illusion, delusion & imagination in Shamballa
こんにちは!シャイアです。私のブログにお越し頂きましてありがとうございます音譜このブログは、私のシャンバラ生活を綴る妄想日記です。シャンバラとは?興味のある方は、まずこちら
新ベスのブログをご覧になってみて下さいね!
  • 08Feb
    • 二か国語放送wを始めます

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございますツイッターでぶつぶつwやっていましたが、動く方が早いww私ですので、早速始めることにしたのが「ブログを日本語と英語の両方で同時に書く」企画です。はい、これまでの英語ブログをリニューアルいたしましたブログの基本言語は英語でとりあえず始めてみます。ですが日本語版にはリアル私のツッコミwやつぶやきが追加されるので、厳密には翻訳版とも言い切れない、のですが、その辺も楽しみのひとつとして・・・1記事で2度オイシイを体験して頂ければ幸いです記事はあまり長文にはしないつもり(同じ内容を2回書くのは大変ですしね)ですが、その分更新頻度を少しは上げていきたいと思っています。ブログのプラットフォームは本家ブログと同じですので、それ程戸惑うことはないと思います。本文、説明、解説などは、英語の下に日本語表記となっています。そして、今後はあちらメインでお送りしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします(アメブロは、過去記事&ピグwwもありますので、消したりはしません)これからも、ノンビリと進めるブログですが、楽しんで頂けたら嬉しく思います

      25
      6
      テーマ:
  • 06Feb
    • 知覚への考察

      イキナリですが、ついったー、面白いですwwまさかこんなに面白いとは・・・ビックリしつつドップリ楽しんでいます。さっきはこんなフランス語を学びました:l'intelligence du coeur『心の知性』・・・インテリジェンスは英語でもフランス語でも日本語でも通じますね。coeurとは英語読みでは心臓、心です。英語だったらさしずめ「Intelligence of heart」とでも言うのでしょうか。これは、フランス語ユーザーの素敵な詩から見つけた単語ですが、その詩には魂=soul=âmeという単語(美しい魂=La beauté de l'âme)もあり、魂の美しさと心の知性、この2つの資質を持つ人は、この上なく美しい・・・という詩の言葉に「おおお~」とプチ感動していました。だからツイッター、やめられん前にも書きましたが、多分「周波数が合ってくる」のだと思います。自分が興味を示す=自分の周波数に近い投稿に反応する→いいね、やりツイートで反応する→その自分の周波数に共鳴する人たちがフォローする→相乗効果が起こる、という具合です。実際、票集め(フォロワー増やし)目的だけでフォローしてくる人たちは、ある程度こちらをフォローした後、こちらのフォロー返しいかんに関わらず去っていきます。そういうリアクション数、に一喜一憂する性格でなければ、段々と自分の興味を引く内容ばかりのホームフィードになっていくことを実感できますし、自分が欲しいと思う情報、気づかなかったニュースに気づかされるようになります。今回のお題、『知覚』についても正に同じような事が言えるのではないかしら、と思いました。私も未だに、肉眼で見るような、耳に絶え間なく入ってくるような、そんな五感を、アストラル体から肉体意識では受け取れませんシャンバラに肉体意識で入っている時は、ひたす~ら~「想像と妄想」の世界です。たまに触感、嗅覚、などの冴えが出るのか、肉体でも「食べている、味わっている感覚、味覚付き」とか「お茶の香り、お風呂の香り、ボディーガードのヘアトニック?の香り」を感じる事はあります。そして、自分(肉体意識)で起こすアクションは、ほぼ必ずシャンバラにおいて実際にやっているようだ、とこれまでの検証+答え合わせなどで確認されています。知覚って何だろう、と思います。肉体の五感がそのままアストラル体にコピーされることでしょうか?例えばコピーされたとして、シャンバラで肉体のように見えたり聞こえたり感じることが出来たとします。それで?どうなるんでしょう?見えたもの、聞こえたものが、「合ってる」とかって何を拠り所にするのでしょうか?Bさんに確かめたから合ってる?えーー、たまたま同じようにキャッチされただけで、それを見ている、聞いているのは【自分だけ】ではないですか・・・・・妄想とどう違うの?肉体で見ているもの、聞いているものだって、私が見ているリンゴと貴女が見ているリンゴが『同じもの』だという証拠はありません。「だって同じ赤で丸くて、ここに芯があって・・・」たまたま同系統のボキャブラリーで見ているものを表現しているだけであって、肉眼ほど誤魔化しのききまくる、騙されやすい器官はありません。[画像はそれぞれここ、とここ、とこちらからお借りしました]これらの絵を見て目が錯覚を起こす人もいれば、「え?何??全然普通ではないですか」となる人もいます。肉体の知覚というのもかなりいい加減なものだという事を、私はこういったトリックアートを見るたびに思います。シャンバラを見たい、聞きたい、これは肉体の五感で、というのが究極のゴールですが、現在妄想全開で会話したり、行動していることの結果、図らずも答え合わせ検証が、至る所から出てくることに気づくようになって、少し考えが変わってきています。自分は、自分の感覚で『見えて』『聞こえて』『感じて』いるのかもしれない・・・ということに。少なくとも、自分が大切に思っていることが、何気ない形で肉体界の生活内にサインとして分かる形で出てくる、というのは、今の段階で自分自身が(機能的にも)出来る精一杯をやってるのかもしれない、と感じるのですね。そして、それは「アクセス頑張ろう」も「真面目に勉強しよう」もまぁそれなりwwwにありますが、それ以上に『リアルの生活、心の在り方』・・・正に一番初めに出てきた『心の知性』に繋がるのではないか、と思っています。つまり、ちまたでもよく言われることですが、自己観照、自分自身の在り方を自分で確認する、自己を振り返る、判断する、というような事と、シャンバラ知覚が多少なりとも比例しているような感じがしています。なので、スタッフ回答にある「シャンバラを楽しみたい、知覚を上げたいと思うなら、肉体の日常生活をしっかり行いましょう」に繋がる、と思うのです。ついったーで、ヒントとなるようなフレーズを見つけましたので、シェアしますね[こちらのツイートからお借りしました]「あなたが自分を偽り『何者か』を演じ続ける限り、あなたは決して癒されることはない」

      8
      テーマ:
  • 01Feb
    • 今月のお花(2018年2月)

