こんにちは、Annaですニコニコ


キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ
子供2人、フルタイムで働くリーママです。
2019年2月、三井ホームで家を建てました。
家づくりの記録や住んでからのことを
アップしていけたらと思います。
キラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラキラ




さて、今日は土地の間口の広さについてですキラキラ



土地探しをしていた頃、いろいろな形の土地を見ました。



正方形の土地、細長い土地、旗竿の土地、変形地、傾斜のある土地…



私たち夫婦が探していたエリアは、どこも生活に便利な住宅密集地でしたので、間口が狭く奥に長い土地が多かったです。



そういった細長い土地が候補だった頃、間取りを描いてもらって気づいたのは、オシャレな家を演出しにくくなってしまうということもやもや



下の図は以前候補だった土地で描いてもらったプランですが、家を正面から見たとき、車が前面に出て主張してしまいます。

あと、何となく玄関が奥まって暗くなりそう…





そもそも、細長い土地だと道路側から見える家の外観の面積が少なくなりますし、陽当たりもいろいろな工夫が必要になります。



土地探しの頃、HMの方に聞いたところ、やはり間口が広い整形地が、一番プランを立てやすいとのことでした。当然といえば当然なんですけどねニヤニヤ


ではバイバイ



オススメ商品を
ROOMで紹介してますラブラブ