城 新 聞

城 新 聞

-Japanese castle press-
Trying to find dreams are more precious!
I walk to the horizon and there I find another,
It all seems so surprising and then I find that I know.

関東地方を中心に、全国のお城と高校を紹介


【2012.3.6】スタート→【2016.12.25】1000城登城達成

Instagramでは日本100名城、続100名城を中心に紹介してます。

https://www.instagram.com/shiroshinbun/

{5DA09ECA-7F68-4F30-AAC4-3B4C9F808930:01}
かみあかなべじょうと読みます。
別名“茜部城”。
 築城時期は不明ですが、堀利秀により築城されたと云われています。利秀は斎藤道三に仕えたとあることから1520年あたりが築城時期と個人的には推察します。
 場所は加納城から2km程南に位置した平城で、縄張りは不明ですが地図と近隣の城跡と類似していたことから推察すると200m四方の輪郭式の平城だったと思われます。
 以後、堀家4代に渡り本城となり、1553年、堀秀政が誕生しています。
 13歳にして信長に仕え、奉行職、戦場両面で活躍。第二次天正伊賀の乱、荒木村重討伐、越前一向宗制圧の功績により、この年、1581年、織田信長から長浜城主2万5,000石を与えられました。
 翌年、本能寺の変の後は、秀吉の先鋒として山崎の戦い、賤ヶ岳の合戦とさらに武功を立て続け佐和山城主、長久手の合戦、紀伊根四国征伐の功により従四位下侍従左衛門督となります。1585年、北ノ庄城主として、18万石を拝領、1587年、秀吉に従い九州島津征伐、歴戦し、秀吉の天下取りの立役者となっていきます。しかし、1590年、小田原城攻めに一方の大将として参戦中、陣中にて病死。38才でした。
 跡を継いだ長男の秀治は、豊臣秀吉から、家臣の石高を合わせ45万石を与えられ、北ノ庄城から春日山城に移封となりました。
 ちなみに秀吉は小田原を平定後、後北条の領地である関八州を秀政に与える考えがあったようです。
 上茜部城の廃城時期は不明ですが、1581年に秀政が長浜城城主となったあたりで廃城になったと考えられます。
 {CE6EF439-E520-4911-BA2D-6F54434D6EAE:01}

 現在、城跡は国道157号沿いにあり、遺構はありませんが1990年に堀秀政没後400年として、上茜部城跡堀秀政顕彰碑という石碑があります。

【近隣の高校】

岐阜県立岐南工業高等学校

 

 今年で創立76年目を迎えた岐阜市内唯一の工業です。現在、機械科、自動車科、電気科、電子科、建築科、土木科の6学科が設置されています。

 資格取得の向上を計るため、各資格を取得するたびに点数を加算する顕彰制度を実施しています。20点以上金賞、15点以上銀賞、10点以上銅賞の3種類に分け、賞状を授与することで就職、進学にも有利に活用しています。

 また、地域連携の一環で「岐南工dayあいましょう」というイベントを毎年12月に開催。各科や部活動単位で出し物を行い、各科の紹介パネルをはじめ、クリスマスツリー製作などの体験コーナーも設けて毎年賑わっているそうです。


{C62EC464-6A9F-4F0F-9564-96241A9ACA62:01}
 築城年代は定かではありませんが、稲葉氏の系譜を調べてみたところ、稲葉通高が1379年に城主となり、以後代々に渡って居城としたされます。
 岐阜城からの12km程西に位置した平城で現地案内板から推測すると西側に犀川が流れ、200m四方程度を堀で囲んだ縄張りだったとみられます。
 それから100年近く経ち、1468年、稲葉氏が本城を東濃へ移すと、のちの斎藤道三、西村勘九郎が在城したと伝えられています。しかし、斎藤道三の出生は1494年のため、おそらく道三の父、松波庄五郎であると思われます。
 さらに約100年後、1560年、織田家の家臣・池田恒興の家老である片桐俊元が修築して入城。翌年、織田信長と斎藤龍興の間で十四条の戦いが勃発。信長は敗れたものの、西軽海の戦いでは、池田恒興と佐々成政が斎藤方の将である稲葉又右衛門を討ち取り撃退しています。ちなみに南に9km先には墨俣なのでこの辺りは信長が1567年岐阜城を奪取するまで局地戦はたびたびあったと考えられます。
 1589年、豊臣秀吉の家臣、一柳直末が大垣城から軽海西城に移って6万石を領しました。
 しかし、翌年、直末は豊臣秀吉による小田原征伐に参陣し伊豆国山中城攻めで討死。城は廃城となりました。
 {E2E895E7-2C82-46DB-8195-CE386AECB252:01}  