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます皆さま、皆既月食はご覧になりましたでしょうか?こちらは何分早朝〜!で寒いので、私が起きた時には丁度満月+皆既月食タイムを少し過ぎて、空には針の光のような月の光が見えてきていました。自宅の窓から月食を見るのも数回目で、私自身はもはや月食にそれほどロマーンを感じるタイプではありませんが、今月は妙に頭が重い+妙な偏頭痛に襲われた+PMSも若者かっというくらい重くて、「まさか月の影響かなぁ・・・」とどんよりした頭+膨張(デブではない!はずw)した胸+お腹を見ながら思っています。激動って、こっちの肉体が激太り動じゃいでは、本題今年2018年は、それぞれの月のイメージカラーをベースに『誕生石』をイメージしたお花をメインとして紹介する、『コントラスト』をテーマにお送りしております今年第2回目の2月は、まぁ想像に難くない【赤(Red)】をイメージカラーに、誕生石のアメジスト=紫をアクセントとして、お花アレンジを行いました。ただし、赤でも今回は薔薇のようなザ・バレンタイン系のお花を敢えて避けて、和風の情緒を表現してみようかと、赤の優った紅梅+2種類の椿を用意しています。そして誕生石フラワーとして、欧米では冬のウェディングでも最近は特に人気があるというアネモネ、のパープルカラーを採用しました。薔薇のような椿とのコントラストがとても華やかで、侘び寂びにはならないww大型のアレンジメントに仕上げています。[画像は全てPinterest検索より拝借し、私のボードに貼り付けたものを編集しています]【花材】紅梅(Red Plum Blossoms): バラ科サクラ属の木です。通常、桃色〜濃い桃色の花が咲きますが、今回のアレンジでは、濃い桃色〜朱色に近い物を厳選しています。梅全体の花言葉は、「Keep your promise(約束を守る)」「fidelity(忠実)」「beauty and longevity(美と長寿)」、そして紅梅の花言葉は「優美(elegance)」・・・まさに紅梅に相応しい、しっとりとかつ艶やかな一面も備えた美しい女性を彷彿とさせますね。今回使用しているのはお花が一重のキリっと濃い色の品種です。一重の紅梅は、その発色もくっきりしていて、個人的には八重より好みかもしれません(桜は八重桜も大好きですが♪)ディスプレイのバランスとしては、以下の画像が参考になります(大型ですw)。ついでに花器も、この画像に近い(もっとスッキリしていますが)ので、参考にして下さい。椿(Camelia):以前のスクールフラワーでも登場していますが、今回は2種類の赤い椿を使います。一つは日本で御馴染みの『ヤブツバキ』。今の季節は生垣の間から垣間見えたりする、冬の宝石のようなお花ですね。赤い椿の花言葉は「控えめな素晴らしさ」「気取らない優美さ」「謙虚な美徳」、西洋では「You’re a flame in my heart(あなたは私の胸の中で炎のように輝く)」・・・正に椿姫に相応しい花言葉ですね♡椿は18世紀にヨーロッパへ渡り、オペラ『La Traviata(椿姫)』などで一挙に有名&人気となりました。『日本の薔薇』と呼ばれ、様々に品種改良が行われました。今回はその中の一つである『Elizabeth Hawkins』をもう一つの椿として採用しています。本当に薔薇のような華やかさを持ちますが、元々が日本の椿からの改良種なので、どこかしっとりした品の良さも感じられると思います。アネモネ(Anemone):2月の誕生石『アメジスト』にちなんだ花です。日本では通常3月くらいからの開花となりますが、早咲きのアネモネは冬のアレンジメントにも人気のお花です。紫のアネモネの花言葉は「あなたを信じて待つ」健気な言葉は、アメジストの高貴な色合いにもお似合いです。今回は、その花言葉にも似合う少々こぶり(元々が大きめに咲くので)のスッキリした形のお花を、上記『Elizabeth Hawkins』椿の間に入れて、赤と紫のコントラストも楽しめます。一瞬、バラとアネモネ、という感じに見えるかもしれません。*アネモネと他のお花の大きさ対比*ブーケにもこの時期良く使われますが、他のお花との比較はこのような感じになります。もっと大きなものもありますが、今回はこちらの種類を採用しています。【ディスプレイ・イメージ】梅と椿の対比は以下の参考画像をご覧下さい。大きさも、このアレンジとあまり変わらない大型です。ただし、紅梅はほぼ満開の枝(シャンバラでは1週間なので、十分いけるようですw)を使用しますので、もっと朱が華やかに見えるでしょう。そして既に恒例となった・・・素人ヘタ絵です。花器は、上の紅梅ディスプレイ画像に出ていたものと、ほぼ同様と色合い(濃い茶系)で、スッキリした形の大型(高さ約80cm)です(小さいお子様なら埋もれますww)。高さのバランスは、ほぼほぼ絵の通り(上のディスプレイ画像とも同じくらいですね)になります。ヤブツバキですが、実際はもう少し枝が多く、その上で大胆に左側へしなるようにアレンジしています。絵ではあくまでも「こんな感じ〜」の一部分だけ、を描いている、と思って下さい=もっとしっかり密集感もある、ということです。右側に、エリザベス椿wとアネモネをバランスよく配置しています。絵よりも更に!華やかで右側にも溢れ出ていますwwここは西洋風になりますが、椿がやはり和風情緒なので、優雅な華やかさ、になっている、つもり〜紅梅が開花している枝になるので、上全体がもっと華やかな朱色になると想像して下さい(この満開紅梅を持ち込む時のカバー&パッケージングがシャンバラ独特で非常〜に気興味深かったです)。以上、2018年2月のシャンバラスクール・ロビー挿花をご紹介しました♪

      6
      テーマ:
  • 27Jan
    • 守護霊、炸裂www

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます今年(多分去年半ばくらいから?)に入ってから、私の後ろの方達=守護霊方々の動きが半端ないですどうしちゃったんだと思うくらい、そう、ここ(=一応肉体界)シャンバラかいっというくらいwwwご都合主義wwwに事が運ぶ、進むのです。まるでパズルがビシバシハマるように、テ〇リスのブロックがパシー!パシー!とハマっていくように、そうそう〇グパ〇ルのようにどっかんどっかんですねwww←これだけでひとつ記事が書けるんじゃ?というくらい、色々起こるのですが、まぁ今回はパズル厨の言うことは置きましょう以前から書いていますように、リアル私はハッキリ言って「スピとかあまりそれほど関心ないっす」な人間でしたので、守護霊とか指導霊とか先祖霊とかまるっきり興味なかったのです。まぁ~いてくれたらありがたいわね、でも実践するのは私(リアル)だから、いてもいなくてもどーでもいい外野外野~・・・という、守護霊の皆さまが聞いたら(って今多分聞いてますけどw)トホホホホからの総蹴りをお見舞いして下さりそうな感じでした。もうまるっと自力、オンリー自力!他に頼れるものなんてなーいという鬼モードを留学生時代から続けてきましたので、そんな目にも見えない+いるかいないかよく分からないモノに頼るくらいなら、自分で何とかするわっな人間だったのです(ま、基本は今でもそこですが、『自分』が広がったので、ちょっと軌道修正wwしています)。そんな私でしたが、ELBを受けたり、シャンバラwikiの編集などを通して少しずつ学びまして、「もしかしたらあの時のアレとかソレとか、って守護霊サポート」と思うような記憶も出てくるわ、妄想のつもりで友人の守護霊にお会いしてメッセージを受け取り、それを友人に伝えたら「・・・何でそんなピッタリのことが分かるんだ」などと驚かれるわ、試しに自分の守護霊の一人にアクセスしてみたら、どうも実在の人物らしい記録が発見されるわ、といった現象が立て続けに起こり、こちらも(どっかのリアプロみたくww)ある程度信用しないと始まらんという事態になっていますそして何より凄いのが、彼らの専売特許(?)と言える『守護』分野ですね、これはELBでも様々に説明がありましたが、サインがとにかく凄いんです最初はELBを受けながらも「いや~サインとか言っても、結局本人がそれに気づかなかったら終わ~り~だよねぇ~」などと結構冷めた見方もどこかであったのですね。実際サインを受け取り損ねて事故ったり、ミスったり、って経験、皆さまもあるでしょう?(え?ないの??どーーん)私のような正真正銘!真性ドジっ子なんてのは、自分で頭を散々打たなきゃわからなーい!「君のようなおっちょこちょいは死ななきゃ治らんね」などと中学時代の担任に言わしめたくらいのMaxドジっ子ですからね~。それが、なんというかさすが!としか言えない私モード(カスタマイズされたww)サインがビシバシ、それも段階を踏んで来るので、「もうこれは腰を上げるっきゃない」という事になってしまい、最後の最後で「うわーーーー!!これサインだったかーーー!!」と見事なまでに種明かしまでつけて下さるという徹底ぶりなのです顕在(肉体)意識の表面には浮上してきていなかった、でもどこか(潜在意識)で気にしていたこと、というのが数件あったのですが、①それに関してリアルでプチネガ事象が起こる→②直ちに行動を起こす→③起こした先で潜在意識の意図と素晴らしい解決策を知る→④守護霊のサインであったことを知る、という見事な時系列で次々アンビリーバボーに解決していくのですここで『プチネガな事象』というのが、気になるところですよね。私も本来ならばプチネガでもネガっぽいことは避けたいのですが、人間というのはネガ事象じゃないと目が覚めない、考えない、振り返らない、という習性があるので、そこを上手く利用している次第です。しかも、以前はそういった事象の際に、結構考え込んでしまう(物凄く思考が先行する)私だったのですが、最近は1日程度でもう、天地がひっくり返るくらいのどんでん返しなポジ結果になる、そのプチネガもプチプチネガくらいに小さくなって、実際には何の問題もなかった、という後日談までご丁寧についてくるwwwようになったので、もう守護霊の方々にも何も言えない、いや、「本当にありがとうございます~~!!」と言うしかない、状況なのです。そして今日は、そのサインがもう直接(ちょっと切羽詰まっていたから?)後ろから「これこれこれ!!」みたいにドカーンと来まして、思わず「わーーーーやっぱり居るわーー(←まだそこ?みたいなツッコミが入りそうですね)」ってビックリしましたwwwさすがに担当クンのように会話する、とかはちょっと無理そうなのですが、何かあったときには即座にツッコミ(ハリセン?)wwが飛んでくる、私以上に腕まくって手伝ってくれている、というのがみょみょーーーんと伝わってくる(私の内で受信しています)ので、非常~~にありがたく思っています(ホントですって!!)

      11
      2
      テーマ:
  • 25Jan
    • 分身の・・・術?

