月組ショー「BADDY(バッディ)」の感想です。 | 白い風のブログ

白い風のブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

続いて月組ショー・テント・タカラヅカ『BADDY(バッディ)-悪党(ヤツ)は月からやって来る-』の感想だよ!
ところで”ショー・テント・タカラヅカ”って何?(笑)
このショーは作・演出が上田久美子先生で先生初の大劇場でのショーですね。
なので観る前からワクワク。

今回のショーは最初から最後までストーリーがあって面白かったよ。
時代は近未来の地球(いや、空想の世界?(笑))
舞台は地球首都・TAKARAZUKA-CITY(笑)
世界統一され、戦争も犯罪も全ての悪が鎮圧されたピースフルプラネット“地球”に、月から放浪の大悪党バッディが乗り込んでくる。
バッディは手下たちとともに、つまらない世の中を面白くするためにあらゆる悪事を働くことにする。
しかし、万能の女捜査官グッディの追撃が、ついに彼を追いつめる!

*月から来た悪党
バッディ・・・珠城りょう
スイートハート・・・美弥るりか
クール<バットボーイ>・・・宇月颯
ホット<バッドボーイ>・・・紫門ゆりや
ファニー<バッディーズ>・・・海乃美月
スパイシー<バッディーズ>・・・美園さくら

*国家ピースフルプラネット“地球”
女王・・・憧花ゆりの
王女・・・早乙女わかば
王子・・・暁千星
公爵・・・綾月せり
じいや・・・光月るう
侍女・・・香咲蘭

*捜査官
グッディ・・・愛希れいか
ポッキー巡査・・・月城かなと
パトロールバード・ムームー・・・夏月都
パトロールバード・スースー・・・白雪さち花
カインド<グッディーズ>・・・楓ゆき
ハッピー<グッディーズ>・・・晴香アキ

*その他の地球の人びと
シャフ・・・千海華蘭
頭取・・・貴澄隼人
出向銀行員(宇宙人)・・・輝月ゆうま
銀行員・・・優ひかる

バッディ(珠城)は超クールでエレガントなヘビースモーカー。
しかし地球は全大陸禁煙。
タバコ=悪・・・分かり易いね(笑)
しかも次の犯罪が”食い逃げ”(笑)・・・ショボ(笑)
ま、本命(?)は惑星予算を狙った銀行強盗なんだけどね。

逆にグッディ(愛希)は真面目で武術の達人でしかも200か国を話せるマルチリンガル。
相棒(?)のポッキー巡査(月城)はそんな彼女が好きなんだけど、なかなか振り向いてくれない。
月城さんはお芝居と違ってちょっとモテそうにない野暮ったい役でしたね(笑)

2番手美弥さんはお芝居とほぼ同じイケメンでモテるキャラだったね。
ポッキー巡査に恋愛指導も(笑)

そんなバッディ&グッディに挟まれた王族の憧花・早乙女・暁さんたちも冒頭から最後まで出番があり美味しい役だったよ。
特にこの公演で退団の早乙女さんは同じ退団の宇月(バッディ)さんと恋仲になる王道2番手娘役らしい役だったね。

全編通してのストーリー性のあるショーでは最高峰は「ノバ・ボサ・ノバ」だよね?
ま、「ノバ・ボサ・ノバ」は別格中の別格だけどね(笑)
個人的には2005年の宙組「レヴュー伝説」も大好きだった!
貧しい少女ジジ(花總)が最後は美しい女性になっていくんだよね。
もっと頻繁にあるといいのに。

ただ、こう云った全編統一キャラだと1種類しか楽しめないのが最大の欠点かもね。
ファンとしては色んなパターンを楽しみたいからね。
今回の「BADDY」ラストにちょっとシリアスなシーンはあったものの基本的には全編コメディタッチだった。
でも、今回の「BADDY」は大いに楽しめました。
衣装もカラフルだったしね(笑)

上田先生はお芝居では雪組「星逢一夜」や宙組「神々の土地」と私好みだったからね。
私に合っているかも!?
今回はちょっと亜流のショーだったので次は王道のショーの演出もしてほしいな~。
宝塚の演出家も男性がほとんどだからね。
植田景子・小柳奈穂子先生と一緒に名作を競ってほしいね。



写真は開演前の映し出された月の映像だよ!

白い風さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス