城山整骨院スタッフブログ
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>

ペットボトルで。




寒い日の夜は、布団も冷たく、体が冷えてなかなか寝つけないという人も多いかと思います。

快眠と体温とは深い関係があり、体が冷えてしまうと眠りにつくまでに時間を要してしまいます。
更には眠りも浅くなってしまい、疲れが取れないなんて事も起こります。

そこで活躍するのが、簡単に布団を温められる「ペットボトル湯たんぽ」をご紹介します。

作り方といってもペットボトルを用意して、お湯を入れるだけ。
特別なことは特に必要ありません。
いくつか注意点を紹介いたします。

湯温
沸騰させると熱すぎてしまい、ペットボトルが破損する恐れがあるので、湯温は50℃程度にすると良いです。
直に熱めの湯温のペットボトルを足で触れていると、低温やけどを起こす恐れもあるので注意が必要です。

ペットボトル
お茶などホット用のしっかりした厚さがあるペットボトルが安心です。
薄手でやわらかいペットボトルは、熱めのお湯を入れるのに不向きなため避けた方が良いです。

湯の量
7〜8割程度にして満タンにしない。
満タンにすると膨張してペットボトルが破損する恐れがあります。

フタをきっちりしめ、そのまま布団の中に入れても良いですし、心配な方はペットボトルにタオルを巻き、ゴムでとめると安心です。

ここからは使い方の一例です。

500mLのペットボトル×3本
持ち運びが容易な500mLサイズがおすすめです。
布団の入口部・中央部・下部の3ヵ所に配置するとで、寝具全体が温まります。

就寝の10分ほど前に布団の中に入れておく
湯たんぽは徐々に熱を放出して冷えていくのですが、布団の中の空気が温まるとそれ以上温度が下がらない熱平衡状態になります。
ですから、朝になってもほんのり温かいままです。


布団が冷えてお困りの方、試してみては如何でしょうか?


大槻。

スタミナ料理

皆さんこんばんは。


今日は寒さで体が凍えるし、風邪の菌が猛威をふるっている時期なのでスタミナをつける料理をご紹介しますね。


豚肉とオニオントマトのソテー





材料(2人分)


  • 豚ロース肉(とんかつ用)2
    塩少々
    こしょう少々
    玉ねぎ1/2
    トマト1/2

    大さじ1
    砂糖
    小さじ1
    はちみつ
    大さじ1
    しょうゆ
    大さじ11/2
    にんにく(すりおろし)
    小さじ1
    サラダ油
    大さじ1
  • 下ごしらえ 
  • 豚肉は脂身との境目に包丁を入れて筋を切り、包丁の背で軽くたたきます。塩、こしょうをまぶしてジッパー付き保存袋に入れます。

 トマトは角切りにします。 


作り方

1

玉ねぎはすりおろし、豚肉と合わせて揉み込み、20分ほど冷蔵庫で漬け込みます。

2

フライパンにサラダ油を引いて熱し、①を両面焼き目がつくまで焼きます。(焼く際に玉ねぎは残しておきます)

3

玉ねぎ、トマト、調味料を合わせて煮詰めます。

4

お皿に盛り、お好みで茹でたキャベツ、ブロッコリーを添えて完成になります!


ポイント

・玉ねぎは薄切りでも代用可能ですが、時間がある際はすりおろしていただくと、よりお肉がやわらかい仕上がりになります!


お好みでしょうがのすりおろしを加えてもおいしくなりますよ。


トマトと玉ねぎで血液サラサラにし豚肉でカラダの細胞を元気にさせましょう。


阿部ʕ••ʔ

初投稿!!

こんにちは😊

城山整骨院スタッフの安達と申します。

ブログを書くのは初めてなので簡単に自己紹介をさせていただきます!


名前:安達 一平
→カップ麺の"一平ちゃん”は
僕が産まれてから誕生しました!
なので、先輩です笑

出身地:神奈川県小田原市
→地元出身です!
小田原が大好きで高校の卒業文集では
小田原観光大使になりたいと書いていました🤣


趣味:サッカー、フットサル、スノーボード、料理etc…
→色々なことに興味があり、
何でも手を出してしまう性格です🙄


何より皆さんとお話するのが大好きなので、
ぜひたくさん話しかけてください😚




さて、ここのところ一気に寒くなってきましたね🤧

城山整骨院ではこの季節、
あったかグッズも充実しています!


↓僕のオススメはこちら↓

きよながの浴用剤です🛀♨️

効能・効果は
・神経痛
・リウマチ
・肩のコリ
・腰痛
・冷え性
・荒れ性
・あせも
・しもやけ
・しっしん
・痔
などです!