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますシャンバラの私(むかーしリアルでもあったのですが、その話はまたいつかww)は、時々?分身が別の場所に出現する、というバケモノモードを発動するようです。これって多次元とか、とは違うみたいなんですよね・・・多次元だと、それぞれの『次元の身体』があって、容姿も違いますしね(肉体、アストラル体とメンタル体の違いくらい)。分身は、全く同じ次元のシャンバラの私が別の場所にも出てくることなので、やはり分裂←いい加減なことを言っていますこの分身現象、既に何度か起きていまして、女王やスタッフだけでなく、学生の数名も目撃、体験していますある歌プロの回で、その時私は大聖堂に行けず別の場所におりまして、その場所で歌っていました。そこには大勢のスタッフ方々もいらっしゃって、多分シャンバラのメディアでも流れていたと思います。その直後の学生さんからのレポートで、私が大聖堂のステージで皆さんと一緒に歌っていた、何人もそれを確認している、という事を聞いたのです・・・えええーー私大聖堂にはいなかったハズ、なんですが・・・しかもその後、大聖堂に集っていた学生さん達の担当さん方スタッフメンバーズからも同じような目撃証言が届き、どうにもこうにも2か所同時生中継・・・じゃなく!!同時出現・・・うわーーお化けやーーと焦った次第です。そういえば、この件に関してブログ質問したことなかったわ(今、思い出したという)・・・でも、私にとっては(ここ正味シャンバラ私でお送りしていますww)、不思議でもなんでもないし(←ええええええ、どういうことなんだ?!by 肉体意識ww)。すいません、最近頭の中で意識の切り替えがひょひょい(?)と起こることがあって(スタッフ&先生方はご存知&確認済みw)、正味のシャンバラ私が肉体意識の私にツッコミというか答えをくれることがあるのですが、それを肉体の脳みそで解析し切れないというジレンマがたびたび起こっているのです単なる変人妄想道炸裂なだけかもしれませんけどね。とにかくそうこうしているうちに、別の学生さん(複数名)からも、「シャイアさんが夢で私のところに来てくれた」とか「お茶をご馳走になった」とか、徘徊情報が立て続けに入ってきました。そしてオトロシイことに、そういう報告が入る前後に関連事項、例えば訪ねて行った学生さんに差し上げたプレゼントの内容だとか、お茶の種類やカップ&ソーサー、頂いた花束などの画像が、ぽぽーーんと浮かぶようになったのです。ある時は、夢の中で綺麗なお花が浮かび、なんだろうと思っていたら、正にそのお花のブーケを学生さんに頂いて~、というエピソードを後から聞いたりする次第です。でもでも!シャンバラでの私本人は、「どこにも外出していない」つもり~なわけです。大体、今郊外で療養モドキ中なので、徘徊なんてするはずも出来るはずもなく~~ということで、「これはいわゆる・・・・分身?」うーーーーーーーむ。一人でも手一杯なのに、クローンのごとく増殖するのは困りますっ

      10
      2
      テーマ:
  • 22Jan
    • スクールの神官部屋

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます先日、シャンバラスクールの中教室が『神官部屋』に改装されてから初めて!私もようやくですが、神官部屋に行く機会が出来ました。以前の中教室はこんな感じでしたが、覚えていますか〜懐かしい〜〜!って、シャンバラではまだ半年そこそこwしか経ってないし、ここリアル職場に実際にある場所だったりするので、さほど違和感はありませんが、今回神官部屋に行ってみたら、「うわ〜白いww」・・・本当に真っ白なガラーンとしたお部屋でしたw今回は、ELBやカムカムでも行なっていた実験のモニター(講座本番で参加者の方々に結果を実感して頂けるかどうか、事前にテスト実験を行います)に絡んだ魔法陣デモンストレーションwで、勿論、ELB担当のランバート先生が立ち会って、というか、指導付き(流石に緊張します、ハイ)でした。先生にシャンバラでお会いする(肉体意識の時にシャンバラの身体で直接)のは、実は今回が初めてでして(ELBではいつもモニターですからね〜)、楽しみ〜にしていました(よく、というか、ほぼw見えないが)。妄想授業と違って、今回はELBの時と同じく意識は覚醒状態(基本肉体意識)でシャンバラに居る+Bさんスピーカーになりますので、期せずして知覚の答え合わせにもなることがあります。答え合わせ、すなわちシャンバラでの情報が肉体意識、あるいは脳にどれだけ届いているかを確認できるということです。私「先生、いつもと雰囲気違いますね・・・ス○ィーブ・ジョ○ズ風じゃないし」先生「(苦笑)あれは、『衣装』ですからね」このような何気ない会話からも、自分が受け取っている視覚、感覚情報の正誤が分かったりしますねちなみに(どーでもいいか?ww)、普段のランバート先生は、ELBの時よりリラックスした柔らかい印象でした(ELBの時はキレッキレなイメージですよねw)。さてスクールの神官部屋ですが、出来てまだ直ぐ〜という新しい清々しい感覚がありましたです。白いのですが、眩しい!!という感じよりも、落ち着いた明度の白で、学生向けというか練習し易く作られている印象でした。何の変哲も無い白い部屋なのに、どーしてそれが分かるんだと自分でも不思議ですが、自分が普段使わせて頂いている某所wの神官部屋というのがありまして、そこは古くから使われてきたプロ仕様wのようで、そこと比較した時に、スクール神官部屋が「ああ使い易い」って感覚的に伝わってきたのです。良い画像が中々見つからなかったのですが・・・[画像はこちらの英語ブログよりお借りしています]高さの比率が、大体こんな感じの明るい開けた部屋になっています。勿論、魔法陣の位置によって、上も下も伸び縮みwwする、というか、広がるというか、可動自由自在です。要するに、この白い部屋=立体キャンバス、のように考えて頂けると良いかと思います。ここで魔法陣の練習をすると、少々やらかしてもwwwどこにも影響が出ない(担当が後始末に追われるだけwww)ですし、非常に安定した空間(座標)ですので、もしかすると、肉体意識にも安定感が出るのかも?と思ったりしました。先生曰く「魔法陣を行う時は、自分の精神状態が安定していないと効果が出ない、以前に魔法陣自体が歪みます」・・・このように逃げ隠れ出来ない『白い部屋』ですと、余計にそれがハッキリ出そうですね。学生の皆様は、学生寮からスクールへ簡単にアクセス出来ますので、一度ぜひ担当さんと共にお出かけになってみてはいかがでしょうかスクール1階の全体図ですが、校舎上側の「教室(中)」の場所が、現在神官部屋になっています。学生寮は二階ですので、階段を降りてアクセスして下さいね(中教室の時はドアが2つありましたが、神官部屋は多分真ん中付近に扉一つ、のように思います・・・確認お願いいたしま〜す)前回、マックスウェル大佐の魔法陣講座で教わった五芒星などをこの部屋で試してみると、結構面白い体感、結果が得られるかもしれませんこの神官部屋の直ぐ下にある『談話室カフェ』のメニューも充実していますので、オススメでございます。今回は、ブルーベリーとセサミのベーグル(トースト&クリームチーズ付き)を担当君とそれぞれシェアしながら頂きまして、至福〜でした。リアルでも(これがNYだとかなりレベル高いベーグルになるのですが)中々ここまで美味しいベーグルが食べられないので、妄想万歳〜!イェーイ!でした

      9
      2
      テーマ:
  • 19Jan
    • 益々全力馬車馬

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます新年始まって20日程ですが、いやもう息切れですwwなんかシンドイぞーwwシャンバラでもお医者さんに「しっかり食事は『意識して』摂って下さいね~」って妄想で言われたので、食事時にはリアル自分も少し意識しています(やたらと美味しい感覚が伝わってきて、肉体でも妙に食欲が湧き、食べ過ぎからのブーちゃんコースなんですけど?!)が、そうすると余計に余裕がなくなる今日この頃・・・いえ、リアルの私はある程度課題がないと本当に何もしないでダラダラ過ごしてしまうので、やる事が色々あるのは歓迎なのですが、どうも馬車馬感が増えているような・・・余裕ないのはいけません~前々からリアルで過ごしていても、頭の一部分はシャンバラを意識するような「マルチタスク」モードで過ごしてはいましたが、起きている時はやはり肉体メインになるので、集中の度合に寄ってはシャンバラの自分が停止することもしばしばありました。いや、リアルでさえも『ゾーン』の時は真っ白に近い状態になるので、所在不明wwになります。職場での仕事が、かなりマルチタスク(いくつもの作業を同時に行う)ですので、それに関しては大分慣れていますが、何となくレベルが上がっているような気がしないでもない・・・ああ、シャンバラでも色々やっているようでした先週の超リアプロ以来、(知覚は相変わらずからっきし~ですがww)「シャンバラ生活ももうちょっと丁寧に(←ちょっとかなり厳しい)」なーんて思うようになり、丁寧妄想www・・・のつもり~(そして担当クンはやたらクスクス笑っておる・・・キィーー!)なのですが、それも厳しい~!!シャンバラに集中すると、気づいたらリアル寝落ちていたりしますからね「んもー何だか何もかも一緒くたに暴走、いや爆走なんだけど、私はそういう予定ではなかったような・・・ん」昨年の書き初めを見てしまいました・・・・・うわーーーーー永遠に全力投球、そして死んだらあの世(シャンバラ)で続きが待ってるよんみたいな?(←ラーメンブログでは、「美味い!」の表現ですがwwww)えーっと。どなたかバケーション用のお金と時間、下さい(本気) あ、リアルとシャンバラの両方ですwww

