シロフクコーヒーの日記帳

シロフクコーヒーの日記帳

シロフクコーヒーのスタッフが日々を綴ります。

シロフクコーヒーのあんちゃです☕️



当店で提供しているコーヒー豆は、どれも生産者の顔が見える品質の高いオーガニックのものなのですが、
その中でも「スペシャルティコーヒー」と呼ばれているものがあります。







コーヒー好きの方はよく聞く言葉かもしれませんが、この

「スペシャルティコーヒー」

って結局何なのでしょうか?







・・・率直にいえば、スペシャルなコーヒーなのですが。笑





それだけだとアバウトすぎるので、
日本スペシャルティコーヒー協会の公式サイトに掲載されている定義を持ってきてみました!




"消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒーであること"

"風味の素晴らしいコーヒーの美味しさとは、際立つ印象的な風味特性があり、爽やかな明るい酸味特性があり、持続するコーヒー感が甘さの感覚で消えていくこと"

参照:日本スペシャルティコーヒー協会






・・・死ぬほどさくっと要約すると、

「クオリティが高くこだわりを持って生産され、かつとっても美味しいコーヒー」

のことです!!(`・ω・)ザックリ〜




協会独自の基準に則り、

コーヒーの評価ができる技能者によって、

スペシャルティコーヒーの認定がされています。





もともとは1980年頃、アメリカでコーヒーが爆発的に普及しはじめ

効率重視の生産ゆえに品質が著しく落ちてしまったところから消費が低迷したのをきっかけに


「このままじゃコーヒー業界アカン!!」


と立ち上がった人たちによって、スペシャルティコーヒーの概念が広まったそうで。




その後日本にも、その概念が広まってきたんですね┗(^o^ )┓三 




なので

クオリティの高いコーヒー豆を選ぶひとつの指標として

「スペシャルティコーヒー」という基準は参考にできると思います💡




ただ、スペシャルティコーヒーだけが良いコーヒーだ!!・・・というわけでもないので

シロフクコーヒーではたとえその認定がなくても

こだわりを持って有機栽培している農園から

美味しいコーヒー豆を仕入れさせてもらってます☕️



コーヒーのおいしさは、究極的には点数のつけられないものですし

正解がないので、人によって好みもそれぞれです٩( ‘ω’ )و



だから、たとえ特別な認定があってもなくても

シロフクコーヒーとして

「このコーヒーはぜひともお客様のもとに届けたい!」

と思ったものを扱うようにしています。






こうやって少しずつコーヒーのことを知っていくと

普段飲んでいる何気ない一杯に

たくさんの歴史や人の思いがつまってるんだなぁ・・・と思わされます。






わたしもまだまだ勉強中なので、

日々修行しながらもっとコーヒーの奥深さを学んでいきたいと思います(`・ω・)!!




それでは!!