https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170925-00010002-newsweek-int


Newsweek  9/25(月) 19:24配信    


黒人差別に抗議して国歌斉唱で起立しないスター選手たちにトランプの怒りが爆発、「クビだ!」と言ったら大変なことに

NFL(全米プロフットボールリーグ)の9月24日の試合前、選手ばかりかコーチやオーナー、歌手までが国歌斉唱時に起立せず、ドナルド・トランプ米大統領に反旗を翻した。人種差別に抗議して国歌斉唱時に片膝をつく選手がいることに対し、トランプがクビにすべきだ、とツイートしたからだ。

全米各地で試合が行われた24日の日曜に、NFLのほぼ全チームの約200人の選手が互いに腕を組んだり、拳を突き上げたり、片膝をついたりして連帯を示し、抗議した。オーナーがトランプの友人であるニューイングランド・ペイトリオッツでさえ、国歌斉唱時に多数の選手が膝をつき、クオーターバックのスター選手、トム・ブレイディも立ってはいたが腕を組んでいた。

シアトル・シーホークスとテネシー・タイタンズの両チームは、国家斉唱の間ロッカールームに残った。グリーンベイ・パッカーズの選手の多くは座り込み、シンシナティ・ベンガルズの選手は腕を組んだ。

シーホークスの声明は大胆で断固としたものだった。「チームとして、国歌斉唱に参加しないと決定した」「有色人種に対して蔓延する不当行為を、我々は決して支持しない。アメリカへの愛と、アメリカのために犠牲になってきた人々に敬意を表すためにも、自由を否定する者には団結して反対する。あらゆる人々が平等と正義を得られるよう、今後も活動を続ける」

チーム関係者だけではない。デトロイトで国歌斉唱をした歌手リコ・ラベルは、歌い終えると片膝をつき拳を突き上げた。

■怒りがエスカレート

発端は9月22日、トランプがアラバマ州の演説で、国歌斉唱時に起立しない選手は国家に対する敬意がないとしてやり玉にあげたことだ。トランプはこうツイートした。「NFLの選手が星条旗やアメリカに対する無礼な態度を改めるまで、NFLのファンが試合をボイコットしたらどうか。クビか、出場停止だ!」「NFLの観客動員数や視聴率は下り坂だ。試合が退屈なのは事実だが、そもそもの理由は、多くのファンがアメリカを愛しているからだ。NFLはアメリカの味方であるべきだ」

さらにNFL選手の抗議を見ると、「腕を組むのはいいが、膝をつくのは容認できない。視聴率が悪いわけだ!」と反発した。

NBA(米プロバスケットボール)の昨季王者ゴールデン・ステート・ウォリアーズについては、スター選手のステファン・カリーがトランプに抗議して表敬訪問に参加したくないと言ったので「招待を取り消す」とツイートした。カリーを支持したクリーブランド・キャバリアーズのレブロン・ジェームズも批判した(ウォリアーズはその後、全員一致でホワイトハウス訪問を取りやめた)。

NFLの抗議は、昨年8月に当時サンフランシスコ・フォーティーナイナーズに所属していたコリン・キャパニック(今はフリーエージェント)が黒人に対して相次ぐ警察の暴力に抗議して国歌斉唱時の起立を拒否したことがきっかけで始まった。トランプは先週初め、アラバマ州の集会で、キャパニックや彼に同調して抗議行動に参加した選手らを批判した。「どこかの選手が星条旗に敬意を表さない時、NFLのオーナーが『そのくそ野郎を今すぐフィールドからつまみ出せ、あいつはクビだ』と言う場面を見たくないか?」

トランプの連日の攻撃は火に油を注いだだけだった。英ロンドンのウェンブリー競技場で24日に開催されたボルチモア・レイブンズ対ジャクソンビル・ジャガーズの試合では、国歌斉唱時に両チームのほとんどの選手が横一列で腕を組んだり、片膝をついたりした。レイブンズのコーチ、ジョン・ハーバウも選手とともに腕を組んだ。引退後にレイブンズの殿堂入りを果たし、過去にキャパニックの抗議行動を批判したことがあるレイ・ルイスですら、古巣のチームメートとともに片膝をついた。トランプの大統領就任時に100万ドルを献金したジャガーズのオーナーでパキスタン系移民のシャヒド・カーンも、選手らと腕を組んだ。

■抗議選手にブーイングも

「ジャガーズとNFLはアメリカの姿を反映している。人種、信仰、物事の視点、目標など、多くの面で多様性を呼び込んでいる」と、カーンは米スポーツ専門局ESPNを通じて声明を発表した。「我々には解決すべきことがたくさんあり、やり遂げる力もある。だが大統領の発言がそれを困難にしている。だからこそ、チームとしても個人としても、世界に意思表示したかった。時に意見の相違はあったとしても、より良い人間や国になるためなら我々は団結できる」

皆が同意見だったわけではない。試合を観戦した一部のファンが、片膝をついた選手にヤジを飛ばしたという報道もある。米ネットメディア「インターセプト」の記者、ショーン・キングによれば、ニューヨーク・ジェッツのオーナーであるウッディ・ジョンソンがトランプから駐英大使に任命された手前、ジェッツの選手は膝をつくのを止めるようチームが命令したという。

過去にも抗議を試みたNFL選手はいる。グリーンベイ・パッカーズのマーテラス・ベネットや、フィラデルフィア・イーグルスのマルコム・ジェンキンス、オークランド・レイダーズのマーショーン・リンチなどだ。だがこれほど大規模な抗議行動は今回が初めてだ。

米スポーツサイト「ブリーチャー・リポート」によれば、NBAのスーパースターで、全米で最も有名なスポーツ選手の1人であるレブロン・ジェームズは、トランプに対する抗議の姿勢を見せたNFLの選手らを支持すると、自身のスナップチャットで表明した。

バッファロー・ビルズの元コーチで、現在はESPNの解説者を務めるレックス・ライアンも、トランプの発言に反発した。ライアンは長年にわたる熱烈な共和党の支持者であり、昨年4月に地元バッファローで開催された大統領選の選挙集会では、トランプの紹介役を務めた。

「言わせてもらおう、私は頭にきている」と、彼は試合前の式で言った。「正直言って、私はドナルド・トランプを支持していた。だがこれらの発言はひど過ぎる。NFLの選手をろくでなし呼ばわりするなんて。私の知る選手たちはろくでなしではない、私が知っているのはロッカールームに留まった選手たちだ。誇りに思う」

(翻訳:河原里香)

ティム・マーチン」


素晴らしいね、NFL。アメリカの理念、アメリカという国家を一番侮辱しているのはトランプ自身なんだけど、死ぬまでわかりそうにないね。

馬鹿につける薬はない、とはよく言ったものだね。

AD