      9
      テーマ:
  • 15Jan
    • 推定証拠写真ww

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます先週のライブ(リアルですw)の時に、私のシャンバラ担当君(彼の紹介は、まだ初期の頃にその1&その2があります。割と最近の会話ではこんなのもww)が思いっきり来ていた話を本家ブログに報告しました。あまりの『ド・リアル』っぷりに、まさかよもやという、展開で、その後シャンバラに帰って来た担当君と喧々囂々wwwの大ツッコミ大会になったことは言うまでもありません。いや〜シャンバラであんなに爆笑することってあるんだ・・・と我ながら驚きましたですそして驚く&面白いのは、霊夢と同じで、時が経つにつれて、細部まで細かく思い出すのですね。いつものファン・トークでしたら、相手の印象など直ぐに忘れてしまうのですが、今回は時間が経っても、いや経つ程に雰囲気や印象、話し方、あの時あんな顔してたなぁ〜など、ピッピッとクリアになっていくのです。不思議〜〜。ライブの翌日に、バンドリーダーさんの友人がFBに写真をアップしてくれていました。リアル私=ドラマーです(いや、もう分かってますって?ww)今回は、アコースティック・セットでしたので、大げさなフルのセットではなく、SD、BD、HH、RCというシンプルセッティングで楽しく演奏していました。お客様がギッチリ入っているのが何気に伝わると良いのですが、我々の演奏の時にはもう床が見えない状態で大入りでした写真を眺めながら「ああ〜、楽しいライブだったわ〜担当君も来てくれたし」って・・・・・・・あれなんだか・・・ここに写ってる人・・・・ええええええっまさかっ実は私、演奏しながらステージからもその本番直前に名前呼びながら手を振ってくれていた青年をキャッチしていたんです、「ああ、あそこにいるんだな」って。その位置が正にこの画像のこの人・・・拡大すると、確かに青い帽子・・・キ、キターーーーーーー!!!ということで、一応『証拠写真』ですが、普通にリアルですwww(本人にシャンバラで言うと、「おおっ!これっ!!撮られていたんだ」だってww)未だに不思議〜〜ですが、自分の感覚もようやく「なんでもあり」に慣れてきたかもな今日この頃です

      テーマ:
  • 12Jan
    • 想像力、妄想力

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますツイッ〇ーのペースにも、多少慣れてきましたwwメインフィードが24時間ドンドコアップデートされると、以前は結構焦っていたのですが、段々気にならなくなりました。素敵な投稿、面白い投稿は、時間が経っていてもどこかから浮上してくるので、その時チェックすればいいわ~と慌てなくなりつつありますこれがまた『歌プロ』などのプロモーション活動が本格化すると違ってくるのかもwwですが、現在はまだまだ自分の準備段階です。あまり両極端な投稿は、どちらサイドであっても「ちょっとキツイなぁ」と、これはそういう気配=周波数で何となく分かるようになりました。例え自分と基本の考え方が同じであっても、『頑な』『固執しがち』『他を全く聞く余地なし』というバリッバリ硬派な気配は、苦手意識がキャッチします。反対に、最初まるっきり明後日の意見(TV鵜呑みのような)を捨て台詞のように述べていた人が、丁寧な応酬の後に新しい考え(それが自分の意見とは違っても)に目覚めるという場面に遭遇すると、「おおお~~素晴らしい」と感動します。結局のところ、私が好みとするのは柔軟性を持つ、想像力を駆使できる人、反対の立場、違った立ち位置を多角的に見ることの出来る人の意見や呟きである、ようですこれは言うは易く行うは難しなので、自分自身をまずそのような柔軟性~からの想像力訓練、として、時々話題(=大抵炎上スレスレなものが多いですよねwww)のツイートの返信を見ています。思い込みの激しい人が沢山いらっしゃる(これは場所限らずです)ので、自然炎上していく様子がよく分かるのですが、やはり固定観念と先入観+プライドにずっぽりなケースが多いようです。でね、そんな風にギャースと鬼のように例えばアホwwな意見を投下していた人が、過去呟きなどで、故郷の美しい海の写真などをアップして「我が故郷の素晴らしい景色です」と紹介していたりするのを見ると、「ああ、この人も普通の人間なんだなぁ~」とホッコリしてしまいますwwwそう、ギャース言うてる鬼みたいな連中も、実は自分と同じように感情を持ち、故郷を思い、家族や友人を愛し、花や景色や美しいものを愛でる普通の人間、だったりするのです(たまに精神的その他問題のある場合もありますが、そこは置いといて)。こういった『生』の人間による意見の闘わせ方や、それぞれのバックグラウンドなどを想像することがまた面白くて、同時に自分のスタンスがどこから来るのかを考える良い材料にもなっています。これらの題材を元にシャンバラで先生方や周りの人達と話してみたりするのも楽しくて、リアルと我々肉体界地球人が思っているものが、結構その周波数といった目など五感で確認できないようなところにかなり左右されている不安定&不確定なものであることが否応なしに分かってきます。あれだけ辟易wwしていたツ〇ッターに舞い戻ったのが、ホントのところ自分でもサッパリ分からなかったのですが、想像力を鍛えるということでは非常に有益なツールだと理解しました。プラス、周波数を知る、ことでもそうですね。これも、シャンバラとの二重生活を過ごしていることから出てきた(リアルだけでしたら、今もきっと呟きは封印していたと思いますww)事柄の一つで、不思議な心持ちがしています。『自分』がいつか望んでいた自分、に少しでも近づいているのだったら、嬉しいです

      7
      テーマ:
  • 09Jan
    • 仕事始めの日

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますこちら米国の職場も、現地月曜日から仕事始めとなりました。私は寝坊LOVEの件以外は職場好きなので、仕事に行くのは全然構わない~正直休暇がちょっと長過ぎかも?と思っていたくらいでした。そして仕事始めの日・・・朝からずーーっと雨、雨、雨これだけ雨が絶え間なく降るのも今年初めてというところですが、よりによって仕事始めの日に・・・いや!私はそんなことは~気にしない~結構強力なレインコート&厚手で防寒対策もバッチリ!というのがありますので、イソイソと着込んで余裕~~の出勤です・・・そのハズだったんですが・・・職場の無料バスが来ない・・・30分に一本やってくるハズのバスが来ないのです。私以外に数名バス停で待っていて、ずーーっと待っていて、待ち続け~~~なのです雨なので私はスマホもカバンから出さずに傘持って待っていたのですが、「どうもこれはおかしい」と面倒ながらもスマホで時間を見てみると(私は腕時計していませんww)、既にバスの予定到着時刻を15分ほど過ぎておりましたアメリカってこういうことが、田舎だろうが都会だろうが、結構しょっちゅう頻繁に起こる所ではあります・・・いえ、別に普段ならば構わないのですよ、晴れの日でしたらね・・・そのまま30分歩いて職場へ行ってもいいのですから。雨がザンザラ降ってる朝っぱらから徒歩通勤はない~~!!しかも仕事始めの日になんてこったい!!しかも、こういう事態を予測するようなシグナルとかサインとかまるっきりなかったですよ。仕事行きたくない気分とか、頭痛悪寒云々とか、忘れ物なども一切なし。守護霊・・・・寝坊か一瞬このまま更に15分待って次のバスに乗り大幅遅刻、でも無料、にすべしか、と思ったのですが、雨しとしとのバス停+荷物重め(しかも生理2日目とか)では、ちょっと出勤後がよろしくないわ、と渋々車出勤に切り替えました・・・あ、車のキーなんて持って出てないから、わざわざ自宅に戻ってキーを取って・・・ああもうオウチで猫とゴロゴロしていたい~出かけたくない~~←これは主護霊のサイン←そんなわけあるか、このアホ!!(BY 主護霊)・・・・結局車出勤しました、ちーん車だと、1日駐車パス(約500円)を使うので、勿体ない~~ってシャンバラの私&担当はクスクス笑いなんですが、リアルボンビー庶民の私には勿体ないんですっ!!ま、あれからずーーっと雨が降り続けて結構本気雨なので、車出勤で良かったのかもしれませんが、わざわざバスが来なかった理由が未だに分かりません。唯一?有益(かも??)な情報として、職場で遅刻(やっぱり多少は遅刻になりました)話を同僚&上司としていたら、「ああ~職場のバスリアルタイム・アプリを入れたらいいじゃん」・・・そんなもんがあるんですかということで、早速入れてみました。確かに現在、バスがどこを走っているかの表示がリアルタイムで地図上に出るのですが、これって「・・・・余計にイライラしそうなアプリかも」と思ったりしました。職場で既に半日過ごしていますが、未だに今朝のバス来なかった件、に対する主護霊サイドの理由が分かりません来ないバスを待たない方が良かったのならば、事前にそれ系のサイン(バスの時刻に間に合わない、など)が出るハズですが、まるっきり!なくて、雨でも元気モリモリな気分で自宅を出た私だったので、余計に謎です。・・・・・雨の月曜日の仕事始めという、誰が見ても「うへ~~~~」なコンディションの日に元気モリモリ(生理だけどw)仕事行くぞーイェーイ!!なノリが既に間違ってるサインだったとか?!・・・・・・・・・・・おーーーい