 現在、円長寺の境内となっており、遺構は寺の南側から西側にかけて土塁と思われる跡が残っていました。


【近隣の高校】
岐阜県立大垣商業高等学校

 通称は大商(だいしょう)。
県内の商業高等学校としては最も古く、1902年創設。卒業生は25,000人を超えます。
 総合ビジネス科、会計科、情報科の3学科が設置されており、近年は他の商業高等学校同様に大学進学にも力を入れているそうです。
 2004年、文部科学省が進める、IT人材育成プロジェクトの研究指定校に選ばれました。同時に大垣市内にあるIT人材の育成をはじめ、研究開発支援などの支援を行っている公益財団法人ソフトピアジャパンと協力、連携を開始。サテライト教室「夢工房」を開設し、プログラミングなどを学ぶ授業も行われているそうです。
{E3062F45-ECDB-4C59-8B1D-8E5176B22D23:01}
 
 1469年から1486年の間に美濃守護土岐氏の家臣である和田八郎によって築かれたと云われています。以後、和田氏代々の居城となりました。
 場所は、十七条城から800m程北に位置し、中山道の55番目の宿場町の美江寺宿として、栄えたところです。
 縄張りは、不明ですが、近隣の城郭が本丸を囲むように配置された輪郭式の平山城が多いため類似した縄張りだったと個人的に推測します。また、土岐氏の本城が東側にあることからおそらく大手門は東にあったと思われます。
 斎藤道三が台頭すると城主和田高行は土岐頼芸と共に斎藤方と対立しますが、1542年十七条城とともに道三の軍勢に攻められ城は焼失。その後廃城となりました。
{E57D283F-CE31-4D91-8736-4E023FDF7AF2:01}

 現在、瑞穂市立中小学校となっており、城の遺構は残っていませんが、小学校敷地内に模擬天守台と石碑、案内板建てられています。

【近隣の高校】
岐阜県立岐阜農林高等学校

 今年度創立119年の歴史ある伝統校で、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)、スーパープロフェッショナルハイスクール(SPH)に指定された実績があります。
 園芸科学科、動物科学科、食品科学科、流通科学科、森林科学科、環境科学科 生物工学科の計7学科が設置されています。校内販売「スクールマートのうじょう君」を平日の午後2部構成で実施しており、メロンやいちご、きゅうりを販売。また、第1、3土曜には市内の朝市にも出荷しているそうです。


 令和に改元されてはや2ヶ月が経ち、これから何か面白いことやろうかなと思いつつ、今まで廻った城跡の写真を眺めてたら意外とさくらの名所が多いことを発見。そこで「日本さくら名所100選」と「日本100名城+続日本100名城」をざっとマッチングしたら26箇所、その他の城跡も含めると30箇所もあることがわかりました。

詳細は以下の通りです。★はその他の城跡

1.松前公園(松前町)
2.弘前公園(青森県弘前市)
3.船岡城址公園(宮城県大河原町・柴田町)★
4.千秋公園(秋田県秋田市)
5.鶴岡公園(山形県鶴岡市)
6.鶴ヶ城公園(福島県会津若松市)
7.霞ヶ城公園(福島県二本松市)
8.衣笠山公園(神奈川県横須賀市)★
9.小田原城址公園(神奈川県小田原市)
10.高田公園(新潟県上越市)
11.高岡古城公園(富山県高岡市)
12.兼六園(石川県金沢市)
13.霞ヶ城公園(坂井)(福井県坂井市)
14.小諸城趾懐古園(長野県小諸市)
15.高遠城址公園(長野県伊那市)
16.岡崎公園(愛知県岡崎市)
17.豊公園(滋賀県長浜市)★
18.大阪城公園(大阪府大阪市)
19.姫路城(兵庫県姫路市)
20.明石公園(兵庫県明石市)
21.郡山城址公園(奈良県大和郡山市)
22.久松公園(鳥取県鳥取市)
23.松江城山公園(島根県松江市)
24.鶴山公園(岡山県津山市)
25.吉香公園・錦帯橋(山口県岩国市)
26.城山公園(愛媛県松山市)
27.大村公園(長崎県大村市)★
28.熊本城(熊本県熊本市)
29.岡城公園(大分県竹田市)
30.名護城公園(沖縄県名護市)★