使った実感は、暖かさが長続きして、
冬でもお風呂上がりに汗が引かないくらいです💦


入浴は、寝る2時間前がベストなタイミングです🙆‍♂️
人は入浴で上昇した体温を、下げようとするときに眠気を感じるためです🤔


バラ売りもしていますので、
ぜひ一度お試しください❗️


安達

アレルギー。



急に寒くなって鼻水が止まらないなんて方もいらっしゃるかと思います。


その原因は寒暖差アレルギーかも知れません。

主な症状は、
「鼻水・鼻づまりなどで鼻がムズムズする」
「くしゃみが出る」
「じんましんが出る」
「イライラなどストレスを感じる」
「食欲減退や胃腸の不振」
などが挙げられます。

気温差が激しい秋は、服装の調節も難しく、上記のような症状が出たら風邪をひいたと勘違いすることも。
でも、もしかしたら寒暖差アレルギーの症状かもしれないと、疑うことも必要です。

寒暖差アレルギーはその名の通り、昨日までは気温が高かったのに、翌日に急に冷え込んだなど、寒暖差によって自律神経が乱れることで起こります。

血管は寒いと縮み、暑いと広がります。
寒暖差が激しいと、血管の収縮が環境に追いつけなくなり、自律神経が誤作動を起こし、体に不調をもたらしてしまうのです。
自律神経は激しい気温差で乱れるのが特徴です。
とくに7度以上の気温差がある場合、症状が起きやすいといわれています。

予防としては、体を冷やさないこと、運動などで体力をつける、正しい食生活を心掛ける事が重要です。


体調にはくれぐれもお気をつけください。


大槻。

カラダを温める飲み物

今回は、寒い冬でもポッカポカ!

体を温める飲み物をご紹介します。


体を温める飲み物1.   ほうじ茶

煎茶や番茶を焙煎して作られるほうじ茶は、香ばしい味わいで飲みやすいお茶です。

焙煎の過程で渋みの元のタンニンやカフェインが少なくなり、スッキリした仕上がりになっています。

ほうじ茶に含まれる成分の「ピラジン」は血行を促進させて体を温める効果があるので、常用するならほうじ茶をおすすめします。


体を温める飲み物2.   黒豆茶

黒豆茶に含まれる「ポリフェノール」は血行を促進させて、血液もサラサラになる効果があります。

煮出すと出る「サポニン」という成分は体の代謝を促すので、冷え性や貧血予防、アンチエイジングに効果的です。



体を温める飲み物3.   紅茶

紅茶やウーロン茶のように発酵させたお茶は体を温めるといわれています。

紅茶はレモンティーやシナモンティー、ジンジャーティーなど様々なバリエーションも楽しめます。

体が冷えない程度にカフェインも含まれるので、朝スッキリと目覚めたい時もおすすめです。

 

体を温める飲み物4.   生姜


生姜には血行促進、体を温める、新陳代謝アップ、発汗作用など様々な効果があります。

生だと体内を冷やす作用があるので熱を加えることをお忘れなく、生姜湯なら熱も加わり簡単にいただけます。

紅茶とも相性が良く、生姜紅茶は最強のポカポカドリンクといえるでしょう



体を温める飲み物5.   レモンティー・ホットレモン

レモンには新陳代謝を活発にする「クエン酸」が含まれています。

レモンと紅茶の相性は良く、レモンティーは体の芯まで温まります。

お湯にレモン汁(とはちみつ)を加えたホットレモンもおすすめです。

 

体を温める飲み物6.   白湯

内臓器官のウォーミングアップに、朝一番は白湯がおすすめです。

白湯を飲んで内臓温度が高まると、胃腸が活発になって代謝も上がります。

お湯を沸かすだけなので簡単ですが、想像以上に温活効果は大きいです。

 

体を温める飲み物7.   ココア

ココアを飲むと体の芯まで温まり、長い時間ポカポカでいられるという検証結果が出ています。

ココアの主成分は「カカオポリフェノール」強い抗酸化作用があり、血糖値の抑制や血流を促進させる効果があります。

ココアに含まれる成分の「テオブロミン」は、血流を促進させる上にリラックス効果も期待できます。

 

体を温める飲み物8.   甘酒


甘酒は発酵食品で「アミノ酸」「ビタミン」が豊富な飲み物です。

米麹から作られた甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養価が高く、体の保温効果も抜群です。

最近はコンビニなどでも手軽に買えるので、出先で体が冷えた時は甘酒がおすすめです。

 

体を温める飲み物10.  味噌汁

飲み物といっていいのかわかりませんが、味噌は発酵食品なので体が温まります。

ミネラル、ビタミン、繊維質も豊富で、活動を始める朝にもピッタリです。

体が温まる根野菜を具にすると、さらに温活効果が上がります。

朝食は味噌汁で温かな朝を迎えましょう。

 

まとめ

温かい飲み物なら何でもよいわけではありません。

ホットコーヒーは体が温まるのはその時だけで、徐々に体が冷えてくることも

体を冷やす飲み物はコーヒー、緑茶、牛乳、清涼飲料水、ビールなどです。

飲み物にも様々な効果があるので、日頃から意識して体に取り入れるようにしましょう。

寒い冬も体を温める飲み物で、身も心もホットにお過ごしください。



阿部ʕ••ʔ

1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初次のページへ >>