      7
      テーマ:
  • 05Jan
    • 2018年Amebaおみくじ、他ww

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますさて、2018年も恒例のおみくじをやってみましたあなたの運勢は・・・2018年Amebaおみくじをひくまぁボツボツというところでしょうか。ピグのワンコ神社の御神体?おみくじは、年始から「大吉」「大吉」「中吉」と続き、4日いきなり「凶」www結構気に入ってますつぶやきも、徐々にペースを変えて・・・というか、趣味に走るわ面白い記事を読み込んでしまうわで、中々先に進みませんあまり一度にフォロー人数を増やしたり、フォローして頂いたからといって直ぐにお返し〜(すべき、なマナーだと日本では言われていますが)するのではなく、その方のつぶやき内容を見てから、にしています。全く関連性のない(多分フォロワー集め?)方からフォローされて数日で消える、ということも英語圏では割と普通にありますので、あくまでも、ホームフィード(メインページ)は目を引くつぶやき&画像などで埋めていきたいと、ワガママ全開ですwあ、本家ブログ読者の方々は、ご連絡あらば直ぐにフォロー返しさせて頂きますので、よろしくお願いいたしますシャンバラでも、体調を見ながら魔法陣の練習をしたり、話し方やマナーのレッスン、興味ある分野の授業を不定期で受けています。レッスンの成果は、ときど〜きwwですが、リアルでふとした話の際に英語ネイティブの方達から指摘されて気づくことがあったりして、「おお〜反映されている」と驚きつつも、どれもこれも何らかの形で出て来るのね〜、と楽しみが増えています。現在授業を受けていらっしゃる方で「リアルではうんともすんとも」と思ってらっしゃる方(私が正にそれでしたww)も、ある時必ずリアルとシャンバラのリンクを発見しますので、ご安心下さい。気付きにくい(なんせ人間慣れたら以前出来ていない、知らなかった、ということを忘れますから)場合も多々ありますが、1度気付き出したら、芋づる式〜に出ますので、お楽しみにコツとしては、同じ内容の作業&学習、といったものを続ける、と見えやすい、分かりやすいかもです。例えば調べ物、私の英訳、のような作業、ですね。定期的に行うものは、自分の変化をキャッチし易いのでオススメです。おみくじから、ツラツラ書いてしまいましたが、今年もゆるゆる〜っとよろしくお願いいたします

      6
      テーマ:
  • 01Jan
    • 今月のお花(2018年1月)

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますA Happy New Year 2018皆様、本年もどうぞよろしくお願いいたします・・・と言いつつ、これを書いているリアル米国は、まだ大晦日〜のお昼ですw昨日(現地30日)音楽仲間のソロ・アルバム制作で、ドラム録音をプロ・スタジオにて行ってきたのですが、数日前からプチ風邪で掃除&買い物放置!!でして、ほんとはこんなこと(=ブログ書き)をしてる場合ではない、のですが、ま、いっかちなみに、録音は非常〜に楽しくスムーズに進みまして(横のツイッター投稿をスクロールしますと、ドラム画像がございますw)、途中で咳き込んだり体調が崩れるということもなく(これは多分、守護霊他wwのサポートあるある)予定時間を大幅短縮で終了し、更には予定も想像もしてなかったギャラ(かなり素敵金額)まで頂いてしまい(バンド仲間的な人のサポートだったので、完全ボランティアのつもりでした)、「ああ〜これで餅が買えるぅ〜〜」は、冗談ですが、2017年をこのように素晴らしい〜形で閉めることが出来て嬉しいです。では、本題2018年も、シャンバラスクールのロビー挿花を、引き続きお送りさせて頂きます。授業やイベントの際に、またお気軽にお立ち寄り頂き、その月のお花アレンジを見て頂き、雰囲気や香りを妄想で楽しみつつ、知覚向上にもお役立て頂けたら幸いですさて今年2018年は、それぞれの月のイメージカラーをベースに『誕生石』をイメージしたお花をメインとして紹介する、『コントラスト』をテーマにしたいと思います。2017年テーマの誕生月花も、さり気なく登場しますので、どうぞ併せてお楽しみ下さい。さて第一回目の1月は、テーマカラーを『白』に、誕生石の『ガーネット』をモチーフとした深紅のシンビジウムをセンター・フラワーとしてアレンジします。白では、冬咲きに設定されているカサブランカの白く美しいものを大小&蕾も取り混ぜてたっぷりといれ、その間には、やはり輝くように白いカーネーション(バラのように花弁の華やかで大ぶりの品種)を入れて白のコントラストと立体感を演出します。白では更に三又のドライフラワー、クリスマスや冬のアレンジによく使用される白い枝物ですね、これにお正月の花材としてお馴染みの青文字(アオモジ)という枝物を添えて、さり気なく新年を象徴するアレンジに仕立てています。[画像は全て私のPinterestボードに貼り付けたものを編集しています]【花材】カサブランカ(Casabranca Lily): オランダで改良された栽培品種の一つで、その華麗で大輪の花は「百合の女王」と言われます。日本では主に初夏〜夏場が開花時期ですが、球根の処理によって冬咲きになるものも出回っています。白い百合の花言葉は「Virginity(純潔)」「Majesty(威厳)」「Purity(純粋)」と、新年にもスクールの学生さんにも相応しい言葉ではないでしょうか今回はシャンバラのシーズンものwと冬咲きカサブランカを合わせて使用します。百合の女王と言うだけあって、中には花の直径が20cm以上になるものもありますが、今回は敢えてその多用は避けて(全部で4、5輪ほど)、大きめ〜少し小ぶりという大きさの異なるもの、蕾も多く使用しています。カーネーション(Carnation): もうすっかりお馴染みのお花ですが、今回は誕生花でもあり、また白のコントラスト選手としても登場して頂きます。カーネーション全体の花言葉は「無垢で深い愛」(英語ではLove、Facinationなど)、白いカーネーションの花言葉は「Sweet and Lovely(かわいくて愛らしい)」「Innocence(純潔)」「Pure Love(純粋な愛)」で、こちらも可愛らしい&清潔感溢れるwお花になります。今回は花弁の多い華やかで大き目のお花をふんだんに、カサブランカに負けじと主張しています。*カサブランカとカーネーションのディスプレイ参考画像*カサブランカとカーネーションの白は微妙に違うので、ここでも立体感とコントラストが表現できるかなと思います。実際は、カサブランカの大きさも様々+カーネーションも豪華ですので、更に奥行きと華やかさを醸し出しています。シンビジウム(Cymbidium):1月の誕生石『ガーネット』にちなんだ花を、と探していましたら、丁度この時期に咲く濃い〜赤のシンビジウムを見つけました。Dark Red Chinese Cymbidiumという品種です。蘭のお花は独特の雰囲気が強く、個人的にはあまり得意な方ではないのですが(とか言いつつ、私ってば以前シャンバラでカトレア貰ってましたっけwww)、今回のようにビビッドで強い自己主張をしながら、それでいて高貴な雰囲気をまとうお花、という形では、このシンビジウム品種はバッチリ!ではないかと思います。シンビジウムの花言葉は、「飾らない心」「素朴」「高貴な美人」「華やかな恋」、英語では「Magnificence(壮麗)」「Gorgeous Love(華やかな恋)」です。ウェディング・ブーケとしても丁度この時期に使われることが多く、ガーネットに相応しい色と佇まいです。蘭は通常房のように並んで咲きますので、数本〜5本程度の長い茎をセンターに入れて、白の中で真紅が映えるようにアレンジしています。枝物〜三又&青文字(Litsea cubeba)〜:今回は、お正月シーズンによく使われる枝物2点を使用しています。ミツマタはドライフラワーで白に加工(これは様々な色があります)されているもので、生け花でもフラワー・アレンジメントでもしばしば使用されています。今回もバックグラウンドのサポートという感じで長め&しっかり目の枝を使い、冬イメージを表現しています。そしてもう一つがアオモジ(Litsea cubeba)という枝物です。お正月の生け花などでよく見る植物ですが、白いお花は春先に咲きます。今回は、このツブツブの実が飾りのように沢山付いている枝をやはりバックグラウンドで使用しています。何気に、さり気なく日本のお正月もプラスしていたりします(松を使わないところがミソですねwww)。一応1月一杯の挿花ですので、あまり賀正モードにすると良くない、しかし年頭の雰囲気もちょーっとは意識しておきたい、ということもあり、一見日本風に見えないwこの可愛らしい枝物を採用することにしました。【花器】今回は、冬のイメージで以下のフロスティーな花器(高さ約50cm)を使用しています。上部に少し赤〜紫が入っていて、上品かつ今回のテーマにも合うかしら、と思いますがいかがでしょうか【ディスプレイ・イメージ】シンビジウムの実際のアレンジ参考画像は以下になります。お花の付き具合が分かるかな〜と思います。画像の花色はピンクですが、カサブランカ(最大級)との対比もこんな感じになりますので、実際ご覧頂くアレンジでは、この最大級のカサブランカは数点、に絞り、後は比較的中型〜小ぶり(と言っても大きいですが)サイズで悪目立ちwしないように、でもポイントは押さえる、という感じにしています(つも〜り〜ww)。そして素人『ド』ヘタ絵です・・・・汗。今回は、思ったように描けなかった、くくっ!!あまり載せたくなかったのですが、「今年は下手絵も載せる!」とか決めていたので載せちゃった花器の縁からカーネーション&カサブランカが盛り溢れるくらいに入っているのは、上の参考画像(カサブランカ&カーネーションの参考画像ですね)と同じです。絵よりも更に白のコントラスト部分は大きくなり、シンビジウムエリアにも進出する花もあります(カサブランカの蕾などは、もっと目立ちます)。アオモジの枝はもっと広がって、ミツマタとのコントラストをバックで描いています。ざっくり絵のような形ですが、白い部分(画像では黄色〜黄緑ですが)がもう少し上部にも来ている、裾部分の広がりが更に奥行きを感じさせるようになります。とにかくお花の量+広がりが、絵よりも大きく広いこれは上記画像を多少参考にして、想像をフル回転させて下さい。以上、2018年1月のシャンバラスクール・ロビー挿花をご紹介しました

