{AAA52C3B-9220-45A2-A8D5-4EBF83D604E9}


抗酸化作用があり、肌に良いことで有名なビタミンC。でも何が良いのか、どのような効果があるかは詳しく知らない方が多いのではないでしょうか。シロノクリニック総院長 城野親徳がお伝えします。

 
 
 
◎ビタミンCが肌にもたらす美容効果

≪シミの予防・改善≫
ビタミンCにはメラニンの生成を抑える働きがあるため、シミ予防に効果的です。また、すでにできてしまったシミを薄くする効果も期待できます。

≪たるみの予防・改善≫
ビタミンCはコラーゲンの生成を促進し、ハリのある肌を保つ働きがあります。肌の弾力をキープすることで、たるみの予防・改善効果をもたらしてくれるのです。

≪ニキビの予防・改善≫
ビタミンCは過剰な皮脂の分泌を抑制することで毛穴の詰まりを防ぎ、ニキビの発生を予防します。さらに炎症を抑える作用もあるため、できてしまったニキビの改善にも効果的です。

≪ニキビ跡の予防・改善≫
ビタミンCはコラーゲンの生成を促進することで、クレーター状のニキビ跡ができるのを防ぎます。また、ニキビの炎症によってできたシミ状の色素沈着も、美白作用によって薄くすることができます。

≪ターンオーバーを整える≫
ビタミンCには新陳代謝を促進し、ターンオーバーを整える働きがあります。肌の生まれ変わりを正常化することで、くすみのない健康的な素肌へと導いてくれるのです。

≪紫外線ダメージを抑える≫
ビタミンCは抗酸化作用が強く、紫外線によって増加した活性酸素を無害化することができます。つまり紫外線によるシワやたるみなどの光老化を、未然に防ぐことができるのです。

≪ストレスに強い肌を作る≫
ビタミンCは抗ストレスホルモンと呼ばれる「副腎皮質ホルモン」の合成を促進させます。それによってストレスに強い精神を作り、環境の変化などに振り回されない安定した肌を作ることができます。

◎ビタミンCの補給方法

≪口から摂取する場合は≫
ビタミンCは体内で生成することができないため、食事やサプリメントを1日のうち小分けしてこまめに摂取するようにしましょう。なお、1日に必要なビタミンCの量は100mgで、美白効果を得たい場合は2,000mg必要ともいわれています。

≪肌につける場合は≫
ビタミンCをそのまま肌につけても上記のような効果は得られません。肌につける場合は「ビタミンC誘導体」配合の化粧品を顔全体につけて、効率良く補いましょう。

美肌に欠かせないビタミンC、うまくとり入れてそのパワーを引き出してあげてください。