桜が満開の時期はわずかだから一気には廻れないけど4、5年かけてこれから廻ってみたいと思う今日この頃です。
{DAFE0DC3-01A4-471B-B96A-7F029F25827D:01}

 1526年、土岐頼純の命により、川手城を防衛する出城の一つとして斎藤利良によって築かれたとされています。
 川手城から西へ約12km程、五六川が近くに流れる場所に位置した平山城で、一番外側の出城であったようです。
 しかし、土岐氏の衰退、美濃国を斎藤道三が支配するようになると存在意味がなくなり、廃城。
1561年、織田信長は墨俣城以外の美濃国攻略の拠点の必要性を考え、かつての十九条城跡地に着目。信長は自ら兵を率いて十九条城跡地を占領し、再び十九条城を築き、織田広良が城主となりました。
 翌年、斎藤龍興は十九条城を目指して稲葉山城から出陣。これに呼応して信長も兵を出し、後世、軽海合戦と呼ばれる十四条と軽海で両軍が激突します。この戦いで十九条城城主の広良は野々村正成に討たれて戦死してしまいます。十九条城は焼失し、2度目の廃城となりました。


{796AD802-FFBD-47F3-8A71-CC337A942DE6:01}

 写真の通り、辺りは柿の木園がたくさんあり、十九条城の本丸跡は、現在、津島神社になっています。遺構は宅地化され、ほとんど見られませんでしたが、神社北側の道路を挟んで堀跡らしき跡は残っていました。



【近隣の高校】
岐阜県立本巣松陽高等学校

 2004年に岐阜県立本巣高等学校と岐阜県立岐陽高等学校が統合した全日制単位制普通科高校です。
 2018年4月、本巣市との連携協定を締結し、その取り組みとして学生ボランティアを開始。世界的数学者高木貞治博士の出身地にちなみ、数学のまちづくりの一環として実施している「本巣市数楽校」に、昨年7月から4ヶ月に渡り100名を超す同校の生徒が小学1年生に算数の指導したそうです。
 学校行事としては、毎年5月中旬ごろに「松の芽摘み」と呼ばれる、校内の松の木をきれいに維持するため松の芽を摘む作業を続けており、地元の新聞社から取材を受けることもあるそうです。また、2014年度からクラス対抗で連続して飛べた最高回数を競う大縄大会も恒例となっています。

One of the most beautiful castle ruins in Japan. 
№5 Aomori Ne Castle.

Ne castle is a castle that became the base of the northern part of the Tohoku region in the Middle Ages.

Now, based on the results of excavations, the main hall and stables are finely restored.

Instagram

Photo
A model of the whole castle ruins


Map location


Access Info(From Tokyo)

 

By Shinkansen🚅

Tokyo station(Hayabusa)→ Shin Aomori Station 3 hours 45 minutes

By Bus🚌

Hachinohe station→Nejo 12 minutes
[City-run / south: via Tagami tree]


