白い猫のハートの足跡

ハートフルな本が好き



ハートフルな人が好き



ハートフルな生き方が好き


テーマ:
しゃぼん玉 (新潮文庫 の 9-36)/乃南 アサ

¥540
Amazon.co.jp

久しぶりに乃南アサさんの本を読みました。

あらすじです。
家庭環境の悪さと、上手くいかない人生に自暴自棄になり、通り魔をして暮らす学生、伊豆見翔人。
ある時、通り魔をした女性を予想外に深く刺し、逃亡した先は宮崎県の山村。
スマというおばあちゃんの家に滞在することになった翔人は、1年に1度の大きな祭りの準備にかり出され、若者のいない村で自分の存在感を感じ、役に立つことの喜びを覚えて行くのだが…。


自分に価値を抱けないまま、自暴自棄になっている性根の腐った青年。
でも、本当に腐っている訳ではなく、その奥にはまだ諦めきれていない善良な部分も残っていたのを、人から信頼されることで思い出して行く過程が、とても丁寧に書かれていました。

読み進めると、この青年が身を持ち崩して行く様子が、とてもリアルに伝わってきます。
まず、親から大事にされなかったこと。自分はどうせダメだと思い込んでしまったこと。
やってもダメだからやるだけ損だと思うようになってしまったこと。
こんな自分どうなってもいいと思ったからこそ、人からお金を盗ることに深い罪悪感を感じなかったこと。つまり、親のせい、社会のせいにして、逃げているのです。

甘えだというのは簡単ですが、こうなっていく過程は良くある思考回路にも思えました。
人は自分が大事にされる存在であり、価値がある存在だと思えない時、こんな風に身を崩して行くのかもしれません。

逆に自分が大事であれば、他者も大事に出来るし、漠然とした未来を信じることも出来るのでしょう。

家庭というものの重要性を改めて感じました。

中編程度の長さでしたが、読みやすく一気に読んでしまいました。そして、作者の意図にはまってしまい、最後はジーンとなってしまった私です。

こんなに簡単に更正するものかと突っ込まれるかもしれませんが、人が家庭で大事にされないという部分でつまづくのであれば、自分の価値を認識さえすれば、更正することも可能ではないのかと思うのです。
突っ込まず、素直な気持ちで読んで頂ければ楽しめる本だと思います。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
打ちのめされるようなすごい本/米原 万里

¥2,400
Amazon.co.jp

癌で他界された、エッセイストの米原万里さんの書評本です。

2006年5月にがんで他界した著者の、『週刊文春』に連載された渾身のがん闘病記である「私の読書日記」と、1995年から2005年までのほぼ全ての書評を収録する。井上ひさしによる解説付き。

米原さんが打ちのめされたすごい本たちを紹介されていますが、この本こそ、打ちのめされるようなすごい本だと思いました。

シニカルでユニークな視点でありながら、真摯で情熱的な米原さんならではの、本のチョイス。
私も何冊かピックアップしました。これから米原さんお勧め本を読むのが楽しみです。

個人的に打たれたのは、米原さんの闘病記です。
最後の最後まで、自分の病気から目をそらさず、一般的な治療に甘んじず、沢山の本を読み、沢山の病院を訪れ、自分の納得のいく治療をしようと闘った米原さん。
最後は天命を全うされましたが、その生き方は米原さんらしく、妥協しない人生の選択だったと思います。
残されたものは多大です。そこから影響を受ける人は沢山いるでしょう。

米原さんの命はそうして受け継がれて行くのだと思います。ご冥福をお祈りします。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ママがおこるとかなしいの/せがわ ふみこ

¥1,365
Amazon.co.jp

私が最近勉強をはじめた、「親業」のインストラクターでもある、瀬川文子さんの絵本です。
柔らかな絵が内容にピッタリの、本当に素敵な絵本でした。

(あらすじ)
主人公のメグちゃんは、友達と喧嘩をしました。
お母さん、お父さん、お兄ちゃんは、それぞれ、アドバイスをしてくれるのですが、どれもメグちゃんの気持ちとは違うのです。
そんな時、おばあちゃんだけがメグちゃんの気持ちを分かってくれました。
おばあちゃんはどんな言葉をかけてくれたのでしょう。