      4
      テーマ:
  • 29Dec
    • 今年もありがとうございました♪

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますつぶやきと掃除wと英訳(そしてシャンバラwikiもちょっと)にかまけているリアル私ですが、今年もブログに何度もお越し頂きましてありがとうございました自分の周波数というものに意識を向けるようになると、実際に会う人たちはもちろんのこと、ツイッターのような不特定多数にアクセスできる&されるSNSにおいても自然とフィルターがかかってくるのだなぁ、という事を、しみじみと実感しています。きっとこのブログでもそうなのだろう、と思っています。最初は、自分のシャンバラ生活を通して色々考えた事、妄想を語るwwブログとしてスタートしたつもりが、直ぐにシャンバラ・スクールの固定化ツアー案内ブログと化し、自分も楽しみつつ一緒に楽しんで下さる方達と知覚を上げていきたい〜と思って続けて来ました。シャンバラでは、今年途中から療養&静養とリアル英訳作業のことも考えて、中央を離れ郊外で過ごしています中央での学生生活とはちょーっと趣が違うので、ブログに書いても自分の妄想寝言食っちゃ寝炸裂ストーリーwwになってしまい、共感も得られない上に参考にもならないなぁ〜と思っていましたですので、つぶやきで本家ブログやELB、カムカム講座などを少しずつ紹介していけるのはいい機会だわと思っています。もっぱら自分が気に入った画像ばかりチェックしている有様ですがwwwwイベントなど学生主体の行事は、どんどん学生チームにお任せしていますし、新しい方達も参加されて、益々盛り上がっていけばいいな〜と楽しみにしています来年も、「こんな事をやりたい!」企画があれば、どんどん本家ブログの方にご連絡お願いいたします私も知覚などに関しては、相変わらず〜〜のトホホな上に、ダウジングでも「まー死ぬまで無理っぽい」みたいな結果が出たので、ズモーーンと凹みましたが、考えてみると、肉体の生活でさえ!!知覚も記憶も怪しいことに気付き+指摘され、もうズモモモーーーーーーンと地下数十メートルめり込み状態です。いやほんと、今生の記憶もかなり!!ヤバイのです。ですので、何というかもう全部丸っとあっちもこっちも『妄想生活』でいいかな、ってwwww死んだら目が醒めるのだろうか・・・と、いうことで、ブログは更新頻度は落ちますが、リアルとシャンバラのダブル妄想生活wをこれからもノンビリ書いていくつもりですもちろん、毎月のスクール挿花は今後も続けさせて頂くつもりです。ちなみに2018年は、各月のテーマカラー+誕生石をイメージするお花とのコントラスト、をテーマとしてアレンジしていきますので、ロビーにお立ち寄りの際にはぜひ〜お花をご覧になってみて下さいね年の瀬も押し迫り、心落ち着かない毎日だと思いますが、体調には気をつけて、素敵な新年をお迎え下さい来年もリアルで、シャンバラで皆様とお会いするのを楽しみにしております

      8
      2
      テーマ:
  • 23Dec
    • つぶやいています〜

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますツイッターを再開(新規アカウント)してわずか数日ですが、非常〜に楽しんでおります正直「あれ?こんなに面白かったっけ」ってビックリしているところです。前回の記事を書いた時点では、まだつぶやきトピックス&方針を決めておらず、開始してしばらくは迷走していたのですが、何気にシャンバラwikiのフレーズを呟いてみたらしっくりきまして、その後自分の英語ブログの引用なども含め、基本は本家ブログからのフレーズを呟いています。そして、世界の素敵な画像を紹介するアカウントや、ピンときたアカウントをフォローしています。以前のように「何が何でもフォロワーを増やさねば!」が目的ではないので、一旦フォローしてみて記事(つぶやき)の内容がイマイチ私に合わないものであった場合はフォローを解除、ということも行っています。初日〜2日目までは、なぜか不思議に日本の現政権関係(問題点など)と、原発&放射能問題のオンパレードで、実際の放射能問題は巷で聞かれるよりも遥かに深刻だという認識を新たにすることになりました。自分で意図した訳でもないのに、こういった話題ばかりが(偶然フォローした方達それぞれが呟いています)出てくる、というのも、きっと今それを見ておけ、ということなんだろうな〜と思った次第です。3日目?の今日は、いきなり何人もの方達(海外の方達がメインです)からフォローされて、気がついたら既に20名を突破していました中には、私も探していたのだけれど自分では見つけられなかった英語での素敵フレーズを呟く方達がフォローして下さったりして、「おおお〜」と感激。一見混沌としたつぶやきの世界も、周波数が存在していることを実感しつつあります。実際、3日目にして「つぶやき楽しいな」などと思えるとは、我ながらすごく不思議ですから。そのように思ったことが以前はまるでなかったのですね〜(あまりにもワヤでしたので)。今はメインページを見て、新しいつぶやき投稿をざっとチェックするのが楽しいです。自分のつぶやきへのリアクションはまだまだ少ないですが、そこはあまり気にしていませんwww自分の知らなかった様々な世界を垣間見ることが出来るのが楽しい〜と感じています。ワクワクへの扉がまた一つ開いたようで、楽しいです

      9
      テーマ:
  • 20Dec
    • つぶやき再開ww

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます歌のプロジェクト拡散ではありませんが、ちょっぴり考えて、私のツイッターを再開、というか新規にアカウントを作成してみました(リアルでは、バンド関係しかアカウントを持っていませんでした)。ユーザーネームは『@ShireMGC』です良かったら、アクセスして下さいね。フォロー頂きましたら、(出来るだけww)忘れないようにフォローお返しさせて頂きたいと思いますブログも時々ww書きますが、多分ツイッターでぶつぶつやる方が、シャンバラの私には向いているのかもしれません英語も入るし変なつぶやきも絶賛入ると思いますなぜインスタをやらないか・・・写真撮るのが面倒だからですwwwwwwということで、ツイッターもどうぞよろしくお願いいたします

