふき手伝ってもらえませんか?」

「お風呂沸かしてもらえませんか?」滝汗

と、お願いしてちょっとストレスだったのですが、

 

最近、とくに今年になってからは完全に私の手を離れました。

 笑い泣きキラキラ

 

 

 

夕食がおわって一息ついたら、

 

幼稚園年長の長女は、家族全員の洗濯物の仕分けと自分の分を整理しに、

 

小学3年の長男は、お風呂の栓を抜いて、

お風呂を洗って沸かします。

 

 

そして、

自分たちで、おもちゃや本を片付けたり掃除してから、

 

長男は宿題を始めます。100点

 

長女はお風呂に行きます。

 

 

 

 

 

完璧に自分たちでやってくれます。

 

これが毎晩のリズムになりました。

 

 

 

一朝一夕にここまで来たわけではありません。

 

アドラー心理学を学びながら、

何度も何度も試行錯誤を繰り返し、

家族会議を毎月繰り返し、

やっとみんなで協力できるようになって、

今の平和で楽しい我が家があります。ウシシてへぺろラブニコニコデレデレラブラブキラキラルンルン

 

 

 

家族の個性もありますから、私たちのやってきた方法を、細かくここに書き込んでも、おそらく真似できないと思います。


 

 

でも、アドラー心理学の育児を実践していくと、家族みんなにとって一番いい方向に行く・・・という予感はあるんです。ウインクキラキラ

 

 

だから、お勧めします!!

 

アドラー心理学の育児コース「パセージ」!!

 

ちゃんと実践されたら、8週間で、きっと何かが変わります。

 

 

大阪から実は近い

川西市でも、パセージが開催されます!!

 

1年以上ぶりです。

 

次いつか分かりません。(笑)

 

 

是非、この機会をお見逃しなく~!

京都と川西でのアドラー心理学の育児コースのご案内は、ここをクリックラブラブ



川西アドラー勉強会のお世話役、おしるこでした。




 

 

AD