親業は、名称がかなり強烈ですが、トマス・ゴードン博士が提唱している、温かなコミュニケーション方法なのです。親子だけでなく、全ての人間関係に役立つコミュニケーションツールです。自分が楽になる生き方を教えてくれます。

子どもを生んだからといって、いきなり親になんてなれません。
なぜなら、人は誰一人、親になる勉強なんてしていないのですから。
ご飯を作ることは出来ても、着替えさせることは出来ても、生まれたての赤ん坊を一人前の人間に育てることを、母親だけでやるなんて不可能です。
なのに、うまくいって当たり前。何か問題が起きれば、母親のせい、親が悪いと言われるのが現在の日本です。社会の受け皿がなく、不景気感の強い今の日本で、少子化になっていくのも当然ですよね。

親業で伝えてくれることは、子どもは子どもの人生を、自分で切り開く力がある。
親がその責任をかぶることはないし、また、親の人生を子どもに重ねることもしてはいけない。
ただ、親は子どもの力を信じて寄り添ってあげることだけでいいのだということなのです。
そのために必要なスキル(行動の四角形、能動的な聞き方、自分の意思を伝える、価値観について)などを、教えてくれます。

この絵本では、能動的な聞き方をつかって、メグちゃんの複雑な気持ちを拾ってくれるのです。メグちゃんは自分で解決する力をもっている、健康な子どもです。

子育ては大変だけど、実はとっても単純で楽しいものなのかしれません。方法さえ分かれば、生きることも子育てもとっても楽になるのです。
私の好きな 親野智可等さんの考えと重なりました。
親野さんが常々、著書でおっしゃっているのは、親は子どもを良く育てようと思わないでほしいという部分でしょうか。良く育てようと思えば思う程、親子関係が悪くなって行く反比例グラフが子育てなのです。

私は今まで、息子とスムーズに仲良くやってきたつもりでしたが、もちろん、衝突もありましたし、私が誘導していることが多々あったのです。
この親業を知ることで、反省することも沢山あり、より、息子の気持ちを汲んであげることが出来るようになり、ますます、信頼関係が深くなったと感謝しています。
親業では、一般的に言われている反抗期はないと言っています。
息子が思春期の私は、これを実感しています。親が折れるだけでもなく、子が我慢するだけでもなく、反抗を起こさないコミュニケーションが出来ることが、本当に素敵です。

親って大変、と思っていらっしゃる全ての大人の方、そして、お子さんに読んでもらいたい絵本です。
お子さんに読んであげる時、ジーンときてしまうかもしれません。
「ママがおこるとかなしい」全てのお子さんの気持ちでしょう。怒らなくてすむようになったら、今より怒る回数が激変したら、きっと子育ても楽しくなるでしょう。

大変なお父さん、お母さんに力を貸してくれる「親業」への導入本として、是非、手に取ってみてくださいね。優しい絵と内容が私は大好きです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


今、東京都下水道局で「ダイエットレシピコンテスト」 を開催しています。

<主旨>
料理で使用した油の残りを、何気なく下水道にそのまま流していませんか?
少量の油でも、下水道に流れ込むと、冷えて固まり下水道を詰まらせます。
自分自身や大切な人の健康のためだけではなく、下水道にも優しい、使用する油を控えたレシピをお待ちしております。


実は、以前、私の家の近くに中華料理屋さんがあったのですが、下水道が溢れる事件があり、役所が調べたと所、原因は中華料理屋さんが流した「油」だったのです。
長年流し続けた油が固まり、積み重なって、ついには下水道が詰まって、家庭の下水道が噴出するという災害に繋がってしまったのです。

中華料理屋さんの油は一般家庭より多いかもしれませんが、それでも、油の塊を除去するのを実際に見た私としては、こういうものが、水に、血液に溜まって行くのは恐ろしいなと実感しています。油は透明に見えますが、固まると白くなるのですね…。

美味しい料理を作りつつも、油を控えめにするコツってきっとあると思うのです。
完全に油を除去してしまったら、パサパサで美味しくないけれど、工夫次第で美味しく作れるものもあるかもしれません。


実は私もこの「ダイエットレシピ」コンテストに応募しちゃいました。
レシピは結果発表後に公開させてくださいね。(そこまで斬新なレシピでもないのですが)

