宝塚バウで花組「Senhor CRUZEIRO!」を観てきました。 | 白い風のブログ

白い風のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

今日宝塚大劇場バウホールで花組バウ公演「Senhor CRUZEIRO(セニョール クルゼイロ)! —南十字に愛された男—」を観てきました。

この公演は14時30分上演の公演だったのでその前に先日オープンした宝塚北サービスエリアにも寄ってきました。


まずは主な配役。

*ブラジルの人気グループ「セニョールクルゼイロ」
クルゼイロ(リーダー)・・・水美舞斗
カルロス(マネージャー)・・・舞月なぎさ
アクルックス(メンバー)・・・飛龍つかさ
ガルックス(メンバー)・・・聖乃あすか
ミモザ(メンバー)・・・一之瀬航季
パリダ(メンバー)・・・翼杏寿

*クルゼイロの故郷の仲間
ビアンカ(クルゼイロの恋人)・・・城妃美伶
ルイス(友人)・・・碧宮るか

*パパラッチ
サンドラ・・・新菜かほ
アントニオ・・・綺城ひか理
フランシスカ・・・若草萌香
ソニア・・・糸月雪羽
リタ・・・朝葉ことの

ロベルト(医者)・・・冴月瑠那

*ミロンガ(ブエノスアイレスのダンスクラブ)
ミゲル(タンゴダンサー)・・・千幸あき
エマ(客)・・・凛乃しづか
セシリア(客)・・・咲乃深音
バルバラ(タンゴの名手)・・・舞空瞳

*生と死の狭間の精
フロールプレータ(黒い花)・・・白姫あかり
ルアブランカ(白い月)・・・華雅りりか

ブラジルで”セニョールクルゼイロ”は夢を追い、一躍スターダムに駆け上がった人気のアーティストグループ。
中でもそのリーダークルゼイロ(水美)は絶大な人気を誇っていたが、そのプライベートはスキャンダルにまみれ、勝手なパフォーマンスをするなどして他のメンバーと深い溝が出来ていた。
彼はまるで何かに追い立てられるかのように生き急いでいた・・・。
実はクルゼイロは心臓に重い病を抱えていたのだ。
それ故クルゼイロはグループを離れ、たった一人ブエノスアイレスへ・・・。

1幕冒頭から水美さんたち5名の歌とダンスでまるでライブ会場に居るかのように盛り上がりましたね。
その際、水美さんは客席降りもあったよ!
前半はこのグループ5名とそれを追うパパラッチの5名中心に進んでいきますね。

ヒロインは一応(?)歌手デビューする前の故郷のシーンで恋人だった城妃さんになるのかな?
でも、ラストにも出てきたけど出番がメッチャ少ない・・・。
う~ん・・・ヒロインとは言えないかも!?

2番手娘役は舞空瞳さんだね。
彼女はクルゼイロがグループを辞めてブエノスアイレスで出会ったタンゴの名手。
ダンスの相手役だけど恋人一歩手前の関係だね(笑)
今回のバウメンバーで芸名に””の字が入っているのは主演の水美舞斗さんと舞月なぎさ・舞空瞳さんの3人だけ。
勝手な印象だけど””の字を持つジェンヌさんはダンスが得意だと思っているんだ。
その予想通り舞空さん水美さんのデュエットダンスは見応えがあったよ!
今後も注目した娘役さんですね。

ダンスと言えば”白い月”の華雅さんと”黒い花”の白姫さん
影の男・女たちを率いて幻想的なシーンに登場します。
『ロミジュリ』の愛と死とよく似た役ですね(笑)
”黒い花”が悪魔(死)のような役で彼女が出てくるとクルゼイロが心臓を押さえて苦しみます。
逆に”白い月”が現れると元気になりエンジェル(天使)的な存在でしたね。
出番(見せ場)的には華雅さんの”白い月”の方が多くて印象に残りましたね。

一転2幕は完全なショーでしたね。
一応1幕の”南十字”は使っていたけど全く別なストーリーですね(笑)
(だってお芝居じゃなくショーだもん!)

1幕でも”セニョールクルゼイロ”はアーティストグループなので歌って踊っていたけど2幕はそれ以上に歌って踊っていましたね。
当たり前だけど水美さんがずーっと歌って踊れないから下級生を含め多くのジェンヌさんにもソロなどの見せ場がありましたね。
でね、これを書いたら怒られるかもしれないけどS3「イエマンジャ」で演じられた水美さんの娘役姿がメッチャ綺麗!!
また、S6「ranha」で水美さんの相手役の紫の蝶を演じた聖乃さんも綺麗!!
オペラで見ながら「あれ?こんな娘役さんいたっけ!?」と思った(笑)
ガンバレ!花組娘役!(笑)

全体の感想は1幕のお芝居は1時間5分なのでちょっと消化不良。
あっさり終わった感があったね。
逆に後半の2幕はバウでは勿体ない気がする・・・。
どのシーンも面白く、十分大劇場でも通用すると思う。
いや、大人数が使える大劇場の方が絶対盛り上がったのにね。

水美さんと言えば柚香さんと同じ95期生。
本当に95期ってスゴイね。
花組では同期柚香さんの影に隠れ気味だけど水美さん、歌もダンスもビジュアルも申し分ないと思う。
特に今回のバウではダンスが素晴らしかった!
当たり前だけど同じアーティストグループメンバーの下級生とは全然キレが違っていたね。
ただ唯一ダメ出しをすると舞台上で汗で顔がビショビショなのはNGだな。
今回の舞台はダンスシーンが多かったからある程度は仕方がないとは思うけど、将来トップスターを目指すなら改善すべきだね。
改めて出ずっぱりでも最小限の汗で舞台を終えるトップスターは流石だね!

きっと歌劇団は柚香さん推しだと思うから他の組に異動した方が日の目を見るかもね。
ん!?月組には月城さん、雪組には朝美さん、星組には礼さん、宙組には桜木さん・・・。
本当に95期ってスターが多過ぎ!!(笑)
でもこの公演を観る限り、水美さんも他の同期に才能では劣ってないと思うな。

白い風さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.