      6
      テーマ:
  • 19Dec
    • トラウマ~

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます先週の本家ブログの課題『戦争回避について』の回答(とある大物wwがゲスト回答者でした)を読んでいて、ふーーっと自分のトラウマが蘇ってきました歌プロでも2年前にありましたが、SNSなどで有名人や海外の著名人にちょっと声掛けしてみよう!で勇者達が次々とFBやTwitterなどで書き込みを行いました。実際に反応して下さった著名人もいたりして、大いに盛り上がったことを覚えています。ちなみに、今年は21日に恒例歌プロ、23日に定例歌プロと2回の歌イベントがございますどちらも同じ曲、同じ時間になりますので、お気軽に~口ずさんでみて下さいちょっと響いてくるものを感じるのではないかな(繋がりやすくなっていますので)、と思います。で、本題に戻りますが、声掛けですね、楽しいイベントのお誘いも戦争の回避も、まずは周りに声を掛けるところから始まるようです。伝えたいことがある、伝えたい人に伝え、断られても繰り返す、そのうちに振り返る人、聞いてくれる人が少しずつ、少しずつ集まり、やがてそれが大きな流れとなる・・・歴史上多くのムーヴメントと呼ばれるものは、このように少しずつ、がやがて火が付いて一気に広がるという感じになります。私もかつてはその事を一心に想い、頑張っていました・・・音楽活動のプロモーションですね。何度か書いていますが、それこそ1mmの後悔もしたくなかったため、ありとあらゆる事をやってやってやり尽くしました。貯金をはたいて宣伝のためのプロにお願いしたし、友人&知り合い達は勿論のこと、音楽繋がり、いや、繋がりの全くない人たちにもSNSを通して声を掛け、曲を聴いてもらい、コミュニケーションを取り、少しでも自分たちの音楽を広めようと考えられることは全て!!やりました。全国ネットのラジオやインターネットテレビへの出演、有名どころのマガジンやレビュー・サイトへの掲載、メディア・アワードなどの受賞、インタビューも数多く経験しましたし、かなり規模の大きなイベントに出演する機会もありました。個人でも、もうこれ以上時間取れません!というくらい練習し尽しましたし、出したCDでの評価は全てかなり良いものばかりでした。それでも・・・・人が集まらなかったライブの観客が3人以下、ということも何度もありました元々人見知りな方で、パーティや大勢の集いは非常に苦手としていたのですが、海外に出てからは無理矢理にでも克服すべく様々なイベントにも参加しましたし、内容がないよ~なパーティへも顔見せ+知り合い作りのネットワーク構築のために出かけたりもしていました。そこまで頑張って、胃が痛くなったり帯状疱疹になったり不整脈を起こしてもやり切って・・・まぁ~燃え尽きた+心が折れちゃったところで「音楽は天命ではありません」←ちょっとホッとしたかもしれませんww「ああもう~無理して集まり、とか行かなくてもいいや~、胃が痛くなるような社交しなくてもいいや~」心からそう思って安堵したのでした。好きなことだから、意地でもなんとかしてみせる!と4半世紀以上頑張りましたが、いや~~私向けではなかったかも、と思います。やりたい事があるなら、人を説得出来る!いや、すべし!!←とは思いますが、何というか、「出来ない時もあるんだよね~」って四半世紀分のトラウマがまだ全然癒えてないなぁと、こういう時に感じます。やりたい事を必死でやって、苦手を克服しようと頑張りに頑張って、その上で観客3人のステージに立った時のあの焦燥感・・・あれを覚えている限り、私は人に自分の考えを無理にでも聞いてもらおう!とプロモーションすることがもう、出来ないのです。まだしばらくは心の引きこもり状態が続きそうです(そうは見えないですがww)

      6
      テーマ:
  • 18Dec
    • 思いのままに

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます「12月という月を『駆け抜ける』のではなく、『ゆっくりノンビリ』したい!!」などという、無謀な願いが長い間自分の内にありました。時間に急かされ、追われて追い立てられ、気づいたらあっという間に1年が終わり、また次の1年が来て、アレヨアレヨという間に10年、20年と過ぎ、ハッとした時にはもう棺桶に片足突っ込んでました・・・な人生はちょっとトホホだなぁと思ったのですね。多分、前世も割と↑↑↑↑こんな感じで駆け抜けた件が多かったような気がします。それで毎回毎回、おなーじパターンで爆走しては懲りずに舞い戻ってくる、と・・・アホですがな「今生は『自分のために』ゆったり過ごしてみたい」と、いつの頃からか思うようになりました。ただそう思っていても、目の前の音楽活動に必死で、何年もやっぱり目の前しか!!見ていない時期が続きました。そして・・・いま、気づいたら12月師走の世間の中、私はノーーーーンビリソファで昼寝三昧からの、おやつタイムからの、時々英訳(これも楽しみの一つ、ということでww)、からの・・・正に至福のお一人様休暇モードなのでした(驚)。しがらみからはいつの間にか解放され、予定は全て自分の裁量で決めることが出来、カツカツ〜と言いながらも物欲があまりないので困ることもなく、変な人や物に煩わされる、といったことも皆無で、12月特有のご挨拶系もほぼ済ませ、実にノンビリと過ごしている次第です。2年ほど前、まだリアルでしっちゃかめっちゃかしていた頃、シャンバラで担当君だったか担任だったか、次元操作の話をしていたついでに言われたのが「リアルの人たちはあまり気づかないけれど、本当にその人が思う意向が現実化として顕れるんだ。本人たちは、一旦それが『現実』になってしまうと、その事を願っていた、意図していた事をすっかり忘れてしまう。人間の多くは『先』『持たないもの』しか見ないからね」でした。本当に、ホントでしたよ・・・私の12月がよもやこれほどノンビリになるとは、2年前までの私にはアンビリーバボーですもの未だその感覚に慣れなくて、ちょっとかなり心落ち着かない、「何かしないといけないのではっ(←それなりにやってるんですが)」という気持ちになったりするのですが、いやいや、いいのいいの〜と言い聞かせていますwwwミュージシャン友達でサイコセラピスト(心理療法士)の人がいまして、この人はスピ系でもあるので、スピリチュアルな観点を持ちながら心理療法を行うという、私としては理想的なセラピストだと常々思っているのですが(私はセラピーを受けたことはありませんww)、彼曰く、クライアント(患者)さんの大半が、自覚の有無はともかく『自身がその状況・状態を引き起こしている』、そしてそれはクライアントだけでなく、世の大半の人間がそうであって、本来は全員がその事を自覚するためのサイコセラピーをどこかの時点で受けるような機会があったほうがいいのではないか・・・というものでした。確かに、親、他者、環境、状況という『外的要因』は有れども、選択権は常に『自分』にある、という事で、自分こそが現状、現次元を選択しているのですね。「だから、自分がその事に気づくと大半のクライアントは自ら改善方向に進む事が出来るんだよ」その気づきをサポートするセラピストの仕事が非常に興味深い、と既に10年以上のキャリアを持つベテランの彼は言っています。確かに「思いのまま」にやって来ているなぁ、と思いました。キツイと思ったこともありましたが、そんな状況すら自分がそれを選択していたのだ、と(他人に言われた時はカチーーンときたこともありましたがw)心底納得しています。この上は、自分の範囲内からまずは争いごとやいがみ合いは無くしたいですね・・・って今考えたら、リアル私の周囲でそういうゴッタゴタはここしばらく聞きません・・・ヨォォォォォォォォシ!この調子で思うまま、生きていきますww