ちなみに、私がいつも油を減らしている料理の工夫としては、揚げ物は、少量の油で最初に蓋をして、肉に火を通してから、最後に蓋をとり、強火で焦げ目をつけるという方法です。
これだと、多くの油で揚げたように、さっくりとしつつも、油をあまり吸わないのでお勧めです。

「ダイエットレシピ」のHPでも、ダイエットレシピが公開されているので、参考にしてみてくださいね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
オリガ・モリソヴナの反語法 (集英社文庫)/米原 万里

¥780
Amazon.co.jp

先日、「嘘つきアーニャと真っ赤な真実」という著者のルポタージュを読んで、本当に面白かったので、似た雰囲気の本書(これは小説です)を読むことにしました。

米原さんが、子どもの頃にプラハで育ったこと。大人になってからは翻訳家、通訳として、ロシア語を操り、ヨーロッパを駆け回っているからこそ、書ける本です。圧巻でした。

(あらすじ)
主人公が子どもの頃に通っていたソビエト学校の、舞踊の先生である、オリガ・モリソヴナは年齢不詳で下品な口調だが、指導が上手で、卓越した何かを感じさせるすごい女性。
30年を経て、主人公はオリガのことを思い出すのです。謎を感じさせるオリガと、オリガの同僚のフランス語の先生、娘というふれこみの美少女ジーナのこと。そして初恋の彼のこと。
休暇が取れた主人公は、現地に赴き、オリガのことを調べ始めるのですが、その先にあったのは、驚くような真実でした。


謎が謎を呼び、一気に全てが氷解していく様は、まさに背筋が寒くなるような、震えを感じた私です。
あまり馴染みがない、ソビエト(ロシア)や、プラハの世界が、逆に新鮮で興味深くもありました。

ただ、欲を言えば、米原さん唯一の小説ということで、小説としての場面のつなぎ目や、追憶のシーンの移り目などが、正直、分かりづらく、読みにくかったです。
今現在のことなのか、過去のことなのか、唐突に変わるので、あれ?と違和感を感じることも度々。エッセイの時は、米原さん独自のテンポでいいのですが、小説となると、自分だけのテンポで突き進むと、読者が置いてきぼりになってしまう可能性も感じました。
とはいえ、本当に面白かったので、そんなことも気にならなくなりましたが。

ちょっぴり想像してしまったのが、独自の世界観を持つ、帚木蓬生 さんが、もしこのテーマをそっくり伝授してもらって書いたなら、金字塔になるようなすごい本が書けたのではないか、と想像してしまった私です。

米原さんならではの旧ソビエトのミステリーです。夏の夜にいかがでしょうか。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
無理なく続けられる年収10倍アップ時間投資法/勝間 和代

¥1,575
Amazon.co.jp

かなり合理主義の勝間さんの、時間管理術が満載の一冊でした。

ご本人もあとがきに書いている通り、2時間で読めるけれど、中身は100倍の価値があるとのこと。
確かにその通りかもしれません。
ただ、これを全ての人が実践するのも、また難しいだろうな。
というのは、やっぱり人によって、得意、不得意があると思うのです。

勝間さんは数字と時間管理が得意で、無駄が嫌い。そして、どちらの無駄がより無駄でないか、一瞬でそろばんを弾く能力がある。
例えば、保有している自転車が数台あるけれど、理由は1台乗ってみてまた次の自転車を購入し、次々に買って数台になった。これは勝間さんにとっては無駄ではないけれど、無駄と思う人もいるかもしれない。

つまり、価値観なんですよね。

まず、勝間さんが一番大事にしていることは時間。
お金はいつでも稼げるけれど、時間は決して戻らない。1日24時間は万人に平等に与えられていて、取り戻すことの出来ないものである。とても貴重だとのこと。


そして、毎日の生活の無駄をなくし、最低限の力で沢山の利益を得られるように、無理無駄のないライフワークの時間組をしているのです。
家族とすごす時間や、ネイルサロンへ行く時間はちゃんと確保している。
それは自分にとって大事だから無駄ではない。

つまり、勝間さんがいいたいことは、自分にとって大事なことには時間をかけてもいいが、そうでないことに割くのは無駄である。行きたくもない飲み会に顔を出すのも無駄だし、お酒やタバコやダラダラテレビを見る時間ももったいない。
その時間はもっと有意義にすごそう、というものでした。

