訪問ありがとうございます~ (*^ー^)ノ
沢山のコメント、いいね!、ブログ村、人気ブログランキングへの投票ありがとうございます。

 

風が少し冷たいですが暖かくなってきましたね。

 

 

さてさてっと3/11日午後からトラクターの耕耘爪の交換をしました。

 

いきなりトラクターのインパネが出てきましたが、耕耘爪の交換をするので

何時間稼働したか確認のためです。

 

 

このトラクター今月21日で新車納車して丸3年が経ちます。

クボタKL-27R今回初めての爪交換です。

 

この前がFT-23でした、このときの耕耘爪の1回目の交換が200時間でした。

約2.5倍以上長持ちした事になります。

 

爪はミラクル反転爪で36本、ロータリ幅は160㎝です。

以前のロータリ幅は150㎝でした。

 

なぜこんなに長持ちしたかってロータリ幅の10㎝、微々たるもんですが

10㎝の差でも16回ターンすれば1回分違いますからね。

 

あとは馬力アップになり作業効率が1.5倍くらい速くなっています。

遅いと同じところを何度も爪が回転するので摩耗も早くなります。

 

もう一つにローターリーの回転数ですが、エンジン回転数MAX2700rpmで

ロータリー回転数が540回転です。

ところが2000rpmまで下げて使っているのでロータリーの回転数は

確か450回転くらいまで下がっていました。

 

以前のトラクターもMAX2500rpmのところを2000~2200rpmに下げていましたが

エンジン回転数と水温計、フューエルメーターしかなくて、ロータリー回転数は

分かりません。

 

こんなところでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

耕耘爪はいまこんな感じです。

パッと見てそんなに摩耗してないように思いますが。。。

 

 

 

 

 

 

ナットを緩めてボルトを抜いて、爪を抜き取ります。

 

 

 

 

 

 

全く違います。

まだ使えると思いますが、私の場合自分ところの田んぼだけなら勿体ないので

使います。

でも請負でお金を頂いて受託作業していると、やっぱり磨り減った爪で

耕耘していると、見る人が見れば明らかに起こした跡の違いが分かります。

 

ましてや秋の稲刈りが終わり、稲株が残った状態で耕耘すると

磨り減った爪では切り株が上手くひっくり返りません。

 

この爪のネーミングも上手く出来ておりミラクル反転爪

切り株上手く反転してくれますよ。

 

 

 

 

 

 

爪半分交換した頃にあっ(;^_^A 付属していた道具確かあったはずだと思い出し

引きずり出してきました。

それまで短管パイプの穴に爪を入れてロータリーが回転しないようにして

ネジを解いて交換していました。

道具を使い始めて楽に交換でき今までやっていたのがアホのようでした。

 

 

 

 

 

 

 

約2時間半の作業時間でしたが、屈んでの姿勢なので足腰腕肩が今日は悲鳴を

上げています。

 

昨年から気になっていた事がやっと出来ました。

今週雨が降る前に約2町程くれ返ししてきます。

 

 

さてっと昨日の記事でさらに悪い事が続きます Y(>_<、)Y

と書いていましたが、一昨日ゴボウの発根状態、植え付け作業、収穫など

撮った写真、SDカードが認識しなくなりデーターが使えなくなりました。

 

結構使い込んでいたSDカード、最近は安いし早めに交換した方が良いですね。

 

そんな事でゴボウの発根状態種蒔きは、新たに発根させているので

後日投稿します。

 

 

 

昨日の収穫菜花

 

 

 

 

 

 

水菜はすべて収穫をしました。

 

 

 

 

 

水菜を収穫したあとへトマトの畝の準備をしました。

蛎殻石灰、バーク堆肥80リッター、元肥はバッドグアノと畑のカルシウムを入れました。

 

牛糞堆肥ではなくてバーク堆肥を入れたのは肥料成分が少ないからです。

 

 

 

 

 

最後まで見ていただきありがとうございました。

 

それでわ今日も一日頑張っていきましょうグッド! グッド! 

お帰りの節には下のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。