ある夏の日のお散歩

テーマ:
ここのところ、現在抱えているプロジェクトが大詰めを迎え
バタバタな日々を過ごしているくろちゃんです。
来月はお仕事で日本行きもアリ。それまでバタバタしそうな予感…

気がつけば、8月も最後。
溜まった写真たちをどうにかしなくては!
ということで、未だ夏の余韻があるうちに、夏の日の出来事を。

現在、アイスランドは8月半ばからお天気があまり安定せず、
『夏は終わった』と思っているのですが、
このお散歩に出かけた日はすがすがしいまでの晴天!
家から車で15分ほどの、隣の市まで出かけてきました。


キャプテン・しろちゃん?

iceland150717-1


地面で待ち構えていたお嬢さんとご対面。

kira150717-1


じつはこのあたり、レイキャヴィーク近郊で、わたしが一番好きなエリア。
このあたりの住宅地に家を持つのが夢だったのですが、
埋め立て地のため、夕方から異臭がする…とのウワサがあり。
眺めておくだけが良いのかしら、と思ったり。

iceland150717-2

kira150717-3


お花の種類が少ない(ように思える)アイスランドですが、
夏にはこんな野生の草花も。

iceland150717-3


遊歩道には誰もいなかったので、お嬢さんもフリーに。


kira150717-2


遊歩道わきに見つけたドッグラン。
アイスランドでは、一応ワンコをフリーにして良い場所は決まっているものの、
我が家も含め、郊外の人のいない地域(これがすぐ見つかる)で
ノーリーシュで散歩させたりしてしまう場合が多いので、
ドッグランっているの?って個人的には思ったりもするのですが…

世の中ワンコ好きな人たちばかりではないし、
ワンコをフリーにして良い公園などで、大型犬と小型犬の事故もあったりするからかな。

iceland150717-5


ひろい敷地だけど、誰もおらず。(入場は無料)


iceland150717-4


それでも他のワンコの匂いは残っていたらしく、
ひとしきり匂いを嗅いで、終了。
他のワンコがいたら一緒に遊べたかな?残念。


iceland150717-6


ワンコの汚物入れもちゃんと用意されてました。カワイイ!
自治体が違うからなのかな。レイキャヴィークでは見かけません。
ちなみに住宅地ににも、ところどころでこの汚物入れ、設置されてました。

こちらでは日本のようにゴミの分別も厳しくないので、
ワンコのうんちの始末をしたら、散歩の途中で普通のゴミ箱にポイ!する人が多いです。
恥ずかしながら我が家も…最初は『いいの?!』って抵抗あったものの、
実際にそうしている人たちを見て、この国ではこういうものなんだということで…

この汚物入れはフタ付きだし、いいアイデア!
レイキャヴィークでも置いてくれないかなー。

さて、「Mシュナ銀次郎*ぎんぎんきららん*」の銀かかちゃん
から、「繋げよう~ワンコの輪♪」のバトンをいただきました!
(銀かかちゃん、ありがとうございます!)


遠いアイスランドまでバトンをいただけて、うれしいです♪
乗り遅れ感満載の我が家ではありますが(汗)、
そんなわけで、次回はバトンの巻です♪