これは読んだ人が同じ価値観ならいいのですが、そうでない場合には、自分にとって大事なものを見極めて、応用していけばいいんじゃないかと思います。

勝間さんにとって無駄なことは、飲み会、夕食会、タバコやお酒の時間、ぼんやりする時間、テレビを見る時間、交友を広げる時間。
それを徹底的に排除し、自分にとってプラスの時間を増やしているのです。

通勤に自転車を使う。大事な人とはランチョン会議。顔の広い人と知り合いになることで、自分が顔を広くする必要がない。食材は宅配で取る。買い物はネットで注文。本は買って読む。家族や友人と過ごす時間は取る。睡眠は7時間。(病気をしたら時間が無駄になる)

実は読んでいて、私も実行しているものがいくつかありました。
移動は自転車(電車の乗り降りが嫌いなので近場は自転車)、大人数の飲み会は好まない。付き合いで出席することはない。あえて新しい人と交流を持とうとしない。(自然と深まる関係は縁が結びつけてくれる)忙しいのでネットで買い物が多い。家族友人と過ごす時間は大事にする。睡眠は取る。

などでしょうか。
勝間さんと違う所は、私の至福の時が、テレビで映画を見ること、韓国やアメリカのドラマを見ることなので、これは無駄時間ではなく、大事な時間なのです。捻出してでも、この時間は私にとって必要なんですよね。
なので、それぞれの価値観でいいとおもうのです。

また、勝間さんは、無駄を省いて投資の時間を持ち(自分自身に投資)、年収をアップしようという金銭が絡むのですが、私はそこまで金銭に絡めることが出来ないのです。普通に勤めているからでしょうか。勝間さんはフリーランスでかなり高収入だとお見受けします。
そこが数字やお金に強い人と違うのでしょうね。私は為替や外貨には全く疎いので、尊敬してしまいます。

出来る人の本を読むのも面白いですね!
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
もしも昨日が選べたら/アダム・サンドラー

¥3,808
Amazon.co.jp

レンタルで借りたのですが、面白かったのでレビューを書かせてくださいね。

あらすじです。

やり手ビジネスマンで、出世街道をひた走るマイケル。
そんなマイケルに必要なのは仕事に集中する時間。
マイケルに構ってもらいたがる妻や子どもたちが段々と邪魔になってくるのです。
そんな時、万能リモコンを手に入れたのです。
面倒な時間は全て早送り。そうして自分にとって必要な時間だけを生きていた代償は大きくて…。
後悔する時は死ぬ時でした。
マイケルが最後に悟った事は、家族の大切さだったのです。


主人公の気持ちもわかるけれど、やっぱり帰る家、待っていてくれる家族は大切ですよね。
この映画をファミリーで見て、再確認してみてくださいね!

笑って楽しく見れる映画の中に、大切なことを感じさせてくれるコメディでした。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ヨーガンレールの社員食堂/高橋 みどり

¥1,680
Amazon.co.jp

何てお洒落な社員食堂があるものだ
と、本を開いての感想。
日の燦々と当たる、会社で一番いい場所に作られた社員食堂。木のテーブルは温かみがあり、ぬくもりを感じさせる日だまりのような食堂なのです。

社食と言えば、日替わり定食、麺類、カレーと思い浮かぶけれど、ヨーガンレール社の社員食堂は別格です。
料理を作る佐藤さんという方がすごいのか、ヨーガンレール社長がこだわりの人なのか、体に優しく美味しく目にも嬉しい食事でないと、食事ではない、というポリシーが詰められているランチなのです。

職員は500円を払い、朝、○をしたらランチを食べれるし、無理に食べなくてもいい。
食事は大皿料理と汁物とご飯のような組み合わせなのですが、大皿料理の種類が本当に素晴らしいのです。
何種類もの手の込んだものが少しずつ盛られていて、こんなランチを毎日食べさせてくれるお店があったら、流行るだろうなと感心するばかり。
年に2回の全国のヨーガンレールのお店から集まる会議の日のランチは、手の込んだパーティ料理なのですが、まるで美術作品のような思いのこもった美を感じさせてくれます。

