Real Voice~本当の声~

テーマ:



こんばんは☆しおデス♪
 
 
 

 

昨年末、ウノミカさんの「21Days★Real Voice Training」
を受けました
 
 
 
ボイストレーニングと言っても
歌うことのスキルを身に付けながら
「Real Voice」~本当の声~
に出会うためのトレーニングなのです
 
 
 
そして自分のココロとカラダの
「本当の声」に従って生きること 
 を学んで身に付けるための
トレーニング
 
 
 
 
それって練習して身に付けるもの?
それって当たり前じゃね?
 
 
 
・・・ってそう思われましたか?
 
 
 
 
ところがわたしは本当に長い間
自分のココロとカラダの本当の声が
聞こえず
感じることにもキッチリとフタをして
「自分」を持たずに生きてきました
 
 
 
 
そうやって生きることで起きてくる
不都合は出来るだけ感じないように
見ないようにしてきたわたしに
 
 
 
起こる不都合は
年々大きくなっていくばかり
 
 
 
 
そういった声を見ないようにするために
わたしがやっていたことは
「食べること」
 
 
 
ジャンクなモノ、甘いモノ、炭酸系の飲み物
を食べて飲んで食べてフタをする
 
 
 
 
それで一度わたしの腸は壊れました
恐らく悲鳴をあげていたに違いありません
 
 
 
 
 
 
そんなわたしがご縁をいただいた
ミカさんの「21Days★Real Voice Training」に
取り組んで
 
21日間を終えてからも継続して
自主トレをする中で
 
大きく変わったのは
毎日の「食べ物」でした
 

 

 

ミカさんの提案で
21日間のトレーニングと並行して
砂糖と小麦粉絶ちも実践したことも
とても意味深く
 
 
以前のわたしの食生活に
粉モノは不可欠でした
 
 
 
とにかく粉モノが好きで
 
朝食は毎朝パン
 
夕食はご飯より麺類やお好み焼き
を好んで食べて
 
おやつにはコーヒーを飲みながら
ケーキなどのスイーツを食べる 
 
 
 
そんな生活でした
 
 
 
そんなわたしだったので
小麦粉を絶つことは
それ自体大きな変化でした
 
 
ただわたしの中では
3週間頑張ったら
また大好きなパンを食べる気満々でした(笑)
 
 
 
始めて2週間くらいまでは
禁断症状と言わないまでも
粉モノ、甘いモノが食べれないことが
ただただ悲しかった
 
 
 
そして21日間を全うし
終えてみれば
ウソのように
粉モノが要らない、欲しくない
自分になっていました
 
 
そんな自分の変化がすごくオモシロくて
せっかくなので
粉モノなしの食事や
小麦粉を使わないお菓子を
意識して取るようになり
 
 
自然とミカさんがススメる
「ロー」なモノ~加熱していない~
を好んで食べるようになりました
 
 
甘いモノは変わらずに好きですが
砂糖の甘さは強すぎるので
 
最近は砂糖も小麦粉も使わない
「ロースイーツ」を
作ることをはじめました♪
 
 
 
 
 
わたしがホントに食べたいものは
これだったんだなあって
 
ココロもカラダもすごく満足
しているのを感じています
 
 
 
 
そしてこうして自分のカラダの本当の声
「Real Voice」
を感じれる自分になれたことは
大きな喜びだし
そんな自分に自信を持つことができました
 
 
 
 
 
このトレーニングに参加する
わたし個人の目的が
 
 
「自分に自信を持てるようになること」
「行動できる自分になること」
 
 
だったので
一つ目クリアできてる♪
ことに気が付きました笑
 
 
二つ目も少しずつ地味~に
以前よりもはるかに前進している感が
あります
 
 
 
自分の本当の声に従って生きることが
なりたい自分、理想の未来に
近づく一番の近道なんだって
思いました♪
 
 
 
 
 
最後までお付き合いいただいて
本当にありがとうございました♡

潜在意識の話

テーマ:


明けましておめでとうございます!
今年もどうぞよろしくお願いします(*゚ー゚*)



こんばんは☆しおデス♪




今日は「潜在意識」について

とても腑におちたことがあったので

そのことを書きました







潜在意識というのは
表面に現れている意識できているのとは反対の
無意識の無自覚の「潜在している」意識で
 
 
この潜在意識が全体の90%~97%だというから
意識できている部分は
ほんの少しの3%~10%ということになります
 
 
 
 
そして 
 
 
 
自分の現実を作っているのが
その潜在意識だとすると
 
 
 
 
どんなに望まない現実が目の前にあったとしても
 
それが自分の潜在意識が展開されている事だとすれば
 
そこから何かを得るために
 
受け取るために起こしているはずなのです
 
 
 
 
そう思って自分の身のまわりに起きている
出来事を俯瞰(高いところから眺める)してみると
 
 
敵だと思っていた人が味方だったり
最悪と思っていたことが
ギフトだったり
 
 
すべてがひっくり返る 
 
 
 
 
・・・んだと
藤原理恵さん大島由香さん
お二人の対談を見て
 
 
 
とても腑におちたのです
 
 
 
 
わたしにとって
とってもタイムリーな
しかもとっても楽しそうな
対談でした




ありがとうございました♪

  

こんばんは☆
少しご無沙汰しておりました しおです♪



少し前になりますが
友人の俵みえちゃんのお誘いで
 
 
アクロス福岡の円形ホールで
行なわれた上映会
「大地の花咲き」~洞爺佐々木ファーム~
 
 
に参加しました
 
 
 
上映会の一ヶ月くらい前にいただいた
お誘いで
 
 
特別に深く考えることもなく
投稿された紹介文をサラッと読んで
迷うことなく「参加する」を
押していました
 
 
 
それから一ヶ月は上映会のことは
思い出すこともなく
 
前日に家族に「どんな映画?」
と聞かれたが
「なんだっけ?」ってなるくらい
ほぼ忘れた状態での当日でした(笑)
 
 
 
そうして足を運んだ上映会は

会場の
円形ホール、マイクで案内する方の
雰囲気などとても気持ちのいい空気感に
包まれていて
 
そして映画を見て
 
 
その意味がわかりました




映画は
北海道の洞爺湖のある町で
自然栽培の農法で、農業を営む
村上さんご夫妻と その息子の
「大地くん」のお話




ご夫婦が10年前 突然息子の大地くんを
亡くされて

それから「命」について考えはじめて

「命」を生かして野菜を育てる方法を
試行錯誤して成長させて


できた野菜をダイレクトマーケティングで
販売するようになりますが



村上さんご夫妻が営む佐々木ファームの人たちの 

朝必ず声に出して確かめあう合言葉が



「愛と喜びを循環させるぞ!!」



というもの


「命の循環」が喜び♪になって
作るひとのその喜び♪がお野菜を買う人の
価値あるお金を支払う喜び♪になって
そうして」買った野菜を美味しく作っていただく人の
喜び♪になって


そんな喜び♪の循環の和が
ドンドン大きくなっていく・・・・・



そんな村上さんご夫妻が目指す
理想の未来に
共鳴するものがあったんだなあって思いました





亡くなった息子さんの大地くんは

その命の循環する「大地」
そのものになって

今も一緒にいてくれる存在になったと

村上さんはおっしゃっていたことも



ほんとにそうなんだなあとしみじみと
感じました。




上映会での感動は、ずっと今も
ココロにこだましていて


何かの形でご縁をつなげていきたい
お役に立ちたい



そんな気持ちです♡



佐々木ファームのホームページはコチラ