{CF895D34-331F-4CD2-BF1D-C1A3E741C9CB:01}

 築城年代は定かではありませんが「新撰美濃志」という文献によると南北朝時代の1336年から1350年ごろに土岐頼貞の子、船木頼胤によって築かれたとされています。
 大垣城から8kmほど北東に犀川沿いに西浦の城山と呼ばれる低い丘に位置した平山城で、現地案内板によると東に大手門、西に馬場を備え、曲輪は、本丸を囲むように南西に二の丸、東に三の丸、北側に北の丸が配置された輪郭式だったようです。
 その後、二階堂氏や仙石秀豊、和田利詮が居城とした時期を経て、享禄年間の1528年から1532年間には林正長が居城として改築したとされます。しかし、林正長の嫡男、玄蕃は1562年に西美濃に侵攻した織田信長との合戦で討死したため、弟の林正三が後を継ぎ、1578年に逝去するまで城主を務めたされます。
 正三の子は稲葉重通の養子になって、春日局(お福)と結婚。稲葉正成と名乗り、1万石を治めました。そして正成と春日局の子たちは、三男正勝は、老中となり小田原城主に、さらに正勝の弟、正定が尾張徳川家に出仕し、十七条村で1千石を治めましたが、孫に嗣子がなく1675年に家が断絶、城は廃城となりました。

{D6FF4799-6455-47C1-B4BC-4FE208373A89:01}

 現在、城跡の北側に熊野神社が建立されており、熊野神社に案内板がありました。さらにそこから南へ行った曲輪跡と思われる一段高い民家内に標柱があるそうで、ここが主郭跡とされています。

【近隣の高校】
岐阜第一高等学校

 通称「一高」。今年で創立57年を迎えました。
普通科にカレッジコース、スポーツコース、普通コース(2年生からは、進学専攻、総合専攻、情報専攻)の3コース、工業科に自動車工学コース、電子機械コースの2コースが設置されています。
 また、県内の私立高校では現在唯一工業科設置校だそうです。
 2016年度より、男子校から男女共学化となりました。
 スポーツも盛んで多くプロ野球選手を輩出、
共学化に伴い、女子硬式野球部も設立。また、女子バレーボール部は2018年、高校総体出場しています。
 国際交流が盛んで、毎年モンゴルやタイ・韓国・オーストラリアなどからの留学生を受け入れ、柔道部ではモンゴルの留学生が全国大会に出場した実績もあるそうです。
 校舎の敷地は糸貫川の沿線にあり、もともと旧糸貫川の廃川跡地であり、また、1951年には北方公認競馬場が開設された場所でもあったそうです。

One of the most beautiful castle ruins in Japan.
№4 Aomori Hirosaki Castle.
 
It is a castle tower that has survived only in the Tohoku region and is a generation of Tsugaru family.
 
There are three castles and three castle gates, including a castle tower.
 
Instagram

Photo
 
It is also famous as a cherry blossom spot🌸, and many people from all over Japan come in spring.
 
 
Map location
Access Info(From Tokyo)

 

By Shinkansen🚅

Tokyo station(Hayate)→ Shin Aomori Station 3 hours 20 minutes

By Train🚈

Shin Aomori Station (Limited Express Tsugaru)

→Hirosaki Station 30 minutes

By Bus🚌

Hirosaki Station→Shiyakushomae 15minutes
By Walking🚶‍♀️
Shiyakushomae→Hirosaki Park 4minutes
 
 
 
One of the most beautiful castle ruins in Japan.

№3 Hokkaido Matsumae Castle.


It is the last modern castle built in Japanese style.
It was built in 1849 in preparation for the appearance of foreign ships.

Seven guns and 25 cannons were set forward, but in the Korean War, the old Shogunate army of Hijikata Toshio got behind the castle and dropped it.


Instagram
Photo
 

Map location


Access Info(From Tokyo)


By Plane✈️
Tokyo (Haneda) Airport → Hakodate Airport 80 minutes

By Bus🚌

Hakodate Airport→Matsumae approx. 3 hours 20 minutes
※There are no direct flights.
Hakodate Airport→Hakodate Station
→Hakodate Station-Matsumae
One of the most beautiful castle ruins in Japan.
№2 Hokkaido Hakodate Goryokaku.

It is a Western-style earthen with a star shape built in 1857 at the end of the Edo period.

It is a place where the old Tokugawa shogunate escape army and the Meiji new government army built up in a castle.

Photos

Map location

Access Info(From Tokyo)

By Plane✈️
Tokyo (Haneda) Airport → Hakodate Airport 80 minutes

By Bus🚌
Hakodate Airport → Goryokaku 60 minutes