この本は、毎日の献立と写真が日記のように縦書きで書かれている簡素な本ですが、それもまた、ヨーガンレールさんのカラーとあっているのです。

メニューによっては簡単にレシピが載っているものもあり、後は、想像で作ることが出来るようなものばかり。つまり、家庭でもやろうと思えば作れる料理なのです。
ただ、毎日、これだけの種類の野菜を色々と作るのは難しいだろうなというのが本音。

でも、ちょっと困った時の献立のヒントにはなるかもしれません。

大皿料理の、見るからに美味しそうなレシピの数々。
一度、本を手に取ってみてください。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今、お昼時なので、この記事を書きながら、お腹がなってしまうのですが…。
ピザといえば、夏の暑い時に、みんなでワイワイ食べるのが美味しいですよね。
一人で食べるより、複数で食べる方が絶対に楽しくて美味しい!

私がネット会員になってメルマガをとっているのが、宅配ピザ のドミノピザです。

実はネット会員になると5%オフで注文出来るのですが、メルマガではもっとお得な割引情報もあるので、会員になるとかなりお得なのです☆

先週、メルマガが届いたのですが、この夏は、焼き肉ピザがお勧めだとか。

「特製タレとコチュジャンで辛味付けの牛カルビ、とろけるような脂の旨味がたまらない豚カルビにとろ~りチーズをたっぷりとトッピング。
二層目には「ぜんまい」「豆もやし」「にんじん」「小松菜」を香り豊かなゴマ油で仕上げた「ドミノ特製ナムル」を挟み込みました。
あふれる肉汁とシャキシャキナムルの相性がたまりません。
パリパリ韓国のりと香ばしいごま油が特長の「焼肉屋さんのチョレギサラダ」も合わせてお召し上がり下さい」


韓国風の味わいが好きな私。
早速、食べたくなってしまいました。

暑い夏に、クーラーをガンガンにかけて、友達や家族と一緒に、DVDで映画鑑賞しながら、炭酸飲料と共にピザを食べたいな~。
暑い夏だからこそ、肉&野菜のピザが元気をつけてくれそうです。

家で映画を見る時は、映画館と違って、その場で感想を話したり笑ったり出来るのが魅力。
他の食べ物だと、映画観ながらでは食べにくい。片手で食べつつ、味わえるピザがやっぱり嬉しいな。

複数の気の合う仲間&家族と味わうのが魅力です。

ネット注文出来るので、いちいち電話で話さなくてもいいし、指定の時間に届けてくれるし、今って便利になりましたよね。

宅配ピザも進化しているんだわ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ゆるくてかわいいブログパーツがあると聞いて、早速貼付けてみました。

このブログの左下を見てください☆

私は「たいやきさん」より、「たこやきさん」の小さくて丸くて何個もひしめいている感じに惹かれて、「たこやきさん」をゲット。

一応、参考までに「たいやきさん」の画像もアップしますね!



ゆるいたこやきさんたちが、ゆるい会話をしてくれます。
緑色のソーダも色が綺麗でなかなか GOO!

そして、「食べる」マークをクリックすると、いなくなってしまうたこやきさんたち。
でも、すぐに復活して、ゆるい会話を繰り広げてくれます。(爆)

それぞれのたこやきさんたちは、顔も違うし、会話にも特色があるので、良く良く観察してみてくださいね。彼が欲しいたこやきさん、体型が気になるたこやきさん。うんうん。笑える。

ちょっと癒されたい時に、たいやきさんたちの会話を聞いて、意識を飛ばすのもいいかも。

ゲットするのは「FLO:Q」 から、簡単に出来ました。ソニーの会社のようなので、センスの良さはそこから来ているのですね。

現在は、「たいやきさん」「たこやきさん」の2種類だけの国産小麦シリーズですが、他にも新しい仲間が加わるかもしれませんね。

イメージではドーナツさん、マフィンさん、クッキーさんなどの洋風もいいかも。チュロスやドーナッツ型やらのドーナツたちがあれこれ会話。なかなか可愛いかも。

和風だと、やっぱりお好み焼き!? ジュワジュワと湯気がたち、鰹節が踊るお好み焼きが喋るのも笑えるかも。

ブログパーツも今、色々とあって面白いですね!
これからの展開に期待してます。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。