      6
      テーマ:
  • 16Dec
    • 奇跡のような3時間早退

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございますリアル私の職場は、来週一杯で今年の業務は終了~なので、現在年末進行真っ最中ですが、例によって私には今年中に消化しなければならない有休が数日分(も)ありました。既にそれらの日を休暇時期に繋げました(ですので、私の冬期休暇は来週半ばから)が、「・・・ありゃ、まだ3時間余っている」微妙な余り時間が出来てしまいました職場のカスタマーサービス係の同僚が来週から休暇を取っているので、バックアップを担当する私は早退できません。だからと言って重役出勤wwは、今の私(昔は大好きでした、苦笑)には向いていませんそしたら先輩の一人が「もう今日帰ったらいいよ!」とプッシュして頂きまして、昨日急遽お昼過ぎに早退しました。早退・・・こんな時間(午後2時過ぎ)に早退するというのは、今まで殆ど!!ありませんでした。用事やライブで早退する時は、大抵終業の1時間くらい前というのが多く、午後2時や3時台というのは私にとっては仕事真っ最中(と言いつつ、今日はブログ書いていますがww)なのです。それで昨日、午後2時過ぎに職場の建物を出た途端、ぽっかぽかのぬくぬくの太陽と、まるで春爛漫のような気持ちの良い陽気に直面し、ドビックリ!!したのです。「えええっ何このポカポカは」いえね、私は通常朝は(朝活もありますが)まーっくらでツンドラ(3~6℃)モードな時に起きて、出勤時も日本と同じくらい着込んでいたりします。帰りはもうとっぷり暮れてやっぱりさむ~くなってくる時間帯に外へ出ます。日中の職場は、寒いのに「クーラーモドキ」エアコンのおかげで、外気が吹き込んでくる通風孔の直ぐ近くに座っているので、作業中手袋をしていたりして、「寒い~~」って毎日思っていたのです・・・世間はそうではなかった・・・どうりで学生の中に半袖な人たちも結構いるわけだ(いやまぁアメリカンには変な体温調整の人も結構いますが)。あまりにポッカポカで気持ち良くて、んも~~涙チョチョギレそうになりつつスキップらんらんらんで帰宅したのです。その自宅周りの世界も、お昼過ぎのぽかぽか太陽に照らされて、それはそれはゴージャスで気持ち良い、美しい空間になっていました。そうそう、最近はプラーナも見えるようになったので、そのキラキラぶりも凄まじく、前々からプラーナの噴出口疑惑(シャンバラに問い合わせしてそのような回答を頂いています)のある場所をふと見ると、太陽の光に照らされて、羽虫?のような光の少し大き目な粒がキラキラ、キラキラと噴出口の真上辺りでしょうか、虫が集まるように循環しながら集まっているのが見えたのですあまりにもキラキラと美しく、最初は虫かな~?と思いましたが、距離があるところから見ているので、羽虫だったら見えないだろう(縮尺がおかしいことになりますw)、とアレはやはり光の粒々かなぁと思います。午後2時過ぎ(プラーナの濃度が一番高まる時間帯ですね)の奇跡、とも言える光景でした。たまたま、普段はあり得ない時間帯にあり得ない場所に居たので見ることの出来た光景・・・不思議で感動的でしたそのまま日が落ちるまで、んも~~幻想的に美しく、気持ちの良い時間が続き、「これはもう、この時間を宝石箱に入れておきたい」と思うくらいに何もかもがピタッ!と合ったようなひととき・・・一日明けた今日はもう、空も曇って外も寒々としており、「やはりアレはあの時だけの特別時空間だったのかも」と思っています。[自宅エリアの通勤路。アパートの敷地内はプチ公園のようになっています]

      6
      テーマ:
  • 12Dec
    • 違和感を大切に

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます自分の中の『違和感』というのは、私はあんまり・・・分からない方です(出たっ!丼)。むしろ『絶好調』の方が気づきやすかったりしますww例えば、魔法陣講座で半分寝落ちしながらやってみた魔法陣がメッチャ効いたらしく、その翌週はもう快調~!を超えて激・快調となり、「こんなのも、却って怖い」なんて思っていたくらい、違和感炸裂でしたwwwwちなみに、魔法陣は効きます。本人のコンディションに比例しますが、そこそこ平常心(=安定した周波数)で行い、きっちり固定化しておくと、私の場合1週間は実感出来る効果が継続することが分かってきています(まだ実験途中ですので、これからもうちょっと検証していきます)。さて違和感。偶然にも、本家ブログの過去記事編集を行っていた正にその時のテーマが『違和感』でした(2015年2月で検索して下さい)。単純に言えることのひとつは、こういう事って意識し出すと何でもかんでも『違和感』になります。特に敏感な方たちなどは、風が吹いても違和感、箸が転がっても違和感、と何でもかんでも結び付けやすいです。普段から不調をしばしば、いやもうこれがデフォですから、というくらいに感じる方は、違和感よりもまず先に「何が『普通』あるいは『ピッタリ合った感』なのか」を自分が知っておかないと、正直、違和感しか感じない毎日になってしまうのでは、と思います。私は自分の『普通』あるいは『スカッと』感覚、というのは、寝覚めのスッキリ感覚、そして課題や予定を全てこなした時の達成感をスカッと100%という基準にしています。そこを基準にして、予定や課題の事、相談事や懸案、などの内容でもやんwwが加算されていきます。体調がイマイチ~の時は、大抵「寝て治す」ので、そこからくる気持ち悪さは大体数日以内に消えます。英訳だ~、仕事の課題だ~、音楽活動の業務系だ~、というタスクについては、既に分かっているもやん、なので、あっても気にしませんwそれがある程度あるのが普通、だと思っているので、リアル私は通常スカッと80%程度が通常モードかしら、と思います。さて、それら以外に何かもやーん、を感じる時、が曲者ですね私の場合は、大抵ニュースがどこからか入ってきて「ああ~コレな」と分かることが多くなりましたが、それも肉体意識の私に合わせてかなりトーンダウンwwしてくれている場合が多いような気がします。いわゆる、「えげつないニュースやグロい画像映像」などは私まで直接届きません。そういうニュースがある、ということは直ぐに、簡単に分かりますが、間違ってドバーン!と見てしまったということは、(以前はたまにありましたが)自分が選択して見ない限り、いきなり見せられる、ことはなくなりました。過去、このようなことはなく、変な映像にもぶち当たるし、知らぬが仏、も沢山ありました。そしてそれが『普通』だと思っていました。人間はそれほどおバカでもないようですwww違和感、や自分にとって大切と思えるシグナル、知っとくべしなニュースをキャッチしたいと思ったら、とりあえず自分を裏切らない、偽らない、言い訳しない、ことから始めてみると良いと思います。別に品行方正にならなくてもいいし、ド真面目な生き方をしなくてもいいと思いますが、ただ一つ、自分を誤魔化さない、ここだけ守ればとりあえず、風通しは良くなります。自分に言い訳ばかりしている人が、外の世界の違和感なんぞをキャッチできるわけがない。自分自身にウソついている人が見る世界・・・歪んでいて当たり前、と思いませんか違和感、はまず、自分の内から見ていくこと、が良いかもしれません

      14
      テーマ:
  • 08Dec
    • Immortal

      こんにちは!シャイアです。ブログをご覧頂きましてありがとうございます英語ブログShire's Roomにもお越し頂きまして、感謝でございます今年の夏にボーカルコーチの友人から「次の課題曲はコレ、どう?」と提案されていたのが、今回のお題『Immortal』(by Marina and the Diamonds)です・・・ほぼ半年経った今頃ようやく取り組み始めるという、トッホッホな私ですが、これが何というか(やっぱりというか)、色々とタイミングピッタリ過ぎてコハイです。大体ボーカルコーチの友人自体がバリッバリのスピ系(視えたりする人)でもあるので、「さもありなん」と言ってしまえばそれまでですが、それにしても私が彼女に伝えていない情報(勿論、どこにも公表していない)は沢山ありますので、そういうものがさりげなーくカバーされていたりすると「ギョギョギョッ!!伝導したかな」って思うこと多々ありです。彼女自身も素晴らしいボーカリスト(しかも美女で背も180cm以上あってカッコいい〜)で、彼女が好きな女性ボーカリスト、シンガーソングライターの傾向が私も結構好きなので、課題曲は彼女にお任せしています。なんせ私は普段音楽を開拓する、という興味がまるでなし(その辺音霊系じゃないのが丸わかりww)なので、彼女から新しい楽曲を提案されるのが楽しみですし、英語で歌う女性ボーカルの技術もつけたい+英語発音の矯正、も狙っていますので、そういった意味でも彼女のセンスが不思議に私の状況とマッチするところがドヒャ〜〜なワケです。そう、彼女が今回提案してきたシンガー・ソングランターは英国ウェールズ出身、つまり英国英語の発音です。明らかに米語とは違います。そしてそれは私がシャンバラで話す(レッスンを受けている)英語の発音にも近いのです。私は一曲を歌詞ごと丸っと覚えるまで何十回、何百回と歌い込みますので、自然発音もソコに近づきます。リアルとシャンバラのリンク、あるある〜ですねそして今回の歌詞も何というか、世界の現状を示唆しているところもあり、歴史の流れを感じることもあり、歌っていると自分の過去生の記憶が刺激されるような不思議なドキドキ(←あまり良い意味のドキドキではなさそう)を感じたりするのです。それはまるで封印していたフタをちょーっとこじ開けようとするような感覚だったり・・・。まぁタイトルの『Immortal』からして、私には何というか「・・・・」に近いびみょ〜〜(というかズバリというかww)な既視感、がありますからね。この単語、Weblioではレベル6(英検準一級以上、このレベルくらいの単語は海外で頻繁に使われています)らしいので、まぁ、色んな意味を見て「これかな〜」とフィットするもので覚えて下さい。歌詞も、興味のある方は調べてみて下さい。和訳されたものよりも、自分で英語を訳してみた方が、多分自分の気持ちにフィットする表現を得られると思います。この曲、ボーカルとしても難易度結構高くて(抑揚のつけ方や、音程がビシバシ変わるところなどですね〜)楽しいです〜〜(でた、ドM発言)。

      7
      テーマ:

プロフィール

Shire

性別:
女性
自己紹介:
Shire(シャイア)です♪ ブログは現在『Shire's Room』にて英日放送中w Twitte...

続きを見る >

フォロー

最近のコメント

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス